仕事

仕事が早い人の特徴と仕事が早くなるコツや方法とは!

あなたは仕事が早い人ですか?社会人になって働くと会社の中には仕事が早い人がいますよね。

仕事が早い人は周りからも評価されたり、会社からも評価されます。仕事が早いと会社にも貢献できるし、発言力や説得力があります。

仕事が早い事はいい事だらけだと私個人感じますよ。それに仕事が遅い人か早い人、どちらになりたいかと言われたら間違いなく仕事が早い人になりたいです。

そこで、今回は仕事が早い人の特徴を書いていきます。仕事が早い人の特徴を参考にして皆さんも仕事が早い人になりましょう!

仕事が早い人の特徴

仕事が早い人にはどんな特徴があるのでしょうか。

この特徴を参考にして皆さんも仕事が早い人になりましょう。仕事が早いことは基本的に悪いことはないと思います。いろんないいことがたくさんあると思います。

そこで仕事が早い人に共通する特徴を紹介していきます。

整理整頓がされている。

仕事が早い人は基本的に仕事の机や作業場が整理整頓されています。

整理整頓がされているのは仕事が早い人の共通した特徴です。仕事に必要な資料や道具などを探すようなことがあれば、余計な時間が掛かります。

作業環境の整理整頓は仕事を早くするための大事な要素だと言えます。このような、日々整理整頓がされている人は仕事が早い人によくある特徴です。

整理整頓できていない人は今からでも自分の作業場や机の周りを整理整頓してみてはどうでしょうか。

優先順位をつけている

仕事が早い人の特徴として優先順位をつけながら仕事をしてるという特徴があります。

もらった仕事を何も考えずに仕事をせずに仕事が早い人はまず仕事の優先順位をつけてから仕事に取り掛かっているのです。仕事に優先順位をつけている人は仕事が早い人が多い傾向があります。

仕事が早い人は優先順位をしっかりと見極め、重要度が高い仕事から、片付けていきます。この為に仕事が多くても慌てたり迷ったりすることがないので常に冷静で仕事ができるのです。

決断力がある。

仕事が早い人の特徴として決断力がある特徴があります。

仕事ができる、できないなど迷ったりせずにしっかりと決断をして仕事を進めることができるので、他の人と比較すると悩んだり考えたりする時間が少ないのです。

そのため仕事が早く終わるのです。こういう決断力がある人は仕事が速い人が多い傾向があります。

仕事が早い人は、仕事をやる前から迷ったり悩んだりせず、まず行動していきます。仕事が早い人は、問題が起きたら後から修正するような柔軟な考えを持っています。

判断ミスをしたとしても、後から修正すればいいという考えなので失敗を恐れずに決断できるのです。

スケジュール管理ができている。

仕事が早い人はスケジュール管理ができている特徴があります。

仕事が早い人は外から見ているとスムーズに物事を進めているように見えます。なぜなら仕事が早い人はスケジュール管理をして計画的に仕事を進めているからです。

目の前仕事よりも先の事を常に考えて行動しています。仕事を早くする為には事前の段取りが上手にできているかどうかで決まります。

スケジュール管理をしっかりして、計画的に仕事ができる人は仕事が早い人が多い傾向があります。

嫌な仕事を後回しにしない。

仕事が早い人は、嫌な仕事や面倒な仕事を後回しにしない特徴があります。

嫌な仕事や面倒な仕事は後回しにしてしまいがちですよね。仕事が早い人は嫌な仕事や面倒な仕事ほど早めに片付けています。

嫌な仕事や面倒くさい仕事が残っているとやる気が上がりにくいので、こういう仕事ほど早めに片付けているのです。

手抜きが上手。

仕事が早い人は仕事が早い人は手抜きがうまく完璧主義ではない傾向があります。

完璧主義になってしまうと本来求めていない以上の仕事のクオリティを求めてしまったり、細かいところにこだわって無駄に時間がかかってしまう可能性があるのです。

仕事ができる人は上手に手を抜いて仕事に無駄にこだわりを持っていない人が多いのです。

細かい事を気にしすぎないように、完璧主義にならないように手を抜いて仕事をする事は仕事を早くするうえで大事な要素です。こういう上手く手を抜いて仕事ができる人は仕事が早い人が多い傾向があります。

