ライフスタイル

自己肯定感とは|自己肯定感が低い人の特徴と高める方法は 

自己肯定感という言葉を皆さんは知っていますか。どこかで聞いた時はあるけれど深い意味は知らない…そんな人も多いのではないでしょうか。

自己肯定感は意外にも我々の人生において非常に重要な要素です。自己肯定感は仕事や恋愛など私生活にも大きな影響を与えています。

自分自身は気づいてなくても多くの問題が自己肯定感が高くなると解決するものです。

そこで今回は自己肯定感について書いていきます。自己肯定感の意味から自己肯定感の低い人の特徴から高めるメリットなど高める方法まで紹介していきます。

自己肯定感とは

自己肯定感とは簡単に言えば自分で自分を認める事です。自分の存在価値を積極的に評価できる感情や似ている言葉では自尊心などが挙げられます。

自分の価値を自分で認める事ができ、積極的に自分自身を評価できるような事を自己肯定感と言えるでしょう。

他人からの評価ばかり気にしたりせずに自分で自分自身を大切な存在などの自分自身の価値を自分で認める事ができる人です。

自己肯定感が高ければ自然と何事も積極的に取り組んでいく事ができるでしょう。

さらにはネガティブになら幸福感も高まりやすいです。逆に自己肯定感が低いとネガティブになりやすく消極的になりやすいくなります。

自己肯定感が低い人の特徴

自己肯定感が低い人にはどんな特徴があるのでしょうか。自己肯定感が低いのに自分自身では気づいてない人も少なくありません。

あなたは自分自身の事をどう評価しているでしょうか。自己肯定感が低い人の特徴を書いていきます。

自分に対して否定的

自己肯定感が低い人の多くが自分自身に対して否定的に捉えています。このような人の場合は周りから褒められても素直に自分自身を認めない傾向があります。

周りから褒められても必要以上に謙遜してしまうような人が多いです。また、自分に対して否定的に捉えているのでどんな事でも自分を悪く思うわけです。

どうせ私なんか…私は何をしてもうまくいかない…なんて否定的に捉えているのなら自己肯定感が低い人の可能性があります。

ちょっとした些細なミスや失敗が起きるとすぐに自分を否定的に考える人は要注意ですね。

他人から認められたい気持ちが強い

皆さんは周りから認められたい願望が強いですか?自己肯定感が低い人の場合は自分で自分を認める事ができません。

その為に無意識に他人かは自分を認められたいという気持ちが生まれます。本来、誰しもこういった気持ちがありますよね。

しかし自己肯定感が低い人の場合はこの気持ちが異常に強く自分を自慢したり必要以上に大きくみせて周りから認められたいわけです。

自己肯定感が低い人は自分で自分自身の価値を見い出せないので無意識に他人から自分自身の価値を見い出してもらいたいのです。

無駄にブランド品を身につけたり人脈を自慢したりする人がいます。こうする事で周りから認められたいわけですね。

他人から認められたいという気持ちが強いのは自分自身を認められないからなのです。自分自身で自分を認める事ができればわざわざ他人から認められたいなんて思いませんよね。

