仕事

要領が悪い人の特徴とは|要領の悪さを改善する方法は。

職場には要領が悪い…そんな人は少なからず1人はいますよね。仕事だけでなくプライベートでも要領が悪いと手間や時間ばかりかかってしまいます。

もしかしたらあなた自身も要領が悪いかも…なんて思っている人もいるのではないでしょうか。

また、要領が悪いけどどうやって要領を良くしたらいいかわからない人もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、要領が悪い人の行動や性格の特徴から要領の悪いのを改善する方法を紹介しています。要領が悪い人かもなんて思っている人は是非この記事を参考にしてください。

要領が悪い人の特徴【内面】

要領が悪い人の性格にはどんな特徴があるのでしょうか。要領が悪いと聞いてもどんな人が要領が悪い人になりやすいのかわかりませんよね。

要領が悪い人の性格や内面の特徴を簡単に書いていきます。

自分の能力を理解できていない

要領が悪い人に多いのが自分自身を理解していない事です。自分自身の能力を自分で理解できていないと能力以上の仕事を引き受けてしまいます。

自分の能力以上の仕事を引き受けてしまいキャパがオーバーになってしまうわけ。自分の能力がわからないので自分では出来るだろう、大丈夫と思って引き受けてしまいます。

自分の能力を理解できていないと仕事のスケジュール管理もできません。さらには仕事を計画的にしようとしてもその計画通りに仕事が進みません。

計画をたてても自分の能力を理解できていないと無理なスケジュールを組むことになります。

焦りやすい

要領が悪い人の特徴は焦りやすかったりパニックになりやすい事です。要領が悪い人は焦ってしまうと周りが見えなくなりやすいです。

焦りやすくパニックになるのは余裕がないからでしょう。また、焦って作業をしても無駄に時間がかかったりミスをしやすくなりますよね。

無駄に焦ってパニックになってしまうと余計に手間がかかるのはよくある事です。余裕がなくなり焦ってばかりだと周りからも要領が悪い人だと思われやすいでしょう。

さらには、いくらバタバタ焦って作業をしても思っているよりも作業が進まず周りからも悪い印象を抱かれやすいでしょう。

決断力がなく優柔不断

要領が悪い人は決断力がなく優柔不断な特徴があります。要領が悪い人は自分で決断するのが苦手なんです。周りよりも決断するまで時間がかかるのです。

決断力がなく優柔不断なので仕事や作業などの優先順位をつけるのができないのです。

その結果、何から取り掛かるべきか何が優先して作業すればいいか適切な判断ができません。その結果、周りから急がされていっぱいいっぱいになりやすいわけです。

これは、要領が悪い人に非常に多い特徴なんです。物事の優先順位がつけれないので計画的に何事も取りくめないので周りからも要領が悪いと思われてしまいます。

こだわりが強い

こだわりが強い人も要領が悪い人に多い特徴。こだわりが強い人は自分ルールがありそれに縛られています。

問題なのはそのルールがこだわりが強く仕事と必ずしもマッチしていない場合が多いです。

要領が悪い人なそのこだわりの強いルールが正しいと思い間違っていてもそのルールを治したりしません。

さらには周りから指摘したりアドバイスされてもこだわりが強いので周りからのアドバイスに耳を傾けません。

結局、要領が悪い人は自分のこだわりを捨てる事ができないのです。頭が固いのでなかなか柔軟な対応ができないので要領を悪いわけです。

こだわりを捨てたり柔軟な対応ができず自分のこだわりを貫き通してしまいます。

要領が悪い人のこだわりのほとんどが無駄なこだわりである場合が多いのです。どうでもいい事にこだわってしまい、逆にこだわって欲しい所がいい加減だったりします。

面倒くさがり

要領が悪い人は面倒くさがりな人が多いです。その為にやらなくてはならない事を後回しする人も多いです。

やらなくてはならない事を後回しする人の多くが面倒くさがりな人が多いのです。特に嫌な事、やりたくない事を後回しにするのが要領が悪い人です。

要領が悪い人ほど後回しにしてその結果ギリギリになって焦ってしまいます。仕事でもプライベートでも余裕がないので何事も後回しにしたりする人も多いですね。

優先しなければならない事でも面倒くさい事をしたくないので後回しにしてしまいます。その結果後から後悔する事も多いのではないでしょうか。

真面目

真面目な事も要領が悪い人に多い特徴です。あまりにも真面目すぎるのも要領が悪い人になってしまいます。

要領が悪い人の中には真面目でしっかりしている人もいるのです。真面目すぎると結局細かくやりすぎたり、全ての業務を真面目にやりすぎて仕事が前に進まない場合もあります。