積極的にスキルを磨いている

仕事が早い人の共通点は努力を怠らない事。仕事が早い人のほとんどが才能があるから仕事が早いわけではありません。

仕事が早い人は自分自身のスキルアップに積極的に取り組む傾向があります。仕事が早いのは仕事を早くする為に必要なスキルを磨いているから仕事が早いのです。

日頃から努力を怠らず積極的にスキルや知識を磨いています。仕事が早いのはスキルが高いからと言えますよね。

その高いスキルは始めから高かったわけではなく、自分自身を磨いてスキルを高めたのです。

努力を怠らず常に自分自身のスキルを磨いているからこそ仕事も早くなるわけですね。努力をするのは簡単な事ですがその努力を続けるのは非常に難しい事なんですよね。

周囲をよく観察している

仕事が早い人ほどよく周りを見ています。これは仕事が早い人は仕事は自分1人だけでは進まない場合もあるのを理解しているからでしょう。

自分だけでは仕事は進まない場合も少なくありませんよね。ある人がいないと前に進まない場合も多いです。

その為に、仕事を進めるにいたって必要不可欠な人はいるはず。その人の状況やスケジュールをチェックしながら何を優先するべきなのか適切な判断ができるのです。

また、周りをよく観察する事で何を優先順位を入れ替えたりと柔軟な対応もできます。なので納期に煽られたりせずにうまく効率よく仕事を進める事ができます。

仕事が早い人は仕事の進め方が上手い人が多いです。これは周囲をよく観察しているからなのです。

集中力がある

仕事が早い人と遅い人の1番の違いは集中力があるかないかでしょう。仕事が早い人は短期集中で仕事を早く終わらせます。

今やるべき仕事に集中してもくもくと仕事を進める事ができるので自然と仕事も早くなるわけ。

逆に仕事が遅い人は集中力が散漫になりやすい傾向がありますよね。仕事が早い人は1つの仕事に集中して取り組んでいます。

余計な事をしたり複数の仕事を同時に進めず1つの仕事に集中して取り組む傾向があります。

人には個体差がありますが集中力を高い状態に保てる時間は限られているものですね。仕事が早い人の場合はそれを理解しているので短期集中で仕事に取り組んでいるのです。

オンオフの切り替えが上手い

仕事が早い人はオンオフの切り替えが上手い特徴があります。休む時はしっかり休んで気持ちをリフレッシュしています。

その為に仕事にも集中して取り組む事ができるものです。逆に仕事が遅い人の場合は気持ちを切り替えないでリフレッシュできていません。

そのせいで仕事に集中して取り組めないのです。仕事の休憩時間は仕事の事は考えないでオンオフの切り替えが上手い人の多くが仕事が早いです。

仕事を早くする方法を常に考えている

仕事が早い人は常に改善できるのか考えて仕事に取り組んでいるものです。

常に自分の仕事をどうやって早くするか考えているので他の人よりも自然と仕事が早くなります。仕事が早い人は最初から早かったわけではありません。

仕事が早くなったのはそれだけ改善してきたという事です。仕事が早くなる為に改善してきたという事はそれだけ考えているとも言えますよね。

なぜなら何も考えていないと改善するのは無理ですから。改善するには改善する為にどうするか考えなければなりませんよね。

仕事が早い人は仕事をしながら仕事のやり方進め方を改善する方法を考えているもの。その結果仕事が早くなるわけです。

仕事を頼むのが上手い

仕事が早い人と遅い人の違いは自分1人で仕事を進めようとするかどうかですね。仕事が早い人は仕事を頼むのが上手い人です。

仕事が早い人は適切な判断力を持ち自分をよく知っています。自分はここができないからそこは誰かに頼もう…こう考える事ができるのです。

仕事は必ずしも全て自分でする必要がない、他の人の方が上手く早くできるならお願いしよう。こう考える事ができるのは自分自身のスキルや能力をよく理解しているからでしょう。

