ライフスタイル

頭が悪い人の特徴や原因とは|頭が悪いのを改善する方法や対処法は

皆さんは、自分は、頭が良い頭が悪いどちらでしょうか。とくに難しいことをしてるわけではないのに、なんかうまくいかなかったり、

仕事でも上手くいかない事が多いと頭が悪いのかなぁなんて思ったり、周りから頭が悪いと思われたりする人も少なからずいます。

そこで今回は頭が悪い人の共通した特徴を書いていきます。この記事を参考にして自分自身当てはまるのか確認してみてはどうでしょうか。

頭が悪い人の共通した特徴

さて、頭が悪い人にはどういった特徴があるのでしょうか。

皆さんは頭が悪いですか?違うと思った人は違うと断言できますか、自信がありますか?頭が悪い人の共通した特徴を紹介していきます

物事を決めつける

頭が悪い人によくある特徴として、自分の狭い視野や世界観で物事を決めつける特徴があります。

このような特徴がある人は基本的に、自分の判断や選択、やり方を間違っていると自覚しません。また、物事の判断も根拠がなく決めつけている人が多い傾向があります。

何の根拠もなく、自分がそう思ったりしただけで決めつけているので、周囲の人を納得させる事ができません。

この物事を決めつけるような頭の悪い人はなぜ周囲が理解、納得しないのかわからないのです。

皆さんは物事などを決めつけていませんか?物事を何でも決めつけてしまうような人は頭が悪いと周囲に思われているかもしれません。

感情的になって話す

皆さんは冷静に感情的にならずに、議論したり話し合いをしたりする事ができますか?頭の悪い人によくあるのが何事も感情的になって話す特徴があります。

誰しも感情はあるのですが、話し合いや議論する時にあまりにも自分自身の感情を表に出して話すような事は周囲や相手を納得、理解させる事は難しいです。

また、感情的に話すような人は自分の思っている事をすぐに口にだしてしまうので、原因を解決したり、フォローしたりするような事を上手くできない傾向があります。

さらに、感情を何も考えずにすぐに口に出したりする為に相手を傷つけたりする可能性もあります。このように感情的に話すような人は頭が悪い人だと思われてしまいます。

感情を表に出してしまう事で相手に上手く伝えられなかったり、意図と違う事を伝えてしまったりする傾向があるのです。

雰囲気、空気を読まない

皆さんの周りに場の雰囲気や空気を読まない人はいませんか?

故意にわざと読まないのではなく、天然で場の雰囲気、空気を読まないで行動したり、発言するような人は周囲から頭の悪い人だと思われてしまいます。

このような人は自分の話ばかりしている人が多く、自分の話は面白いと思われていると勘違いしている人が多いです。

本人が自覚していないので周囲からも頭の悪い人、悪い印象を抱かれやすいです。場の雰囲気や空気を読まない、KYな人は頭が悪い人かもしれませんよ。

こちらの記事も参考に▽▽

デリカシーがない人の特徴と対処法|デリカシーがないのを治す方法はデリカシーとは。デリカシーがない人の性格や内面の特徴とデリカシーがない人の言動の特徴を書いていきます。デリカシーがない人との付き合い方は対処法とデリカシーがない人の治す方法を紹介。...

客観的な思考ができない

頭が悪い人には客観的、客観性の思考ができない特徴があります。その為に上にも書いた特徴の物事を決めつける特徴があるのです。

客観的な思考は実は非常に大事な事です。客観性がない人は自分自身を認識、評価を正しくできません。周囲からの評価や認識と自分の自分自身の評価があまりにもかけ離れているのです。