失敗が怖い

自己肯定感が低い人の多くが失敗を恐れています。これは周りからの評価を気にしすぎているから。

周りから低い評価をされているのか、嫌われているのか常に不安になっています。その結果必然的に失敗を恐れています。

やる前から失敗する事を考えていたり、何事も保守的で失敗しないように慎重になっていませんか。

自己肯定感が低い人の中には失敗を必要以上に恐れていてその結果何もしないような消極的な人も多いです。

失敗を恐れているのは周りからの評価ばかり気にするからでしょう。さらには自分自身の評価と他人からの評価を気にしてしまいますよね。

消極的で受け身

消極的で受け身な人は自己肯定感が低い人に多い特徴です。自己肯定感が低い人は基本的に自分で決めるような事は苦手です。

その結果、何事も消極的になりやすいです。さらには、受け身になり自分から積極的に行動できない人も珍しくありません。

自分から行動できず消極的になるのは自分に自信がないからでしょう。この特徴は非常に自己肯定感が低い人に多いです。

自分で自分を認める事ができないので当然自分に自信があるわけないですよね。

完璧主義

自己肯定感が低い人の中には完璧主義な人も少なくありません。自己肯定感が低い人は基本的に現状に満足していません。

これは完璧主義な人が多いからでしょう。自分自身に完璧を求めるのでどんなに頑張っても自分自身を認められないわけです。

何事も完璧ではないと満足できないと自己肯定感が低くなりやすいです。完璧主義な人は基本的に100%を求めるのでその結果自分自身に満足できないわけです。

自分で決断できない

自己肯定感が低い人は自分で決断できなく他人に決断を任せています。これは、自己肯定感が低い人は自分自身に対して否定的だからです。

自分に自信がないので決断する事もできない人も多いです。また、自分の決断によって何かしらの問題が起きるのが怖くその結果他人に決断を任せてしまいます。

優柔不断だったりいざっていう時に重大な決断ができない人は自己肯定感が低い人かもしれませんね。

本気で行動できない

自分自身を認める事ができず自分に否定的な人は本気で行動できない傾向があります。

本気で物事を取り組む事ができないのはネガティブなイメージばかりしてしまうからです。ネガティブなイメージはどこからくるのか。

それはあなた自身が自分に自信がないからなのです。自信がないので失敗した事ばかりイメージしてしまいます。

さらには他人からの評価ばかり気にしているのも影響しています。また、本気で行動できない人は自分を受け入れる事ができない人です。

なぜなら失敗した時の逃げ道を作っているからですね。失敗した時の逃げ道として本気で行動しないわけです。

失敗した時に本気でしていないから失敗したという逃げ道を作るのです。

素直になれない

素直になれない人も自己肯定感が低い人に多い特徴。周りからどんなに褒められたり、感謝されてもそれを素直に受け止められません。

感謝されても、これは建前で本音じゃない…なんて考えてしまうわけですね。相手から褒められてもこれには裏があるんじゃないか…なんて考えてしまう人もいます。

自己肯定感が低い人は素直になれません。これは自分に対しての自己評価と他人からの評価に大きなギャップがあるからなのでしょう。

自己肯定感が低い人の素直になれないのは謙虚な姿勢とは違います。

諦め癖がある

自己肯定感が低い人の中には諦め癖がある人も珍しくありません。これは、自己評価が低いのですぐに諦めてしまうからです。

自分に自信がないので自分自身を信じて諦めないような気持ちになれません。

なのですぐに結果がでないと諦めてしまう人も多いです。自己肯定感が低いと成功するイメージが持てないので継続する事ができないわけです。

自慢話が多い

自己肯定感が低い人は他人に認められたいと思う気持ちが強いです。その為に自己肯定感が低い人の中には自分の自慢話が多い人も少なくありません。

周りから認められたいので無駄に自慢話ばかり話してしまうのは周りに認められたいからです。

他人と比較して優越感に浸り自分自身の価値を見出したいわけです。これは自分自身では自分の価値を見出す事ができないので自慢して価値を見出したいわけ。

自分を卑下する

自己肯定感が低い人は自己評価が低く自分を否定的に捉えています。その為に自分を卑下する事が多いです。

自分で自分自身を悪く言ったり蔑んだりします。これは、自分自身で自分を認める事ができないからです。

その為に、どんなに周りから褒められても評価されても自分自身を蔑んだり卑下してしまいます。この特徴は自己肯定感が低い人によく見られる特徴です。

自己肯定感の低い人の場合、自身の存在価値を自分では見出す事ができません。その結果、自分自身を卑下したりしてしまうのです。

自己中心的な人の特徴とは。自己中心的な性格の直し方や対処法は自己中心的な人の性格や行動にはどんな共通点があるのか。自己中心的な性格を直すにはどうしたらいいか。自己中心的な人との付き合い方は。自己中心的な人の特徴と改善方法、対処法を紹介していきます。...
腹黒い人の特徴・腹黒い人の見分け方や腹黒い人の対処法とは腹黒い人にはどんな特徴があるのか。腹黒い人の見分け方や付き合い方とは。腹黒い人の特徴と腹黒い人の見分け方や対処法、付き合い方を書いていきます。...