仕事が早い人は必要に応じてで他の人に仕事を頼める事ができその結果効率よく仕事ができるのです。

仕事が早い人の特徴まとめ

整理整頓がされている。

優先順位をつけている

決断力がある。

スケジュール管理ができている。

手抜きが上手。

積極的にスキルを磨いている

周囲をよく観察している

集中力がある

オンオフの切り替えが上手い

仕事の早くする方法を常に考えている

仕事を頼むのが上手い

仕事が早い人にはこのような特徴があります。

このような特徴を参考にして、日ごろ仕事をするうえで意識しながら仕事をする事で仕事が早い人になれるかもしれません。

仕事が早い人をよく観察して真似をする事から始めるのも良いと思います。

仕事が早い人は常にいろんな事を考えながら仕事をしている傾向があり、時間を無駄なく上手く使っています。

こういう事や仕事が早い人の特徴を参考にして仕事に取り組んでみてはどうでしょうか。

こちらの記事も参考に▽

仕事ができる人の特徴と仕事ができる人になる方法!仕事ができる人にはどんな共通した行動、思考、習慣の特徴があるのか。仕事ができる人になるにはどうしたらいいか。仕事ができる人の特徴と仕事ができる人になる方法を紹介します。 ...

仕事が早い人の習慣は

仕事が早い人が取り入れている習慣とはどんな習慣があるのでしょうか。仕事とは直接関係ないような習慣でも意外に仕事の早さに関わる習慣もあります。

もし、皆さんも仕事が早い人になりたいなら仕事が早い人の習慣を真似してみてください。仕事が早くなる習慣を書いていきます。

早寝早起き

仕事が早い人の多くが意外に早寝早起きです。早寝早起きをしていると生活習慣も整える事ができます。よく早起きは三文の得なんて聞いた事があるのではないでしょうか。

仕事が早い人は精神的、肉体的にも健康的な人が多いです。これも早寝早起きが影響しています。早寝早起きをする事で規則正しい生活ができますよね。

規則正しい生活をする事で精神的にも肉体的にも健康的になれます。肉体的、精神的に健康的になれば心の余裕が生まれます。

早寝早起きを心がけている人は朝のスタートから余裕をもって生活ができます。朝起きるのがぎりぎりだと朝からもう余裕がなくなってしまいますよね。

朝のスタートからいきなり仕事モードになるわけですから気持ちの切り替えもできないまま仕事に向かいます。

逆に早寝早起きな人は朝はリラックスタイムがあるわけですから、気持ちをリフレッシュして気持ちを切り替えてから仕事に向かいます。この差はかなり大きいです。

プライベートを充実させている

仕事が早い人ほどプライベートを大切にしています。プライベートの時間を大切にしているのでリフレッシュしています。これができる人は気分転換もできるのでストレスも少ない状態です。

常に仕事の事を考えているような人は実は仕事が早い人は少ないのです。頭をリフレッシュするからこそ仕事に集中して取り組めるのです。

プライベートに楽しみがあればあるほど仕事のやる気にも影響しています。仕事が早い人がなぜ仕事が早いのかそれはやる気や集中力、頭の回転も早いからでしょう。

しかし、これの源はプライベートが充実しているからですね。仕事に早い人はメリハリのある生活をしているわけです。

仕事のときはトコトン仕事に集中して休みの時はトコトン休みをエンジョイしているのです。仕事とプライベートは実は非常に繋がっています。

コミュニケーションを大切にしている

仕事が早い人の多くがコミュニケーションを大切にしています。会社内でも人間関係を良好にしているのです。職場の人間関係がうまくいないと仕事もやる気になれませんね。

人間関係を良好にするにはコミュニケーションは必要不可欠。仕事が早い人は仕事でもプライベートでも積極的にコミュニケーションをとっています。

職場の環境は非常に重要な要素。職場が居づらないような職場では仕事に集中する事ができないですね。働きやすい環境を作り出す事ができるのはコミュニケーションを大切にしているからです。