なので、いくら自分自身を客観的に見つめ直そうとしても認識がかけ離れてしまっているので、自身の自覚がないのです。

その為に客観性、客観的な思考ができない人は頭が悪い人や悪い印象が抱かれやすい人です。

論理的に話せない

頭が悪い人は論理的に話す事が苦手な人が多い傾向があります。

論理的に話せない特徴は典型的な頭が悪い人の特徴なのです。この特徴は上にも書いた感情的に話す特徴と繋がります。

頭の中で1度考えて何からどう話すのかできない人が多く、その為に周囲や相手に自分の意図を上手く伝えられなかったり、意図と違う事を伝えてしまったりします。

また、このような論理的に話せない人は無駄な話し入れてしまいがちで話がめちゃくちゃになりやすいです。

結果的に周囲からも評価が低くなりやすく、頭が悪い人の印象を抱かれやすいです。

同じミスを繰り返す

同じミスを繰り返す人は周囲から頭が悪い人と思われてやすいです。誰しも人間は完璧ではありませんので、何からのミスや失敗は必ずしてしまいます。

ミスが起きたときに大事な事は同じミスを繰り返さないようにどうするかという事です。

何故ミスが起きたかを分析し解明する事で、問題点を把握し、改善して同じミスを繰り返さないようにする事はとても大事な事ですが、頭の悪い人はこれができないのです。

その為に同じミスを何回も繰り返してしまいます。この為に同じミスを繰り返す人は頭が悪い人と周囲から思われてしまいます。皆さんも職場などで同じミスを繰り返していませんか?

想像力が欠けている

皆さんは自分の行動がどんな結果をもたらすか想像しながら行動していますか?