自己肯定感が低い原因

ここまで自己肯定感が低いひとの特徴を書いていきました。しかし、なぜ自己肯定感が低くなってしまったのでしょうか。

元々、自己肯定感が低い人はいないはずです。何かしらの理由や原因があって自己肯定感が低くなったはずです。そこで自己肯定感が低い原因を書いていきます。

子供の頃に褒められなかったから

自己肯定感が低くなった原因は子供の頃の家庭環境が影響しているでしょう。子供の頃に親から褒められる機会が少ないと自己肯定感は低くなります。

親から褒めてもらえない場合、親から認めてもらえなかったと感じてしまいます。その為に大人になってからも自分を認める事ができないわけです。

子供の頃の家庭環境は性格や思考にも大きな影響を及ぼします。なので自己肯定感が低い原因は子供の頃の家庭環境に少なからず影響しているわけですね。

どんなに親から可愛がって育てられていても褒められた経験が少ないと自己肯定感が低くなります。

自分自身で決断する機会が少ないから

自己肯定感が低い原因は今まで自分自身で決断する機会が少なかったからかも。

特に子供の頃から自分自身で決断せずに親に重大な決断を任せっきりでは自己肯定感が低くなります。

自分で選択して自分で決断するという過程を経験する機会がないと自分を尊重できません。

子供の頃から自分自身で選択して決断する行為は自己肯定感を高めるには大切な事なのです。進路や部活など自分で選択する機会は必ずあったはず。

しかしこのような時に自分で選択せずに親に決められたりすると自分を尊重されていません。

これでは自己肯定感は低くなります。親から何かを強制され自分で選択できない機会が多いと自己肯定感は低くなるわけですね。

過保護に育てられたから

自己肯定感が低くなる原因は親から過保護に育てられたからでしょう。親が必要以上に過保護に育ててしまうと何でも親が介入してきます。

その結果、自分を尊重してもらえないので自己肯定感が低くなる原因になります。

また、過保護に育てていると子供の頃から何かに積極的に行動したり挑戦したりする機会は必然的に少なくなります。当然、これでは自分に自信が付きませんよね。

これでは自分で自分を評価できません。失敗したとしても小さい頃に何かを行動したり挑戦したりする事は自己肯定感を高めるには必要な事です。

自分が選択して決断して何かを自分達成する事ができないと達成感は得られませんよね。

自己肯定感を高めるメリット

自己肯定感が低いよりも高い方がメリットがあるはず。自己肯定感を高めたくなるにはまずは自己肯定感を高めるメリットを理解する事も大事な事。

自己肯定感を高めるメリットとはどんな事があるのか簡単に書いていきます。

積極的にチャレンジできる

自己肯定感を高めると必然的に自分に自信が付きます。その為に何事も積極的にチャレンジできるようになるでしょう。

新しい事に挑戦すると成功するだけでなく失敗する事もありますよね。自己肯定感を高めると失敗を恐れずに新しい事に積極的に挑戦できます。

これは、自己肯定感が高めると自分を受け入れる事ができるからです。さらには失敗したとしても落ち込んだり悩んだりクヨクヨしません。

すぐに立ち直り失敗しても再度挑戦する事ができます。その結果他の人よりも成功する可能性が高まります。

恋愛も仕事もうまくいきやすい

自己肯定感を高める1番のメリットは恋愛も仕事もうまくいきやすくなる事。自己肯定感を高める事で自信がつき積極的に行動できるようになります。

周りに合わせて同調ばかりしている人よりも間違いなく結果がついてきます。その結果、仕事も恋愛も順調になりやすいですよね。

消極的にならず受け身にならないで自分から積極的に行動できるので結果がついてきます。

また、自己肯定感を高める事でネガティブからポジティブに変わる事ができますよ。

その結果、人間関係が円滑になったり周りと人間関係がうまく築けるようになります。人間関係がうまくいけば必然的に仕事も恋愛もうまくいくようになりますよ。

プラス思考になれる

プラス思考、ポジティブになれる事も自己肯定感を高めるメリットになるでしょう。

自己肯定感を高める事でポジティブ思考になれます。その為に自分を信じて最後まで諦めない強い心を手に入れる事ができるはず。

自己肯定感を高めると自然とどんな状況でもプラスに捉える事ができます。どんな状況でも明るく振る舞い前向きになれるので自然と周りからも信頼されるでしょう。

素直に受け入れる事ができる

自己肯定感を高めると素直に受け入れる事ができます。目の前の現実を客観的に見てそれを素直に受けれる事ができるでしょう。

偏った価値もなくなり非常に客観的な視点で物事を捉える事ができます。自分が失敗してもその事実を受け止める事ができないと前に進めませんよね。

また、自分自身を客観的に見てそれを受け止める事ができるようになれば自分自身を高める事もできます。そうする事で物事もうまく進むようになるでしょう。

マイナス思考な人の特徴やマイナス思考克服方法を紹介します。マイナス思考な人に多い特徴は?マイナス思考から克服するにはどうすればいいか。マイナス思考な人の特徴とマイナス思考克服方法を書いていきます。...
自分が嫌いな人の特徴や原因。自己険悪の克服、改善方法とは自分が嫌いな人の共通点や特徴とは。自分嫌いを克服する為の改善方法とは。自分が嫌いな人の特徴や自己険悪を克服する改善方法を書いていきます。...

