ライフスタイル

会話が続かない人の特徴や原因|会話が続かない人の改善方法とは

なかなか会話が続かなくて悩んでいる人も多いのではないでしょうか。皆さんは会話をするのが得意ですか?

コミュニケーションをとりたいけれどなかなか会話が続かなくてどうしたらいいか悩む人もいますよね。

会話が続かなくてなかなか盛り上がらないとつまらない人だと周りから思われてしまうかもしれません。

会話が続かない、会話が苦手な人にはどんな共通点があるのでしょうか。また、会話が続かないのはどんな原因があるのでしょうか。

この記事では、会話が続かない人の特徴や原因、会話が続かない人の改善方法を紹介していきます。

会話が続かない人の特徴

会話をしていても、すぐにネタ切れして会話が続かない人もいますよね。

そんな会話が続かない人にはどんな特徴があるのでしょうか。会話が続かない人の特徴を書いていきます。

すぐ結論を出そうとする

会話が続かない人は、話しの中ですぐに結論を話そうとする特徴があります。当然、会話の中ですぐに結論を話すので思ったよりも会話が続かないのです。

特に面白い話をする時は話はだんだん盛り上がりますよね。そんな話をする時に、話しの結論を話すのでその場が盛り上がらずにしらけてしまう事も多いです。

会話の中で結論をすぐに求めたり、話すので会話のキャッチボールが続かないのです。

リアクションがない

会話が続かない人は他の人よりもリアクションが小さかったり、リアクションが少ない傾向があります。

本人はその気はなくてもリアクションがなかったりすると、周りも盛り上がらないわけです。

リアクションが少ないと、話し相手もつまらなく感じたり、話を聞いていないと感じてしまいます。

その結果、会話が続かなくなりやすいのです。やはり、リアクションが全くないと話していても不安になったり、理解してくれているか疑問に思うわけです。

笑顔が少ない

会話をしていて、笑顔が少ない人も会話が続かない人に多い特徴です。誰しも、会話をしている時は、相手に話を聞いてもらいたいと思うはず。

しかし、相手が話していても全く笑顔がないと話に興味がない、関心がないと思われてしまうでしょう。

笑顔がないので話しかけてもすぐに会話をやめてしまうわけです。どんなに面白い話をしても笑わないと話す気力もなくなりますよね。

こういった事からも会話が続かない人の特徴として笑顔がない、笑顔が少ない特徴かあります。

人見知り

会話が続かない人は、人見知りな性格の人も多いのではないでしょうか。人見知りな人は基本的に、人前で話したりするのが苦手な人です。

話しかけても、ほとんど話を聞くだけで会話が一方的になりやすいです。

その為に、相手は会話をしていてもつまらないと感じてしまい会話が続かなくなります。

特に人見知りな人は会話をしても沈黙したままな人が多いですので会話のキャッチボールができません。その為に、相手も話す事をやめてしまうわけです。

見栄を張る

身近に、見栄っ張りで偉そうにしている人はいませんか?見栄っ張りな人は無意識に誰かと張り合い見栄を張る人が多いですよね。

しかし、こういった人と話をしても、楽しく感じる事はできないでしょう。

さらには、他人と比べて見栄を張るような会話を聞きたい人は少ないはずですよね。

なので、見栄っ張りな人は話をしても適当に返事をされて聞き流されてしまい話が続きません。

自分に自信がない

自分に自信がない人は会話が続かない人に多い特徴です。自信がない人は、いろいろ相手の事を考えてしまうのでうまく会話をするのができません。

相手にどんな話をすると楽しんでくれるか、こんな話をしたら相手がどう思うかなど余計な事を考えてしまういます。

その為、なかなか自分から声をかけたり、うまく返事ができない人も多いです。

相手の反応を気にしすぎている

