ライフスタイル

マイナス思考の人の性格や言動の特徴。マイナス思考を克服する改善方法とは!

皆さんは、マイナス思考ですか?自分がマイナス思考だと感じる時も少なからずあるのてはないでしょうか。

物事をついつい悪い方向に考えてしまう人も珍しくないです。マイナス思考な人がすぐにプラス思考に変わるのは難しいですよね。

些細な事を深く悩んでしまったり、考えれば考えるほどマイナス思考になってしまう人もいますよね。

マイナス思考を治したい、変えたいと悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

また、自分自身が気づかないだけでマイナス思考な気質がある人もいます。そこで今回はマイナス思考の人の特徴やマイナス思考を変える方法を紹介していきます。

もし、マイナス思考で悩んでいる人はこの記事を参考にしてマイナス思考を改善してください。

マイナス思考な人の特徴

マイナス思考の人にはどういった特徴があるのか。自分自身がマイナス思考になりやすいのか見直す為にもマイナス思考な人の特徴を確認しましょう。

自分に自信がない

マイナス思考の人の多くが、自分に自信がないです。これは、マイナス思考の人が小さい頃から様々な事の成功体験が少ないからです。

成功体験が人よりも少ないので必然的に自分に自信がないのです。

自分に自信がないので、何かをやる前から消極的な姿勢になりやすく、できない事を克服したり改善したりする気もない人が多いです。

また、このような人の多くが、何かしらのコンプレックスを抱えているので恋愛や仕事でも積極的に行動できない傾向があります。

自分に自信がないと、自分から積極的に行動できなくなりやすいですよね。この為にマイナス思考な人は何事にも消極的になりやすいです。

自信がない参考記事▽▽▽

自分に自信がない人の特徴|自信のない人が自信をつける方法は自信がない人にはどんな習慣や性格、行動の特徴があるのか。自信がない人が自信をつけるにはどうしたらいいのか。自信がない人の特徴と自信のない人の対処法を紹介していきます。...