頭が悪い人は想像力が欠けている特徴があります。想像力が欠けている人は自分が思いついたことは何も考えずにそのまま行動してしまいます。

その為に行動に一貫性がなく支離滅裂な行動になりやすいです。また、自分の行動がどんな結果をもたらすか理解できてない、もしくは経験がないのです。

わかりやすく言えば行き当たりばったりの人です。このような人は頭が悪い人と周囲からも思われてしまいます。

頭が悪い人特徴まとめ

物事を決めつける

感情的になって話す

雰囲気、空気を読まない

客観的な思考ができない

論理的に話せない

同じミスを繰り返す

想像力が欠けている

頭が悪い人の特徴をまとめてみました。頭が悪い人の特徴の共通点は生産性がない行動している生産性がないという事です。

また後先を考えず感情を優先にし先のことを考えられないという共通点もあると思います。

皆さんの周囲やあなた自身は当てはまりますか。もしも当てはまるような人は周囲から頭が悪いと思われてるかもしれません。

しかし一番大事なことは今の自分自身を理解することではないでしょうか。

頭が悪いと周囲から思われていると、大きな仕事を任せれなかったり、信頼されなかったりとデメリットの方がありますよ。

頭が悪い人なってしまった原因

頭が悪い人は元々頭が悪かった人ではなかったはずです。頭が悪い人になってしまったのは何かしらの原因や理由があるはず。

なぜ頭が悪い人になってしまったのでしょうか。原因を理解する事は改善する事に繋がりますよね。そこで、頭が悪い人になった原因や理由を書いていきます。

辛い経験や努力をしてこなかった

頭が悪い人になった理由は、今まで辛い経験や努力をしてこなかったからでしょう。

長い年数を生きていけば当然、辛い事や乗り越えなければならない壁にぶつかるはずです。頭が悪い人はそれから逃げて努力をしなかった人が多いです。

努力や壁を乗り越える事がなかったので実績がないわけです。なので自信がなかったり、ミスや失敗から逃げてしまうのです。

大人になればなるほど楽しい事だけでなく辛い事も経験しているはずです。しかし、頭が悪い人は、これまで何かを乗り越え達成したり努力をしていません。

このような人は結局は自分自身を成長する機会を逃しているわけです。その結果、他の人よりも頭が悪いと思われる行動をするわけです。

辛い経験は人を成長させてくれますよね。それが少なければ必然的に他の人よりも成長できていないわけです。

人と関わる機会が少なかった

頭が悪くなった原因は他人と関わる機会が少なかったからでしょう。他人と関わる機会が多ければ多いほどいろんな人の価値観や意見、考えを知る事ができますよね。

人と関わる機会が多ければ、必然的に様々な価値観を知る事ができ物事を様々な視点から見る事ができます。

それだけ視野が広くなるので協調性も身につくでしょう。しかし、頭が悪い人は人と関わる機会が少ないので視野が狭くなり偏った考えや価値観になりやすいでしょう。

その結果、他人の気持ちを理解できなくなったり自己中心的になりやすいわけです。人と関わる機会が少なかったのが原因で頭が悪くなったわけですね。

苦労していない

頭が悪くなった理由は苦労していないからでしょう。お金などで全く苦労していないと自力で何とかしようとしませんよね。

また、親が甘やかし過ぎたりするのも頭が悪くなった原因かもしれません。

親に甘やかされ何でも親が世話をしてくれるのでその結果苦労する経験が少なくなります。親が身の回りの世話をしたりすると自力で何かをしようとしませんよね。

自分で考える事が少なくなるので必然的に他の人よりも成長する機会が少なくなるでしょう。

こういった事からも苦労していないのが原因で頭が悪くなる人も多いです。自力で何かをする事が少ないのは大人になってから露骨に目立つようになります。

自炊にしろ、何にしろ様々な事が自力でできない人も珍しくありません。

反省してこなかった

頭が悪い人は、自分自身を見つめ直し反省する事ができません。これは、今まで自分と向き合う事ができなかったらでしょう。

簡単に言えば、今まで反省する事をしてこなかったからと言えます。反省するという事は謝る事ではありませんよね。

自分と向き合い改める事も反省なのです。反省する事ができない人は同じ事を繰り返します。謝ったとしても本気で自分と向き合い、自分の間違いを認め改める事は自己成長にも繋がります。

これをしてこなかった結果頭が悪い人になるわけです。自己成長してこなかったわけですから他の人よりも劣っているわけです。

何でも人任せにしていた

頭が悪くなった原因は何でも人任せにしてきたからでしょう。生きていれば何かしらの問題は必ず起きるもの。

その問題を他人に任せたりすると問題を解決する能力は他の人よりも劣ってしまいます。問題解決能力が低いのは頭を使っていないからでしょう。

これは、今まで問題を解決しようとしたりしてこなかったから必然的に頭の使い方がわからないのです。

今まで、問題やトラブルが起きても誰かに頼ったり、他人に任せたりする事が多いのが原因でしょう。

家庭環境が悪かった

頭が悪くなったのは家庭環境が悪かったのが原因かもしれません。親から褒められたり、期待されたりするような事がなかったりするのが原因かもしれません。

特に親から愛情を注がれないで育つとひねくれてしまう人も多いでしょう。小さい頃に親から愛情を注がれなく、期待されたり褒められたりされないと大人になってからいろいろと影響がでてきます。

頭が悪い人のデメリット

頭が悪い人にはどんなデメリットがあるのでしょうか。もし、あなたが頭が悪い人の特徴に当てはまるのなら実はいろいろ損をしているかもしれません。

頭が悪い人から抜け出すきっかけとしても頭が悪い人のデメリットを理解してみましょう。頭が悪い人のデメリットを簡単に書いていきます。

人間関係がうまくいかない

頭が悪い人の1番のデメリットは人間関係がうまくいかない事です。人間関係がうまくいっているか築けなくなっていることに自覚していない人も多いです。

頭が悪い人は周りに迷惑をかけたり不快感を与えてしまいます。その為に周りから信頼されなくなるのです。

人間関係において信頼関係を築けないのは致命的な欠点と言えますよね。頭が悪い人の多くが健全な人間関係を築けていると勘違いしています。

しかし周りからは信頼されていないのがほとんど。自分では気づいていないだけで良好な人間関係が築けていないのです。

いつの間にか周りから嫌われたり、不満が溜まりやすく他人との人間関係なトラブルに発展したりします。

頭が悪い人は自覚していないので日に日に人間関係が悪化していきやすいのです。人間関係の悪化に気づいた時には修復不可能になっている事も珍しくありません。

人間関係がうまくいかない参考記事▽▽▽

人間関係がうまくいかない人の特徴や原因|人間関係の改善方法とは!人間関係がうまくいかない人にはどんな特徴があるのか。人間関係がうまくいかない原因とは。人間関係がうまくいかない人の改善方法は。人間関係がうまくいかない人の特徴や原因、改善方法を紹介していきます。...