手を抜いていい作業でも細かく作業してしまい周りよりも無駄に手間がかかり時間がかかってしまう場合もあるのです。

職場には仕事をしていると凄く真面目な人なのに仕事が進まない人もいるのではないでしょうか。

このような人は大抵真面目すぎる人になります。必ずしも全ての業務を真面目にする事が効率が良いとは限りませんよね。

神経質

神経質、細かい事に気にしすぎる…こういった人も要領が悪い人になりやすいです。神経質な人はそんな気にしなくてもいい部分に気にしてしまう場合があります。

神経質だと無駄に気になって仕事が進まない場合もありますよね。神経質なのは必ずしも悪いわけではありません。

しかし、神経質で何事も細かい事に気にしすぎると要領が悪い人になりやすいです。仕事で神経質になりすぎると細かい事に悩んだり迷ったりしてしまいますよね。

これが原因で要領が悪くなるのです。仕事をしていて細かい事に気にしてしまうと仕事が進まない場合もあるのです。

細かい事に気づく事は良い事ですが、だからといって何でも気にして作業が止まると要領が悪い人だなんて思われてしまいます。

自分に自信がない

要領が悪い人の特徴は自分に自信がない事ですね。意外にも要領が悪い人は自覚している人も多いので自分に自信がありません。

その為に重要な仕事や責任がある仕事をする事については非常に消極的になってしまいます。また、自分に自信がないのは周りと比較してうまくいかないのを実感させられているのも影響しています。

自分に自信がないので何事も消極的になり新しい仕事のやり方などにも消極的になってしまいます。そのせいでさらに他の人のよりも要領が悪くなり負の連鎖が生まれてしまう場合も。

視野が狭い

要領が悪い人は非常に視野が狭い特徴があり会社全体を把握したり会社全体の事を考えて行動できません。中にはあまりにも自分本位な行動をする人も少なからず存在しています。

視野が狭いので仕事においても先のことまで考えて行動ができないので要領が悪くなるわけです。目の前の事ばかり集中してしまい広い視野を持つことができません。

参考記事▽▽

仕事が遅い人の特徴と原因は|仕事を早くするための改善方法を紹介仕事が遅い人にはどんな特徴があるのでしょうか。仕事が遅い原因とは。仕事が遅い人の改善方法とは。仕事が遅い人の特徴と原因、仕事が遅い改善方法を書いていきます。...

要領が悪い人の特徴【行動】

要領が悪い人の内面や性格の特徴を書いてきました。それでは、要領が悪い人によくある行動はどんな行動があるのでしょうか。

要領が悪い人の行動の特徴を書いていきます。自分に当てはまるか参考にしてみましょう。

整理整頓がされていない

要領が悪い人の多くが整理整頓ができていません。作業場や身の回りが散らかっています。整理整頓ができていないと何がどこにあるのか解りませんよね。

その結果、仕事をするうえで無駄に時間がかかりやすいです。整理整頓ができていない人の多くが仕事やプライベートでいい結果を残す事ができていないわけです。

整理整頓できていないと何が必要で何がいらないのかもわからないわけです。

さらには、まだあるのに無駄に買ってしまったりと整理整頓がされていないのには多くのデメリットがあります。

このような事からも要領が悪い人は整理整頓ができていない人が多いです。

自分1人でなんとかしようとする

要領が悪い人は何でも自分1人でしようとします。普通の人なら自分ができない事や仕事がパンクしたら誰かに助けを呼んだり助けを求めるものです。

しかし、要領が悪い人場合は何でも自分でしようとしてしまいます。それが原因で要領が悪い人だと思われやすいわけです。

自分で1人でなんとかしようとするのはプライドが高いからでしょう。自分1人で出来るところを見せたいと思っていたりするので自分から助けを求める事ができないのです。

しかし、その結果締め切りがギリギリになって周りに迷惑をかけたりしてしまう事も少なくありません。

後先を考えない

後先を考えないで行動するのも要領が悪い人に多い特徴。先の事まで考えないで行動して今した事がこの先どんな結果になるか考えません。

何も考えずに行動してしまいその結果無駄に手間がかかってしまう事になることも珍しくありません。

結局、要領が悪い人は何も考えずにただなんとなく仕事をしているだけなのです。後先をしっかり考えて仕事をしないと結果がついてこないのはよくある事ですよね。

色んな事をやろうとする

要領が悪い人はいっきに色んな事を同時進行でやり始めたりします。要領が悪い人の場合は自分にいっきに色んな事をできる能力がないのに気づいていません。

色んな事を同時進行でやろうとすると1つの仕事に集中できませんよね。その結果、仕事が中途半端になったりミスが多くなってしまいがちになりやす。

要領が悪い人がいっきに色んな事をするのは大抵が焦っているからです。納期や締め切り煽られてその結果あれもこれもしなくては…なんて事になっている場合も珍しくありません。