飲み会や懇親会にも積極的に仕事が早い人は参加しています。仕事をスムーズに進める為にもコミュニケーションは重要です。

仕事が早い人と遅い人の違いは

ここまでは仕事が早い人の特徴や習慣を書いていきました。それでは仕事が早い人と遅い人の違いは何があるのでしょうか。

仕事が早い人になりたいのならまずは仕事が遅い人との違いを知る事も大切です。そこで仕事が早い人と遅い人の違いを書いていきます。

仕事に対する積極性

仕事が早い人と遅い人の違いは仕事に対する積極性でしょう。積極的に仕事に対して取り組める事ができるかどうかは非常に重要な要素だと言えます。

仕事が早い人は基本的に仕事に対して積極的に取り組んでいます。どんな嫌な仕事でも面倒くさい仕事でも積極的に仕事をしているのです。

逆に仕事が遅い人の場合は仕事に対して消極的に仕事をしています。特に嫌な仕事や面倒くさい仕事は後回しにしたりイヤイヤ仕事をするので仕事は前に進みません。

計画性

仕事が早い人と遅い人の違いは計画性があるかないからです。仕事が早い人は仕事の全体像を把握しています。その為に計画的に仕事をするのが得意です。

仕事が早い人の多くがただやみくもに目の前の仕事をしているのではありません。常に計画的に仕事を進めているからこそ仕事が早いわけです。

仕事が遅い人の場合は目の前の仕事ばかりに集中して仕事をしています。計画を立ててスケジュールを組んで仕事ができないので計画的に効率よく仕事ができません。仕事の全体像を把握できないので優先順位もつけられないのです。

身の回りの整理整頓

仕事が早い人と遅い人の違いは身の回りを整理整頓できているかどうかです。身の回りの整理整頓は仕事とは関係ないように感じる人もいますよね。

しかし整理整頓は非常に仕事と密接な関係があります。仕事が早い人ほど身の回りや自分の作業場を整理整頓をしています。常に身の回りをきれいにして仕事をしています。

逆に仕事が遅い人は大抵が身の回りがごちゃごちゃして汚い人が多いです。どこに何があるか把握できていないので仕事に必要な物を探す手間がかかるわけです。

整理整頓ができていないと探す時間が整理整頓されている人と比べて時間がかかります。身の回りを整理整頓しているかどうかで探す時間に差が生まれます。

当然身の回りが整理整頓されている人の方が短い時間で探す事ができるのは当たり前ですよね。

期限を決めてしているかどうか

仕事が早い人と遅い人の違いはいつまでこの仕事を終わらすか決めているかどうかでしょう。仕事が早い人ほどいつまで仕事を終わらすか意識して仕事をしています。

仕事の期限を決めているので時間を意識して仕事に取り組んでいます。時間を意識しているからこそ仕事が早くなるわけです。初めは遅くても、時間を意識していると何に時間がかかっているのか分析して改善できるわけです。

仕事が遅い人の場合はいつまで仕事を片付けるか意識していません。ただやみくもに仕事をしているだけなんです。期限がないとその日気分に左右されやすいのでダラダラ仕事をしてしまうのです。

また、仕事に対して時間を意識していないと改善する意識も少なくなりますよね。この仕事がどのくらい作業を終わらすまで時間がかかるのかわからないので計画を立てることもできません。

反応の早さ

仕事が遅い人と早い人の違いは仕事の反応の早さです。反応の早さとは仕事をするまでの早さですね。仕事が早い人は何事も反応かわ早いのです。

メールや頼み事に対してすぐに反応して対応できます。ある人から連絡がきたり質問や頼み事をされた時に回答するまでの早さは非常に重要です。

仕事が早い人ほど後から返事したり後から考えたりしないのです。その場で今すぐできる事はすぐ反応して対応します。

逆に仕事が遅い人の場合は後から返事したり後から回答するなど何事も後回しにしてしまいます。後から返事をしようとすると結局忘れてしまうわけですね。後から返事をするのでグダグダ悩んだり結局は反応が遅くなります。

優先順位をつけるかつけないか

優先順位をつけれるかどうかは仕事が遅い人と早い人の違いと言えますね。仕事が早い人は何事も優先順位をつけてから仕事をします。

その為に今やらなければならない事を優先して仕事ができます。その為に納期や期日に余裕を持って対応ができるわけです。

今すぐやらなければならない事を理解しているので優先順位をつけてから仕事に取り組みます。客観的に重要度がある仕事から片付けるので臨機応変に対応ができるのも仕事が早い人な特徴。

逆に仕事が遅い人の場合は今日やらなくてもいいことをしていたり、今すぐやらなければならない事をしない事も珍しくありません。

これは優先順位をつけられないからです。仕事が遅い人の場合は嫌な仕事や面倒くさい仕事を後回しにするわけです。

参考記事▽▽▽

仕事が遅い人の特徴と原因は|仕事を早くするための改善方法を紹介仕事が遅い人にはどんな特徴があるのでしょうか。仕事が遅い原因とは。仕事が遅い人の改善方法とは。仕事が遅い人の特徴と原因、仕事が遅い改善方法を書いていきます。...