信頼されない

頭が悪い人のデメリットは信頼されない事です。信頼されていないので職場でも大きな仕事や責任のある仕事を任せてもらえないです。

また、友人関係においても信頼されていないので深い関係まで仲良くなれないデメリットもあるでしょう。

仕事にしろ私生活にしろ他人から信頼されないのは大きな欠点だと言えますよね。世の中は信頼関係で成り立っていたりします。

その信頼関係が築けないのでうまくいかない事も多いです。しかし、頭が悪い人は何が原因なのかわからない、もしくは自分が原因なのをわからないので厄介なんです。

モテない

あっこの人頭悪いなぁ…なんて周りから思われたら当然モテないですよね。どんなに顔が整っていて美形でも頭が悪いと感じたら好きになれないでしょう。

頭が悪いと思われるだけで大きなマイナスポイントになってしまいますよね。

一緒にいても楽しくない、疲れるだけ、付き合ってもこっちが苦労しそう…など様々なマイナスな印象を抱かれやすいのです。

誰しも、頭が良い人と悪い人がいたら頭が良い人のほうがモテるでしょう。

確かに頭が良い悪いだけが全てではないのですが、頭が良い悪いも一つの評価ポイントになるのは間違いないです。

モテない参考記事▽▽▽

モテない男の外見や言動、内面の特徴は|モテない男から抜け出す方法モテない男性にはどんな共通点があるのでしょうか。モテない男性の特徴とは。モテない男性からモテる男性に変わるにはどうしたらいいのか。モテない男性から抜け出す方法を紹介していきます。...

出世できない

頭が悪い人のわかりやすいデメリットは出世できない事。これは、当たり前の事ですよね。頭が悪いので仕事でも評価されません。

会社からも評価されないので必然的に他の人よりも出世できないでしょう。頭が悪いだけで収入が少なくなりやすいのです。

信頼されないので大きな仕事を任せてもらえずその結果出世できないのです。このように、頭が悪いと仕事でも大きな損をしています。

また、どんなに仕事ができたとしても人間として大きな欠点がある頭が悪い人は人の上に立てないでしょう。

仕事ができる=上司になれる、出世できるとは限りません。出世すれば責任もついてくるので当然頭が悪い人に責任を任せる事はできないです。

出世できない参考記事▽▽▽

出世できない人の共通した特徴は。出世するための必要な条件は出世できない人の性格や習慣、考え方にはどんな共通点や特徴があるのか。出世できない人の特徴を書いていきます。...

頭が悪い改善方法

上にも書いた頭が悪い人の特徴に当てはまったとしても、大事な事は改善する意識があるかどうかです。

今、現在が頭が悪いとしてもそれを改善する意思があれば改善できます。頭が悪い改善方法を紹介します。

人の話を聞いてから行動しよう。

行き当たりばったりの先の事を考えずに行動をしないように、自分がわからないものに関しては人の話を聞いてから行動してみてください。頭が悪い人は何も考えずに行動してしまいがちです。