相手の反応を気にしすぎる人も会話が続かない人に多い特徴です。自分の話や意見に相手がどう思うか気にしすぎる為に会話がうまくできません。

また、こういった人は、自分を良く見せようする人に多いです。自分を良く見せたいので相手の反応や相手の気持ちを気にしすぎるのです。

その結果、口数が自然と少なくなり、自然体で話すのができなかったりします。

同調しすぎる

会話が続かない人の特徴は相手に同調しすぎる事です。誰しも話す相手に共感を求めています。

しかし、だからといって、なんでも同調してばかりだったりだと相手にただ調子を合わせているように感じるでしょう。

その結果、話している相手はあまりいい気持ちになりません。また、同調してばかりだと会話になりませんよね。

同調してばかりだとお互い言葉のキャッチボールをしているよりも一方的な話になりやすいでしょう。

自己中心的で自分の話しばかりする

身近に、自分の話ばかりする人はいませんか?このような人は会話が続かない人に多い特徴です。自分の話ばかりするような人は自己中心的な人が多いです。

自己中心的なのでなかなか話が盛り上がらないのです。自分の話ばかりする人は人の話を遮ったて自分の話をしたり、人の話を最後まで聞く事ができません。

このような行動は相手に不快感を与えてしまうでしょう。自己中心的な人は自分の事しか考えていないので他人の話を聞く事ができないのです。

なので、自分の話ができない状況になるとその場から離れていったりします。

また、相手の事を気にしないので会話も一方的になりやすいです。自己中心的だったり、自分の話ばかりする人は相手に不快感を与えてしまうので結果的に会話が続きません。

自分の意見を押し付ける

皆さんは気づかないうちに他人に自分の意見や価値観を押しつけていませんか?

会話が続かない人は、自分の意見を他人に押し付ける特徴があります。ついつい自分の考えを前面に出す人もいますよね。

しかし、他人に自分の意見や価値観を押しつけられると周りから嫌悪感を抱かれやすいです。

自分の価値観を押し付ける人は自己主張が強く他人の意見に耳を傾けません。どんなに意見をいっても自分の価値観や意見を曲げずに頑固な人も多いです。

このような人は会話をしていても楽しいとは思いませんよね。他人に自分の意見を押し付けたりするような頑固な人は相手に不快感を与えてしまうでしょう。

その結果、会話が続かなくなるのです。

他人に興味や関心がない

会話が続かない人の特徴として、他人に関心や興味がない事です。他人に興味や関心がないと当然相手にもその気持ちが伝わりますよね。

他人に興味がないので話も盛り上がらないので会話が続かないわけです。

このような人は他人に関心がないので何か話しかけても適当に返事をしたり、反応がなかったりします。

こういった行動をされると相手に不快感を与えたり、嫌われているのかも…なんて思われてしまうわけです。その結果、当然会話がなくなりますよね。

否定ばかりする

会話が続かない人の特徴は、相手の事を否定したり批判したりする事が多い事です。

否定されたりしたら誰でも嫌な気持ちになりますよね。せっかく声をかけて会話をしてもすぐに否定したり批判されたら会話をする気力もなくなりますよね。

話しかけても、第一声が否定から入ったりされると会話をしたくないと思われてしまうでしょう。

相手に不快感を与え不愉快にさせるので会話が少なくなったり、会話が続かないのです。

職場の人間関係に悩んでいる人必見!職場の人間関係を良くする方法職場の人間関係をどうやってうまくすればいいか。職場の人間関係を円滑にうまくする方法、職場の人間関係改善方法を書いていきます。...
こんな人と仕事したくない!一緒に仕事をしたくない人の特徴皆さんは、会社に一緒に仕事をしたくない人はいますか?もしかしたら、あなたも周りから一緒に仕事をしたくないと思われているかも。一緒に仕事をしたくない人の特徴を紹介します。...