自己肯定感を高める方法

自己肯定感が低いよりも高い方が様々なメリットがあります。自己肯定感を高めると仕事も恋愛もうまくいくようになるはず。

自己肯定感を高めたいけど、どうしたら高める事ができるのでしょうか。自己肯定感を高めたい人も少なくありませんよね。そこで、自己肯定感を高める方法を書いていきます。

感謝の言葉を言うようにする

自己肯定感を高めるには相手から感謝される必要がある…なんて考えている人も多いです。

しかし、1番簡単な自己肯定感を高める方法は自分から相手に感謝する事です。なぜなら、相手に感謝する気持ちを持てない人は他人を尊重できません。

まずは他人を理解し受け入れる事が必要ですよね。その為には相手に感謝する気持ちを持つ事が必要です。

自己肯定感を高めたいのなら小さな事に気づいて感謝する言葉を相手に伝えてみましょう。

相手もあなたに対して良い印象を抱きますよね。あなたを自然と認めてようになりますよ。その結果、自然と自己肯定感も高まるもの。

小さな目標をたてる

自己肯定感を高めるには自信をつける事です。それではどうやって自信をつければいいのか。それは小さな達成できるような目標をたてる事です。

大事な事は小さな成功体験を積み重ねる事。これができるようになれば自然と自信がついてきます。自信がつけば必然的に自己肯定感も高まりますよ。

毎日ただなんとなく過ごすのではなく小さな目標をたててみてください。この時に気をつけてほしいのが達成できない目標をたてないこと。

達成できそうな目標をたてるようにしましょう。成功体験を地道にコツコツ積み重ねるようにしましょう。

環境を変える

自己肯定感を高めるには周りの環境を変える事も重要です。環境を変えるのは難しいと感じるかもしれませんが意外にも簡単に変える事もできます。

身の回りの整理整頓をしたり、部屋を明るく模様替えをするなどちょっとした事から環境を変えてみましょう。

特に暗い感じの部屋よりも部屋を明るくしてみてください。自然とポジティブな気持ちになれます。

また、人間関係も環境の1つ。人間関係においてあなたに悪影響を与えるのならその人間関係を見直してください。意外にも人間関係はあなたに影響を与えています。

なので、1度自分自身の身の回りや人間関係の環境を見つめ直してみましょう。もし、あなたに悪影響を与えるのがあるのなら躊躇せずに環境を変えましょう。

自分自身を褒めるようにする

自分自身を褒めるようにする事も自己肯定感を高める方法ですね。自己肯定感が低い人の多くが自分自身を否定的に捉えています。

その為に自分を褒めるような事は少ないです。そん自己肯定感が低い事から抜け出すには自分を褒める事です。

褒める事とは自分を認める事に繋がります。自分自身を好きになり大切にしてください。

もし、あなたが頑張ったり努力したのなら自分自身を褒めてください。自分自身を認め自分自身を褒める事で自己肯定感は自然と高まりますよ。

ポジティブになろう!

自己肯定感を高める方法はポジティブになる事です。ネガティブな発言が多いと自分自身にも悪影響を与えてしまいます。

ポジティブな発言やポジティブな言葉を意識して使うようにしましょう。こうする事で自分自身もポジティブな思考になれます。