先の事を考えて行動したり、自分の行動の結果どうなるか考えて行動するべきなのですが、頭が悪い人はそれができないので、

まずは人の話を聞いてから行動する事である程度防ぐ事ができるでしょう。

人の話を聞かずに行動することが結果的にミスや失敗に繋がり、それが頭の悪い人の習慣となってしまいやすいです。

メモを取る

皆さんはメモを取ったりしていますか?頭が悪い人ほど、メモを取るような事をしません。人間は忘れっぽいのです。

その為に常に簡単にメモを取る事をおすすめします。また、記憶力に自信がない人は特に、メモを取る事をおすすめしたいです。

忘れる前に簡単にメモを取っておけばそれを見直す事で、新しい出来事や記憶が出来て忘れてしまっても思い出す事ができますよね。

自覚する

頭が悪い人ほど自分自身を自覚していません。まずは自分自身を見直し、改善する点を自覚する事から始めるべきです。

改善する点がわからないなら素直に人に聞いたり、アドバイスをもらったりして改善してみてはどうでしょうか。

勉強しよう。

皆さんは、勉強したり、新しい知識をつける事に積極的に取り組んでますか。頭が悪い人ほど勉強したり、新しい知識を学ぼうとしません。

知識を学ぶ事はとても大事な事です。参考書などの本などで知識を学ぶ事で、それを私生活や仕事で活用する事ができますし、自分自身を磨く事ができます。

勉強する事はデメリットがないと思います。頭が悪い人と思われないようにする為にも勉強し、新しい知識を学ぶ事は大切な事です。

また、勉強する為に読書をする事は、想像力や語彙力、集中力が身につきます。

自分で考える癖をつけよう

皆さんは、自分でいろんな事を考えたり疑問に思ったりしていますか?頭が悪い人ほど直感的な行動をしてしまいがちだったり深く考えたりしないです。

頭が悪い改善方法としてまずは自分で考えたり、疑問に思うように考えるようにしてみてはどうでしょうか。

仕事や私生活、趣味などにいろんな疑問をもってみてください。なぜ?という疑問をもつ事は結構大切な事なんです。

そしてその疑問は自分自身で正解を調べたり考えたりしましょう。そうする事で思考力を鍛える事ができます。

生活習慣を整える

頭が悪いのを改善するにはまずは生活習慣を見直してみてください。だらしない生活習慣をしているなら生活習慣を整えてみましょう。

生活習慣と頭が悪いのは関係ない…なんて思う人もいるかもしれません。しかし、生活習慣が悪くなり乱れてくるとメンタルにも影響してきます。

不思議な事に忙しくなったり心に余裕がなくなると生活習慣がだらしなくなります。生活習慣を整えることで心に余裕が生まれてくるものです。

頭もさえてきます。睡眠不足ではないか、偏った食事をしていないか、定期的に運動していないか…当てはまるのなら1度は生活習慣を見直してみてくださいね。

自分の得意分野を伸ばす

頭が悪いのを改善するには苦手な分野を克服するよりも得意分野を伸ばしてみてください。苦手な分野を伸ばそうすると中途半端になったり途中で挫折してしまいます。

特に今まで中途半端だった人は苦手な分野よりも得意分野を伸ばしてみましょう。得意分野を伸ばすのは意外にすんなり伸びてきます。

なぜなら苦手な分野ではないので伸ばす気持ちも高まりやすく嫌になりにくいから。得意分野を伸ばす事で自信に繋がります。

集中力を身につける

頭が悪いのを治したいのならまずは集中力を身につける事ですね。まずは余計な事を考えないようにしてみてくださいね。

また、何かしら悩みがありその悩みが原因で集中できない人も意外に多いです。その場合はその悩みを解決するようにしてください。

特にプライベートに悩みがあるとなかなか集中できませんよね。また、集中する為には集中しやすい環境も必要です。人それぞれ集中しやすい環境は違う野で自分なりの集中しやすい環境を作るようにしましょう。

いろんな人とコミュニケーションをとる

頭が悪い人から抜け出すには様々な人とコミュニケーションをとるようにしましょう。頭が悪いのは視野が狭かったり主観的な考えをしてしまうからです。

これを改善するには、たくさんの人とコミュニケーションをとる必要があります。いろんな人とコミュニケーションをとる事で様々な価値観や様々な考えに触れる事ができます。

いろんな人と関わる事で様々な価値観を学ぶ事ができ自分自身の視野を広める事ができるようになります。

また、いろんな人と関わる事で他人の気持ちもわかるようになり、頭が悪い人から抜け出す事ができるはずです。

頭が悪い人の対処法は

頭が悪い人とはどう付き合っていけばいいのでしょうか。身近に頭が悪い人がいたり会社に頭が悪い人がいたら時はどうしたらいいのか。頭が悪い人の対処法を簡単に書いていきます。