すぐに落ち込む

マイナス思考な人の特徴は些細な事でもすぐに落ち込む事です。誰しも、人と意見がぶつかったり、失敗したり、本気で言い合ったりするものです。

このような経験は少なからず人を成長させるものです。しかし、マイナス思考の人の多くがこういった経験を避けて今まで生きています。

マイナス思考な人は人との関わりを避けたり、失敗を経験したりする事が少ないために些細な事で落ち込みやすいです。

他人から否定されたり、嫌な事を言われただけでもすぐに落ち込んだり悩んでしまったりします。

周りに気を遣いすぎる

いつも周囲の目を気にしたり、周りの気遣いばかりするような人もマイナス思考な人に多いです。

人の気遣いができるのは素晴らしい事です。こういった事が原因で自分の意見を言えなかったりする人も少なからずいますよね。

マイナス思考な人は、内心では自分の意見を認めてもらえないと思っています。なので、自分の意見を発言したり自分を主張できないのです。

このような人は周囲からは消極的な人だと思われやすいです。

人に頼る事ができない

上にも書いたように、マイナス思考な人は周囲に気遣いばかりしています。周囲の人を気にしてばかりいるので人に頼る事ができません。

マイナス思考な人は他人に頼ったり、人に頼る事ができないのです。

頼み事を断れたらどうしたら…や頼み悪いをした結果周りからどう思われるかなど余計なことばかり考えてしまうのです。

マイナス思考な人は無駄にいろいろ悩むのが災いして人に頼る事ができません。

理想が高い

人は誰しも理想や目標があるはずです。理想や目標のほとんどは達成できないよう非現実的ではなく今の自分の延長線で理想や目標を定めるはずです。

しかし、マイナス思考な人ほど自分自身を客観的に見る事ができません。その為に目標や理想はかなり高い設定に定めてしまいます。

目標や理想が高すぎるので常に達成できないのです。その結果、自分自身をダメな人間だと思ってしまい自己険悪になりやすいです。

マイナス思考な人は達成できないような理想や目標を定めている事に気づかないので達成感や成功体験を得られません。

なので、いつまでも自分に自信がつかず、マイナス思考から抜け出せません。

柔軟に物事を捉える事が苦手

マイナス思考な人は価値観や思考がこだわりが強い傾向があります。その結果、物事を柔軟に捉える事ができず、偏った見方をしてしまうのです。

柔軟な考えができる人ほど失敗やミスをしても次からどうするかという考えに切り替えるのが早いです。

こだわりが強い人ほど立ち直るまで時間が掛かります。こだわりが強いと気持ちの切り替えが下手なので、なかなか立ち直る事ができません。

その為、マイナス思考な人ほど負のループに陥りやすいのです。マイナス思考な人はミスや失敗をするといつまでもクヨクヨしたりしてしまうのです。

何事も悪い方に考える

マイナス思考な人って基本的に物事の悪い1面ばかりに目を向けてしまうんです。そのせいで何事も悪く考えてしまう癖ができてしまっています。

どんな物事でも良い1面があれば悪い1面もあるはず。何かに挑戦するときもマイナス思考な人はリスクや失敗した時の事ばかり考えてしまいます。

普通の人なら失敗した時の事だけでなくうまくいった時の事も考えますよね。しかし、マイナス思考な人は基本的にうまくいった時の事は考えません。

何故ならマイナス思考な人はうまくいくわけない、失敗するに決まっていると考えてしまうからです。この思考のせいで物事の悪い1面にばかり目を向けてしまうわけです。

物事の悪い1面ばかり目を向けてしまうために必要以上に悪く受け止めてしまいます。物事を悪く考えている人って周りからアドバイスされても聞く耳を持ちません。自分の視野や価値観だけで全ての物事を悪く受け止めてしまうのです。

心配性

何かを始めたり行動に起こす前から必要以上にあれこれ悩み不安になり心配してしまうのもマイナス思考な人に多い特徴。

そもそもマイナス思考な人は最悪な事態や最悪な出来事を常に想像している人も多いんです。必要以上に心配してしまうので他の人よりも慎重になってしまいます。

それが影響して他の人よりも行動に起こす事も遅くなりチャンスを見逃してしまい人も多いでしょう。最悪な事態を想像してしまうので決断するまで非常に時間が掛かってしまいます。

心配性な人は楽しい出来事でも必要以上に悩むので心の底から楽しめない人も珍しくありません。例えば普通の人なら旅行に行く時は楽しみになりますよね。

しかし、マイナス思考で心配性な人はトラブルや様々な問題が起きるかも…なんて考えてしまうんです。これでは楽しい旅行も心の底から楽しめないですよね。

参考記事▽▽▽

自分が嫌いな人の特徴や原因。自己嫌悪の克服、改善方法とは自分が嫌いな人の共通点や特徴とは。自分嫌いを克服する為の改善方法とは。自分が嫌いな人の特徴や自己険悪を克服する改善方法を書いていきます。...

否定的な考え方をしている

マイナス思考になっている人の多くが何事に対しても否定的に捉えてしまっています。何に対しても否定的になっているのでマイナス思考な人は非常に消極的になっています。

その為に自分は何もできないといったイメージを抱きやすくマイナス思考な人が消極的になるのはこれが影響しています。

自分自身に対してもマイナス思考で否定的な考えをしているので自分に対しても自信が持てない人が非常に多いというわけです。

マイナス思考な人は否定的な考えに陥っているのでどんなにうまくいっても、たまたま…まぐれ…なんて考えをしてしまいます。

行動力がない

マイナス思考な人に多いのが行動力がないことです。マイナス思考なので常に失敗した時の事ばかり考えてしまいます。

失敗した時の事ばかり考えてしまうので行動になかなか移せないというわけです。その他にも自分に対しても自信がないので行動に移そうとできないわけなんです。

やる前から失敗する事ばかり考えていたら行動に移せないのは当然ですよね。その他にもマイナス思考な人は常に何かしら不安を抱いているので何事に対しても受け身な姿勢になってしまっています。

マイナス思考な人の多くが失敗する事ばかり考え失敗する事を避けようとする結果が行動をしないといった結果になっているのです。

他人と比較してばかりいる

他人と比較してばかりいるのもマイナス思考に多い特徴の1つ。他人と比較してしまうと劣等感を抱きやすいもの。何故なら人は自分に無いものに目を向けてしまうからです。

他人と比較してばかりいると劣等感を感じてしまいその結果自分はダメな人間なんだと思いこんでしまいます。マイナス思考な人ほど常に他人と比較するのが当たり前からになっています。