仕事が早い人のメリット

仕事が早くなるとどんなメリットがあるのか。仕事が早くなるメリットがわかれば尚更仕事を早くなりたいと思いますよね。

仕事が、早くなるとどんな恩恵があるか知りたくないでしょうか。仕事が早いのメリットを紹介していきます。

出世、昇進につながりやすい

仕事が早いと会社からの評価が高まりやすいです。仕事が早くなればなるほど会社に貢献できるわけなので、当然会社からも評価されるわけです。

仕事が早いだけでは出世するわけではないですよね。しかし、仕事が遅い人と比べれば必然的に仕事が早い人の方が出世、昇進しやすいでしょう。

こういった事からも仕事が早いだけでも会社から仕事ができる人と評価されやすいメリットがあるわけですね。

仕事ができると会社から評価されるには、作業のクオリティだけでなく作業のスピードも重要な要素なのです。

どんなにクオリティが良くても他の人よりも作業が遅いとあまり会社から評価されにくい傾向があります。

どんなにクオリティが高くても納期や期日に間に合わないのなら意味がありません。また、仕事が早い事で周りからも頼りにされやすいでしょう。

上司からも仕事が早い人は頼りにされやすくその為に出世や昇進につながりやすいのです。

出世するためにもこちらの記事も参考に▽▽

出世する人の特徴や共通点とは|出世する人になる方法を紹介。出世する人の習慣、行動、性格などの共通した特徴とはどんな特徴があるのか。出世する方法は?出世する人の共通した特徴と出世する人になる方法を書いていきます。...