ネガティブワードを言いそうになった時はそのネガティブな発言をポジティブに変えるようにしましょう。

ポジティブな発言をすれば自然と自分自身もポジティブ思考になれます。ポジティブになる事で自分自身を好きになり自己肯定感を高める事ができます。

自分を責めない

自己肯定感を高めるには自分を責めないようにしましょう。自己肯定感が低い人の多くが自分自身を責めていたり否定的になっています。

ちょっとしたミスや失敗が起きても自分を責めないようにしましょう。誰にでもミスや失敗は起きるもの。ミスや失敗をして自分を責めても何も変わりませんよね。

自分を責めるよりもミスや失敗が起きた時は原因を追求したり改善する努力をしましょう。失敗した時に自分を責めるのはいつでもできる事です。

失敗した自分を責めるのはそれだけ自分に期待しているから。そう捉えてみてください。完璧な人間なんていない戸理解して失敗した自分を受け入れましょう。

自分の為の時間をつくる

自己肯定感を高めるには自分自身の為の時間を作る事です。自己肯定感が低い人は他人から認められたいという気持ちが強いので相手の為に時間を使います。

その結果、自分自身の時間を犠牲にしてしまいがちになります。自己肯定感を高める方法は自分自身の為の自分磨きの時間を作るようにしましょう。

自分磨きの為の時間を増やし自分自身を高めてください。こうする事で自然と自分に自信がつきます。

さらには自分を好きになる事もできます。自分を好きになり大切にするにはまずは自分の為の時間を作る事です。

自己肯定感を高めよう!

今回は自己肯定感についてや自己肯定感が低い人の特徴から高める方法を書いてみました。自己肯定感は幼い頃の家庭環境が影響しています。

なので、もし自己肯定感が低いからといってあなただけが悪いわけではないのです。

しかし、自己肯定感は低いと何事も消極的になり幸せを掴むチャンスも少なくなりやすいです。

大人になってからでも自己肯定感を高める事はできますよ。自己肯定感が低いからといって諦めないで積極的に自己肯定感を高めてみましょう。

デリカシーがない人の特徴と対処法|デリカシーがないのを治す方法はデリカシーとは。デリカシーがない人の性格や内面の特徴とデリカシーがない人の言動の特徴を書いていきます。デリカシーがない人との付き合い方は対処法とデリカシーがない人の治す方法を紹介。...
ポジティブとは|ポジティブな人の特徴とポジティブになる方法とは前向き、ポジティブな人に多い特徴って。ポジティブ、前向きな思考になる方法とは。ポジティブ、前向きな人の特徴とポジティブになる方法を紹介していきます。...
この記事を書いた人

はじめましてサイト運営者のイガエモンです。バツ1再婚している40代です。会社で管理職まで出世したけど現在はフリーライター。人生山あり谷あり。

仕事や恋愛など今まで学んだりわかったことや知りたい事や興味がある事を皆さんにも伝えていきたいです。

恋愛から仕事までの経験を踏まえて皆さんの人生や生き方など何かと役立つ記事を書いていきたいと思います。

詳しいプロフィールはこちら

関連記事