同じ目線で話すようにする

頭が悪い人の対処法はなるべく同じ目線で話してあげる事ですね。頭が悪い人は話しを聞いてもなかなか理解できない時が多いので普通の人と同じように話すとついていけなくなります。

その為にはまずはなるべく同じ目線でわかりやすく話してあげましょう。気をつけるべきポイントは話すときは上から目線にならないようにする事です。

ついつい頭が悪い人と話す時に上から目線になりやすくなるので気をつけるようにしてくださいね。

距離をとる

頭が悪い人とは積極的に絡んでいるとイライラしてしまうかもしれませんね。もし、あなた自身が頭が悪い人と関わるとストレスが溜まるのなら距離をとるにしてみてください。

ストレスが溜まりいずれその気持ちが言動や態度に表れてしまいますよ。特に頭が悪い人とはなかなか話が合わないと感じるのであれば適切な距離をとるようにしてください。

どうしても、頭が悪い人とは絡むと疲れたり嫌な気持ちになる事も珍しくありません。そんなときはあまり仲良くならなずに程々の関係を保ちましょう。

気にしないようにする

頭が悪い人が身近にいるとその人の言動にイライラしてしまうものです。中には頭が悪い人の言動に気を取られてしまう人も多いのではないでしょうか。

この為に、頭が悪い人の言動は無関心でいる事が適切な対処法と言えます。気にしてしまうと無意識にイライラが溜まりストレスになるのでなるべく気にしないようにしましょう。

説明はなるべく大事な事だけ話す

頭が悪い人の対処法は物事を伝える時はなるべく要点を絞り本当に重要な大事な事を話すようにしてください。

頭が悪い人は基本的に集中力がなく人の話を聞くことができません。さらには理解力も他の人よりも低いので話しを長くなったりいっぺんに話すと頭が悪い人に伝わらない時が多いです。

特に仕事や会社では頭が悪い人に何かを伝える時はなるべく話しを短くして1つずつ指示をしたり伝えるようにしましょう。

指示はなるべく具体的にする

頭が悪い人に何かを指示するときはなるべく詳しく具体的に指示しましょう。頭が悪い人は基本的に思い込みが強く勘違いしやすい生き物なので具体的に指示をしてあげる必要があります。

具体的に指示をしないと勘違いして全く違う事をしてしまうかもしれません。その為になるべく具体的に指示をしてその都度確認をするようにしてあげてくださいね。

最後に…

この記事では、頭が悪い人の特徴と改善方法を書いてみました。

私個人は頭が悪い事は生まれつきでも遺伝でもないと考えています。日ごろからの意識や思考が原因だったりするのではないでしょうか。

本来、 勉強すべき時に勉強していれば身についているはずの能力が足りなかっただけだと思います。

言い方を変えれば頭が悪いのは改善できるということです。意識や思考を変えたり常に新しい知識を学び身につける事で改善できるはずです。

参考記事▽▽▽

要領が悪い人の特徴とは|要領の悪さを改善する方法は。要領が悪い人にはどんな共通した特徴があるのか。要領の悪さを治す方法は。要領が悪い人の特徴と要領の悪さの改善方法を紹介します。...
頭がいい人の共通した特徴とは|頭を良くする方法とは!頭がいい人にはどんな共通点があるのかあなたも、もしかしたら頭がいい人かも。頭がいい人の共通した特徴を紹介します。...
IQが高い人の特徴とは?あなたも、もしかしたらIQが高いかもIQが高い人にはどんな共通点があるのか。もしかしたら身近にIQが高い人がいるかもしれません。IQが高い人の共通した特徴を紹介します。...
この記事を書いた人

はじめましてサイト運営者のイガエモンです。バツ1再婚している40代です。会社で管理職まで出世したけど現在はフリーライター。人生山あり谷あり。

仕事や恋愛など今まで学んだりわかったことや知りたい事や興味がある事を皆さんにも伝えていきたいです。

恋愛から仕事までの経験を踏まえて皆さんの人生や生き方など何かと役立つ記事を書いていきたいと思います。

詳しいプロフィールはこちら

    

関連記事