マイナス思考な人ほどコンプレックスを抱き自分に対して自虐的になってしまっているのも他人とばかり比較しているからでしょう。

優柔不断

周りに同調してばかりで自分では何かを判断したり決断できないような優柔不断な性格もマイナス思考な人に多いです。

優柔不断になるのも次に対して自信がなく周りに合わせて行動ばかりしているからです。周囲の決定に合わせた行動ばかりしているといつの間にか自分自身では決断できなくなりますよね。

その他にも失敗や間違いに対して非常に臆病になっているのでなかなか決断できないような人もマイナス思考に多いと言えます。マイナス思考な人は他の人よりも判断したり決断するまで非常に時間が掛かるんです。

後悔ばかりしている

マイナス思考な人に多いのが過去に対して後悔ばかりしている人が多いことです。マイナス思考の人はあの時こうしとけば…などのような過去に対して非常に後悔しているわけです。

他の人よりも後悔している気持ちが非常に強いのはマイナス思考な人ほど過去の失敗を引きずっているからでしょう。

過去の失敗に対して教訓や経験としてこれからに活かそうという気持ちよりもあの時に〇〇しとけば…という後悔の気持ちが強いのです。

その結果、失敗に対して臆病にナッたり新しい事に挑戦する気持ちがなくなったりするわけです。

マイナス思考になる原因

そもそもマイナス思考になってしまったのは何が原因なのでしょうか。マイナス思考になるのは何かしらの理由や原因があるのです。

産まれた時からマイナス思考な人はいないはず。何かしらのきっかけや経験があったからこそマイナス思考になったわけです。

ここからはマイナス思考になってしまった原因や理由を簡単に書いていきます。マイナス思考から抜け出すにはやはり原因を探る事が大切です。

過去にトラウマがあるから

マイナス思考になってしまうきっかけは過去の大きなトラウマになる経験をしたからかもしれません。人生を歩んでいれば失敗や失恋や挫折は1度は経験するはず。

失敗や失恋な挫折を自分の成長のきっかけと考える事ができる人もいます。しかし、なかにはその経験が心に大きな傷を負ってしまい性格に大きな影響を与える場合もあります。

大きな失敗や挫折や失恋がトラウマになってしまった場合、そのトラウマを2度と味わいたくないという気持ちになります。

その気持ちが積極的な行動ができない原因になり負の連鎖でマイナス思考になるきっかけになってしまいます。

育った環境

育った環境はその人の性格や人格に大きな影響を与えます。マイナス思考になってしまったのは育った環境の影響が原因の可能性があるわけ。

特に子供の頃に親や周りの大人から褒めてもらえず厳しくされた場合は自分自身に対して自信がなくなります。

ちょっとしたミスや失敗で親から怒られたり親から愛情を与えて貰えなかったりするとマイナス思考になってしまうでしょう。

周りの大人や親からレッテルを貼られたり褒めてもらえなかった環境が影響してマイナス思考になってしまった人も意外と多いんです。

自己肯定感が低いから

マイナス思考になる理由の1つに自己肯定感が低いという理由があります。本来、人は成功体験や周りから褒められたりすることにより自己肯定感を高め育てていきます。

しかし、こういった経験がないと自己肯定感が高まりません。自己肯定感が低いままだと自分自身に対して否定的な考えや自信がなくなったり自己険悪になりやすいです。

こういった事からも自己肯定感が低いと性格にも大きな影響を与えてしまうのです。また、自己肯定感が低いままだと成功するイメージや上手くいくイメージを抱けないのでマイナス思考になっていきます。

参考記事▽▽▽

自己肯定感が低い人の特徴や原因と自己肯定感が低いのを改善する方法とは。自己肯定感が低い人に多い特徴とは。 自己肯定感が低い原因とは。 自己肯定感が低いのを改善する方法を書いていきます。...