優先順位をつけるのが苦手

要領が悪い人の行動は基本的に優先順位をつけてから行動する事ができません。これは要領が悪い人によくある特徴です。

そもそも要領がわるくなるのは優先順位をつけて仕事をしていないからです。本来優先しなければいけない重要な仕事も面倒くさい、嫌な仕事の場合後回しにしてしまう人も多いです。

その場の感情や思いつきで行動してしまうので効率も非常に悪くなる仕事の進め方をします。

何も考えずに後先考えないで行動するので仕事だけでなくプライベートも何かとトラブルを起こしやすい傾向もあります。

時間を意識していない

時間を意識して行動できないのも要領が悪い人に多い特徴です。要領が悪い人は基本的に時間配分をして行動をする事ができません。仕事のゴールから逆算して仕事ができないのです。

仕事をしていてこの作業がどのくらい掛かるのか予測できないのです。これは仕事をしていて時間を意識していないからでしょう。

何をいつどのように仕事を進めれば納期に間に合うのか全くわかりません。なので納期や時間が迫ってきてもマイペースに仕事をしてしまいます。

周りがどんなに急いで仕事をしても自分のペースで仕事をしてしまうわけです。

効率が悪い

要領が悪い人は基本的に非効率な仕事のやり方や進め方をします。無駄に仕事にこだわりがあり人も少なからずいますよね。こだわりがあり丁寧に仕事をするのは大切な事です。

しかし、あまりにもこだわりが強く丁寧な仕事はただ仕事が遅くなり非効率な仕事のやり方になります。この為に他の人のよりも仕事が遅くて周りからも要領が悪いと思われてしまうでしょう。

臨機応変な対応ができない

急な仕事が入ったりイレギュラーなトラブルが起きるような事があると仕事がうまくいかなくなるのも要領が悪い人です。

簡単に言えば臨機応変な対応ができない特徴は要領が悪い人に多い特徴です。なぜ要領が悪い人は臨機応変な対応ができないのか。

それは1つのやり方にこだわっているから。1度決めたやり方を変えれなかったりするのでそのせいで要領が悪くなるわけです。

参考記事▽▽

仕事ができない人の特徴|仕事ができない人の改善方法とは仕事ができない人の共通した特徴はどんな特徴があるのか 仕事ができない人から仕事ができる人になるための改善方法を書いてみました。...