考える余裕が生まれる

仕事が早い事で他の人よりも仕事が早く終わりますよね。その結果、他の人よりも時間に余裕が生まれます。その為に考える時間ができるわけです。

仕事が遅いと、納期や期日に煽られて毎日時間に追われてしまいます。何かを考えたりする余裕も生まれにくいでしょう。

しかし、仕事が早くなると他の人よりも時間に余裕生まれ、その時間を考える時間に使えるようになります。

仕事が早くなればなるほど考える時間が増えます。その結果、仕事を改善したり、何かを試したりと仕事のクオリティや効率をあげることを考える時間に使えるのです。

職場の人から信頼されやすい

仕事が早くなる事で自分の仕事に余裕が生まれますよね。他の人の仕事の手伝いをする機会も必然的に増えていくでしょう。

その結果、職場の人から信頼されやすくなります。仕事が早くなる事で周りに気配りする余裕が生まれたり、他人を思いやる余裕も生れます。

このような事からも仕事が早くなる事で職場の人から信頼されやすくなるメリットがあります。職場の人間関係も良好になりやすく、周りから頼りにされるようになるでしょう。

仕事が早くなる方法

仕事が早くなりたいと思う人も多いではないでしょうか。上にも書いた通り仕事が早くなると様々なメリットがあります。

なので、皆さんもなるべく仕事が早くなるように努力してみてはどうでしょうか。仕事が早くなる方法を紹介していきます。

今日1日の予定をたてる

仕事を早くなる為には、まずは今日、1日のスケジュール管理をする事。今日やるべき仕事の予定を計画的にたてましょう。

仕事をしながら予定をたてるよりも、まずは1日の日程を計画的に予定をたててみましょう。

何時までにどこまで進めるのかなるべく細かく予定を決めてみましょう。また、予定を細かく計画できないのなら最初は曖昧でもいいです。

しかし、この仕事はこのくらいの時間が掛かるというのを予測できないと仕事が早くなる事はできません。

仕事をしながら、どのくらい作業の時間が掛かったのか覚えたりメモをとるようにしましょう。こうする事で、予定を細かくたてることができますよね。

仕事に優先順位をたてる

仕事を早くなるには、何事も優先順位をつけることです。なんとなく、目の前の仕事をするのではなくしっかりと優先順位をつけて仕事をすすめましょう。

重要度や納期の早い順など順序をよく考えて優先順位をつけてみましょう。

また、1度つけた優先順位は日単位や週単位でスケジュール管理をして優先順位は毎日検討してみましょう。

やりやすい順に仕事をしたり、重要度や納期が早いのを後回しにしてしまうと後から大変な事になるので気をつけましょう。

優先順位に自信がないのなら上司に相談したり周りに相談するのもいいですよね。

仕事が早い人の真似をしよう

仕事を早くなる1番おすすめしたい方法は仕事が早い人の真似をする事です。

仕事の早い人の仕事のやり方などをよく観察したり相談したりして真似をしてみましょう。

仕事が早くなりたいのなら早い人の真似をして学ぶのが1番おすすめしたい方法です。日々の仕事で早い人は自分と何が違うのかよく観察する事から始めてもいいです。

完璧を求めない

仕事を早くなるには完璧主義にならない事。仕事に完璧を求める事は確かに素晴らしい事ですよね。

しかし、完璧を求めて仕事をしてしまうとほとんどの人は仕事の時間がかかるでしょう。

仕事をするなかでこだわりや細かい部分をきにしすぎると必然的に仕事が遅くなってしまいます。

100点でなくても70点のクオリティでも問題ない仕事を100点を目指してしまうと無駄に時間が掛かるのです。

あまりにも完璧主義だったり細かい事にこだわりすぎると時間が掛ります。このような事からも仕事を早くなるには、完璧を求めない事です。

わからない事は積極的に聞く

仕事を早くなる為には、わからない事は積極的に聞くようする事です。何でも聞いてばかりではいけませんが、わからないものを一人で悩んいてもしょうがないです。

自分で考える事も大切です。しかし、わからない事を1人で悩んでいるいたり考えているのは無駄な時間になります。

わからない事や決断できない事は積極的に聞くようにしましょう。

整理整頓しよう

仕事を早くなる方法として、デスク周りや作業場を整理整頓しましょう。正確に早く仕事をしたいのなら是非整理整頓を心がけてみてください。

デスク周りや作業場が散らかっていると、どこに何があるかわかりませんよね。

整理整頓をする事で必要な物を探したりせずに必要な時にすぐに取り出す事ができるようになります。整理整頓すれば自然と仕事が早くなり、些細なミスを減らす事もできるのです。

改善意識をもつ

皆さんは、仕事をしていて常に改善する意識を持っているでしょうか。仕事を早い人になりたいなら、常に改善する意識を持つようにしましょう。

改善意識をもち、仕事のやり方や進め方を改善する事を考え思いついたら実行する事が大切です。

改善意識を常に持つことで自然と仕事のやり方や進め方の無駄がなくなり効率よくなるでしょう。何度も改善していく事で必ず仕事が早くなる方法が見つかるはずです。

仕事が早い人になろう

この記事では、仕事が早い人の特徴やメリットと仕事が早くなる方法を書いてみました。

仕事に早くなる事でメリットもたくさんあるので是非、皆さんも仕事を早くい人を目指してみましょう。

仕事が早い人になれば自然と職場の人からも信頼されやすくなります。仕事が早くなる為にも仕事が早い人に特徴や身近にいる早い人を真似をしてみましょう。

皆さんも仕事が早い人になれば今よりも仕事が楽しくなるでしょう。

参考記事▽▽▽

仕事のミスが多い人の特徴や原因とは|ミスを防ぐ対処法や切り替え方は仕事でミスが多い人の習慣や性格、行動などの特徴とは。仕事のミスを防ぐ対策や方法は。仕事でミスが多い人の特徴とミスを防ぐ対策や対処法を書いていきます。...
仕事ができない人の特徴|仕事ができない人の改善方法とは仕事ができない人の共通した特徴はどんな特徴があるのか 仕事ができない人から仕事ができる人になるための改善方法を書いてみました。...
職場で尊敬される人の特徴と職場で尊敬される人になる方法は。職場で尊敬されている人にはどんな共通した特徴があるのでしょうか。職場で尊敬されている人の特徴と職場で尊敬される人になるための方法とは、...
この記事を書いた人

はじめましてサイト運営者のイガエモンです。バツ1再婚している40代です。会社で管理職まで出世したけど現在はフリーライター。人生山あり谷あり。

仕事や恋愛など今まで学んだりわかったことや知りたい事や興味がある事を皆さんにも伝えていきたいです。

恋愛から仕事までの経験を踏まえて皆さんの人生や生き方など何かと役立つ記事を書いていきたいと思います。

詳しいプロフィールはこちら

    

関連記事