失敗をするのが怖い

マイナス思考になる原因は失敗を恐れていたり失敗に対して非常に悪いイメージを抱いているからでしょう。誰だって1度は失敗をしてしまうものですよね。

普通の人でも失敗はしたくない気持ちはあるのです。しかし、それと同じくらい成功したい気持ちもあるんです。

ネガティブ思考になるのは失敗にばかり目を向け失敗を異常に恐れているからかもしれません。

誰だって失敗するか不安になったり心配したりするのですがその気持ちが異常に強いとマイナス思考に陥ってしまいます。

マイナス思考克服方法

マイナス思考から克服するにはどうしたらいいのでしょうか。マイナス思考が強すぎて立ち直るまで時間が掛かったり、何事も悪く捉えてしまう人も多いですよね。

マイナス思考を何とか改善したいと思う人もいます。そこで、マイナス思考の改善、克服方法を紹介していきます。

タイムリミットを設定する

マイナス思考を抜け出す為には、悩む時間をしっかりと区切りましょう。悩む時間にタイムリミットを設ければ、考えすぎて悪い方向に物事を考えることを防ぐ事ができます。

悩んでいても何も解決しない事はたくさんあるのです。考える事に時間を使っているのは非常にもったいない事です。

悩む時間にタイムリミットを設けて決断しましょう。悩む時間が掛かればそれだけ行動するまで時間が掛かるという事です。

行動するまでの時間が遅くなる事は非常にもったいないことなのです。時間には限りがあります。限りがある時間を有効に使う方がいいですよね。

後回しにしない

嫌な事や面倒くさい事を後回しにする人も珍しくないです。今現在では先延ばしにして後から苦労する人も多いのではないでしょうか。

やらなければいけない事や決断を先延ばしにしていると悩み事が減りませんよね。解決できる悩み事は早めに解決した方が余計な事を考えずに済みます。

こういった事からも、マイナス思考にならないように後回しにせずに解決できる事や決断する事はなるべく早めにしましょう。

運動をしてリフレッシュ

マイナス思考を克服したり改善するには、適度に運動をして気持ちをリフレッシュしましょう。

運動をすることでストレス発散にも健康的になれます。運動をしてストレス発散をしたりする事で冷静に物事を捉えたりできるようになるでしょう。

このような事からも、適度に運動をするようにしましょう。

ポジティブになろう

マイナス思考な人は基本的に後ろ向きな性格だったりとネガティブな人が多いです。

何事も悪く考えてしまわないようにポジティブになりましょう。いろいろとあれこれ考えてばかりいるとどうしても悪く考えしまいます。

物事を悪く考えしまうと行動したり決断するまで時間が掛かります。悩んでいたり、考えすぎている時こそ自分自身にポジティブになりましょう。

ポジティブ参考記事▽▽▽

ポジティブとは|ポジティブな人の特徴とポジティブになる方法とは前向き、ポジティブな人に多い特徴って。ポジティブ、前向きな思考になる方法とは。ポジティブ、前向きな人の特徴とポジティブになる方法を紹介していきます。...

小さな成功体験を積み重ねる

マイナス思考から抜け出すには、自分に自信をつける事です。自分に自信をつけるには、成功体験を積み重ねましょう。

大きな目標を設定せずに、小さな目標を設定しましょう。日ごろの生活の中にも小さな成功は数多く存在しているのです。

この小さな成功体験を積み重ねる事で少しずつ自分に自信がつくでしょう。朝早く起きるなど日ごろの生活の中に何かしらの目標を定めましょう。

失敗を恐れずにチャレンジする

誰しも失敗を恐れてしまうものですよね。しかし、失敗する事ばかり考え失敗を恐れてばかりいると行動に出来なくなります。

マイナス思考を克服する為にも勇気をだして挑戦していきましょう。あれこれ悩んでばかりいるとなかなか行動できなくなりますよね。

どんな些細な事でもいいので今までやった事が無いことに挑戦してみましょう。失敗は誰しも経験します。

失敗をするからこそ成功するのです。失敗したとしても1番大事な事は挑戦する事です。

なぜなら、挑戦しなければ成功しないのですから。大きな事にチャレンジするのは難しいですよね。差些細な小さな事から挑戦しましょう。

先の事ばかり考えない

マイナス思考な人は先の事ばかり考えしまい、不安になったり、悩んでしまう人も多いのです。

なので、マイナス思考から抜け出すには、先の事ばかり考えないようにしましょう。

先の事ばかり考えるよりも、今を大事にしないといけませんよね。数カ月先の事を考えてもあまり価値がないのです。

ポジティブ思考の人のそばにいる

ネガティブ思考を克服するにはポジティブ思考な人のそばにいてみましょう。ポジティブな人って周りにもポジティブな影響を与えてくれます。

ポジティブな人のそばにいればポジティブな人の価値観や生き方を肌で感じる事ができます。そこからネガティブ思考から抜け出すにはどんな思考や生き方をすればいいか肌で感じ学べるはずです。