要領が悪い人から抜け出す方法

これまで要領が悪い人の特徴を書いていきました。もし、あなたが要領が悪い人に当てはまっていたらどうやって改善すればいいのでしょうか。

要領が悪い事は改善できないわけではないので是非要領が悪い人から抜け出しましょう。要領が悪い人から抜け出す改善方法を書いていきます。

自分の能力を理解する

要領が悪い人の改善方法はまずは自分自身の能力を理解する事が必要です。

自分自身のスキルや能力を理解できていないと自分自身が何ができて何ができないのかを解りませんよね。

さらには自分の仕事ができる量も理解する必要があります。大事なのは自分自身を理解する事です。

自分自身の能力を理解できていないと自分の能力以上の仕事を引き受けてしまいます。

その結果、キャパオーバーになってしまうわけですね。こうならない為にもまずは自分自身を理解してください。

時間を意識する

皆さんは仕事をしていて時間を意識していますか?この仕事はこのくらいの時間がかかると判断できれば計画を立てて仕事ができますよね。

また、仕事を終わるまでの時間を把握できればこの仕事がいつ終わるか予測できるわけです。さらには自分自身の能力も理解できます。

要領が悪い人から抜け出すには時間を意識して仕事をしましょう。早く終わらす事よりも仕事が終わるまでの時間を意識してください。

どのくらい時間があればこの仕事が終わるか日々の業務や作業にかかる時間をある程度わかるようにしてみましょう。

こうする事で仕事をお願いされても引き受けるか引き受けないか判断できるわけです。

計画的に仕事をする

上にも書いたように時間をわかるようになれば次は計画的に仕事をするようにしましょう。自分自身に無理のないスケジュール管理をしてみてください。

ある程度余裕を持って仕事ができるように仕事を計画的に進めましょう。要領が悪い人を改善したいのなら効率よく計画的に仕事を進めていく必要があるわけです。

スケジュール管理をしっかりしないとその日その日の気分や感情で仕事を進めてしまいがちになります。

その結果、非効率な仕事の進め方をしてしまったり優先する仕事を後回しにしてしまう場合もあるでしょう。

こうならない為にもまずはしっかり計画を立てて仕事をするようにしましょう。

柔軟性を持つ

要領が悪い人の改善方法は柔軟性を持つ事です。特にこだわりがあったり自分の独自なルールがある人は1度はそのこだわりやルールを捨てましょう。

強いこだわりや自分のルールが要領を悪くしている場合があるのです。

要領が良い人ほど柔軟性がありその時の状況や環境に合わせて考え方や価値観に柔軟性を持って対応しています。

]柔軟性を持てばどんな場面にでも対応できるようになります。確かにこだわりを持って仕事に取り組んでいるのは悪い事ではありません。

しかし、そのこだわりやルールが要領が悪い原因になっているのです。

向上心を持って仕事をする

皆さんは常に向上心を持って仕事をしていますか?仕事をしながら改善しようとしているでしょうか。ただなんとなく仕事をしていませんか。

もし、あなたが要領が良くなりたいのなら向上心を持って仕事をしてください。日々の仕事で常に改善する意識を持って仕事をしましょう。

ちょっとした事でも効率よく仕事をする為にどうしたらいいのか考えて仕事をすれば自然と要領が良くなるでしょう。1番大事なのは向上心を持つ事です。

仕事を後回しにしない

要領が悪いのを改善したいなら嫌な事や面倒くさい事を後回しにしない事です。仕事をしているとどうしても嫌な事や面倒くさい事をしなければならない時があります。

要領が悪い人ほどその嫌な事を後回しにしがちです。しかし、その嫌な事や面倒くさい事を後回しにしてしまうと要領が良くなる事はないでしょう。

要領を良くしたいなら嫌な事は後回しにせず早めに終わらしましょう。

分析して改善しよう

要領の悪いのを改善するにはまずは分析してみる事です。失敗した原因やうまくいかない原因を分析してみてください。

今までの仕事のやり方や進め方を1度は振り返り見つめ直すのは非常に大切な事ですね。また、自分の作業の時間も分析して何に時間がかかっているのか振り返りましょう。

自分が何が手間がかかり苦手なのか理解できれな対策を立てることができますよね。大切なのは、自分の行動を振り返り見つめ直す事ですよ。

そして自分のダメな部分を1つずつ改善していけば自然と要領も良くなります。

周りをよく観察する

要領が悪いのを改善したいのなら周りの状況をよく観察する事ですね。周りをよく見て自分と比較してどのくらいのペースで仕事を進めているか確認してみましょう。

自分のペースと周りのペースを見比べる事で自分の何が遅いのか理解できるかもしれません。さらには周りをよく観察する事で他の人のやり方と自分のやり方を比較する事ができます。

その結果、なぜ要領が悪いのかまたはなぜ他の人のは仕事を上手く勧めているのか気づく事ができます。

要領が悪い人から卒業しよう!

この記事では要領が悪い人の特徴から要領が悪い人から抜け出す改善方法を紹介させていただきました。

要領が悪い人ほどちょっとした事を改善すれば意外に要領が良くなる人が多い傾向があります。もし、あなたが要領が悪いのならしっかり原因を見つけて改善してみましょう。

要領が良くなる事で会社からも評価され周りからも信頼されやすいです。自分が要領が悪いと自覚したのならこの記事を参考に改善してみましょう。

参考記事▽▽

仕事が早い人の特徴と仕事が早くなるコツや方法とは!仕事が早い人にはどんな特徴があるの?仕事が早い人のメリットとは。仕事が早くなるコツや方法は。仕事が早い人の特徴と仕事が早くなる方法を書いてみました。...
仕事ができる人の特徴と仕事ができる人になる方法!仕事ができる人にはどんな共通した行動、思考、習慣の特徴があるのか。仕事ができる人になるにはどうしたらいいか。仕事ができる人の特徴と仕事ができる人になる方法を紹介します。 ...
この記事を書いた人

はじめましてサイト運営者のイガエモンです。バツ1再婚している40代です。会社で管理職まで出世したけど現在はフリーライター。人生山あり谷あり。

仕事や恋愛など今まで学んだりわかったことや知りたい事や興味がある事を皆さんにも伝えていきたいです。

恋愛から仕事までの経験を踏まえて皆さんの人生や生き方など何かと役立つ記事を書いていきたいと思います。

詳しいプロフィールはこちら

    

関連記事