ポジティブ思考に無理してまでなる必要はありません。ポジティブ思考になるのではなくポジティブな人の価値観や考え方を目で見て肌で感じて違う価値観や違う考え方を理解してください。

人間関係って皆さんが思っているよりも自分自身に与える影響は大きいんです。周りがネガティブな人やマイナス思考な人ばかりだとなかなかマイナス思考からは抜け出す事が難しいです。

しかし、周りにポジティブ思考な人がいればあなたが気づかないうちに自分自身もポジティブ思考になっている場合もあります。

ポジティブ思考な人と仲良くし共に行動するだけでもあなたに与える影響を非常に大きいので是非ポジティブ思考な人と仲良くしてみてくださいね。

できた事、できる事に目を向けよう

マイナス思考から抜け出すには自分ができない事や失敗した事よりもうまくいった事やできる事に目を向けましょう。

できない事ばかりに目を向けてしまうと自分に対してネガティブなイメージを抱いてしまいます。できる事やできた事に目を向けるてみてください。

本来のあなた自身の魅力や長所に気づくきっかけになりますよ。些細な事でもいいので自分の得意分野や長所に目を向けましょう。

行動するまでの時間を早めよう

マイナス思考を改善したいなら、まずは行動力を高めること。その為には即行動、行動するまでの時間を早める事に意識してみましょう。

行動する事を意識する事で必要以上に悩んだり迷ったりしなくなります。迷ったり悩んだりしても何も解決できないのです。

確かに正しい選択をしたり適切な選択をする事も大切な事ではあります。適切な選択や正しい判断をするにはこれまでの経験がなければできませんよね。

マイナス思考な人はその経験がないのでまずは間違ったりしてもいいから行動する事に目を向けましょう。

開き直る

マイナス思考から抜け出すには失敗してもしょうがない、失敗してもいい…なんていったような開き直る事も大切な事です。

開き直ることは気持ちの切り替えのきっかけになります。ウジウジ悩んだりしてなかなか行動できないような時には開き直る事も必要なわけです。

特にマイナス思考な人ほど必要以上に悩んだり落ち込んだりしているので開き直る事はとても大切なことです。

環境を変える

マイナス思考を改善する方法は環境を変えてみる事も1つの方法と言えるでしょう。環境を変える事で気持ちを心機一転切り替えるきっかけになるでしょう。

特に周りにマイナス思考な人ばかりいたり、職場で評価されていないなど環境が原因でマイナス思考になる人もいます。

マイナス思考からなかなか抜け出す事ができない人はまずは環境を見直すことから始めてみましょう。特に人間関係はあなたの精神的にも大きな影響を与えています。

もしかしたら…人間関係があなたをマイナス思考にさせている可能性があります。1度は自分自身の環境を見直して環境を変えてみる事をおすすめします。

マイナス思考から抜け出そう!

この記事ではマイナス思考な人の特徴とマイナス思考克服方法を書いてみました。

マイナス思考は小さな頃からの思考や経験もかなり影響があるのでなかなか治すのは難しいです。

しかし、日ごろからの意識を変えたりする事によりある程度マイナス思考は改善します。マイナス思考を変えたいのなら、自分のペースで小さな事から改善していきましょう。

参考記事▽▽▽

自己肯定感とは|自己肯定感が低い人の特徴と高める方法は 自己肯定感とはどんな意味があるのか。自己肯定感が低い人の共通点や特徴とは。自己肯定感を高めるメリットや高める方法とは。...
自暴自棄になりやすい人の特徴や自暴自棄になった時の対処法とは自暴自棄とは自暴自棄になりやすい人とはどんな人。自暴自棄になってしまう原因や対処法とは。...
ネガティブな人の特徴や原因とネガティブ思考から抜け出す方法とは。ネガティブな人によくある行動、習慣、思考の特徴とネガティブから抜け出す方法とは。ネガティブな人の特徴と改善方法を紹介します。...
この記事を書いた人

はじめましてサイト運営者のイガエモンです。バツ1再婚している40代です。会社で管理職まで出世したけど現在はフリーライター。人生山あり谷あり。

仕事や恋愛など今まで学んだりわかったことや知りたい事や興味がある事を皆さんにも伝えていきたいです。

恋愛から仕事までの経験を踏まえて皆さんの人生や生き方など何かと役立つ記事を書いていきたいと思います。

詳しいプロフィールはこちら

    

おすすめ記事