会話が続かない原因

会話が続かない人の特徴は上にも書きましたが、会話が続かない原因とはどんな原因があるのでしょうか。

原因がわからないと改善する事ができません。もし、あなたが会話が続かなくて改善したいのならまずはその原因を探しましょう。会話が続かない原因を書いていきます。

会話に慣れていない

会話をするのが慣れていないのが原因で会話が続かなかったり、会話が盛り上がらないのです。

会話をする機会が今まで少なくなったりすると、どうしていいかわからないので結果的会話が続かないのです。

特に、会話がなぜか盛り上がらないと感じる人はそもそも会話をするのに慣れていないのが原因だったりします。

会話をするのに慣れていないので、どこか不自然だったり無理して話しているように見えてしまいます。

そうすると、周りもなかなか盛り上がらないわけです。会話に慣れていないと、会話のキャッチボールも下手なわけです。

会話が苦手な意識が強いすぎる

会話が盛り上がらない、会話が続かない原因として、会話が苦手な意識が強い事です。自分は人と話すのが苦手な…なんて思う人もいますよね。

しかし、この気持ちが強いとコミュニケーションをとる事に恐怖心や不安感が強くなります。その為、無意識に表情や態度に表れてしまいます。

また、会話が苦手な人ほど、早く会話が終わらないかという気持ちが強くなります。その結果、周りから話を振られても適当に返事をして終わります。

会話のキャッチボールができないので当然会話が続かないわけです。

会話が苦手な意識が強いとぎこちなくなったり、緊張してしまい余計に話をしにくい雰囲気をだしてしまいます。

さらに、周りから会話をするのが嫌な人なんて思われてしまいます。苦手意識が強すぎるのが原因で会話が盛り上がらないのです。

警戒心が強い

警戒心が強い、人を信用しないのが原因で会話会話が続かなかったり、会話が盛り上がらないのです。

警戒心が強いのも、話し相手に伝わりやすいです。警戒心が強い、信用されていないと感じると表面的な話しになりやすくなり、盛り上がらないわけです。

誰しもある程度は警戒心はありますが、こういった人はかなり警戒心が強く打ち解けるのが苦手な人に多いです。

警戒心が強いのが相手に伝わると気まずい雰囲気になったり、話しにくくなりますよね。なので会話が盛り上がらないわけです。

当たり障りのない会話しかしない

会話が続かない原因として当たり障りのない会話をしている事があります。上辺だけの会話ばかりではなかなか盛り上がらないですよね。

会話が続かない人は他人に関心がなかったりするので上辺だけの会話になりやすいです。当たり障りのない会話ばかりでは会話が続かないですよね。

本来は上辺だけの会話だけでなく、少しずつ深く掘って話を進めていったりしますよね。常に上辺だけの会話なので話もつまらないし、盛り上がらないのです。

何を話せばいいかわからない

会話会話が続かない人の中には、会話の中身に悩んでいる人も多いです。

このような人は大抵どんな会話をすればいいわからないのが原因で会話が盛り上がらないです。会話が下手な人ほど、会話の中身について余計な事を考えています。

どんな会話をすれば盛り上がるのか考えている人も多いのではないでしょうか。その結果、何を話せばいいかわからなくなり会話が続かないのです。

空気を読めない

空気や雰囲気を読めないのが原因で会話が盛り上がらない場合もあります。

会話をする中でその場の雰囲気に合わせた会話をするのは必要な事ですよね。その場の空気や雰囲気を読んで会話ができないとその場の雰囲気も悪くなったりしらけたりします。

会話のスキルがない

会話が続かない、盛り上がらない原因は結局は会話のスキルが不足しているからです。

会話のスキルがないと、話がうまくまとめたり、相手にうまく伝えたる事ができません。その結果、会話が盛り上がらずに会話が続かないのです。

会話のスキルが足りないので、ボキャブラリーが少なく気の利いた事も言えない人が多いです。

会話のスキルが低い人ほどうまく返答できない人が多く、いつも同じような返答していたりします。こういった事からも会話がつまらないと思われたりするわけです。

会話しなければという意識が強い

会話が続かない、会話が盛り上がらない原因は沈黙を恐れて無理して会話が途切れないようにしているからです。

また、このような人ほど会話をしながら一生懸命会話のネタを探していたりします。

会話のネタがないのに会話をしようと頑張ってしまい、空回りしてしまいます。

焦りすぎてなんとか会話を繋ごうしますが大抵はうまくいかず逆に会話が盛り上がらない事も多いです。

嫌な上司、嫌われる上司のよくある特徴と対処法とは?苦手な上司や嫌いな上司、嫌われやすい上司にはどんな特徴があるのか?嫌われやすい上司の特徴と嫌いな上司の対処法を書いてみました。...

会話が続かない人の改善方法

会話が続かない人の中にはなんとか会話のスキルを磨きたいと思う人も多いです。

会話力を磨きたいけれど、どうやって会話力を磨けばいいかわからない人もいるのではないでしょうか。そこで会話が続かない人の改善方法を紹介していきます。

日常生活で会話をする機会を増やす

会話が続かない人を改善するには、まずは経験を積むことです。なので日常生活で会話をする機会を増やしましょう。

うまくいかなくてもいいので失敗を恐れずに積極的に会話をするように心がけましょう。

会話のスキルを磨くたむにもまずはいろんな人と積極的に会話をする事です。

中には会話に抵抗があったりする人が多いですが、その抵抗も会話が苦手で会話のスキルが足りないからです。

会話の機会を増やし経験を積むことで自然と会話のスキルが向上するでしょう。会話のスキルが向上すれば、会話に苦手な意識もなくなり自信もつきます。

会話のネタを溜めておく

会話が苦手な人に多いのがネタがない事。それを改善するには、会話のネタをストックしましょう。

会話のネタをストックするには、日々の様々な情報に敏感になる事です。会話のネタは以外にも目の前にあります。

日々の様々なカテゴリーのニュースに目を通しておくだけでも会話のネタは集まります。

芸能人のネタや時事ニュースや経済など話題のニュースに目を通してネタを集めてみましょう。特に自分が好きな事や興味がある事ならすぐにネタが集まるはず。

また、相手によってネタや話題を変えることも必要です。なのでいろんなカテゴリーのネタを集めてみましょう。

事件や事故など気になるニュースでも十分に会話のネタになります。

もしも、話すネタがないと思うならテレビやネットで話題になっている古都でも会話のネタになります。その為に日々のニュースに目を通してみましょう。

オウム返しをする

会話力をあげるにはオウム返しを意識してみましょう。オウム返しをするだけでも相手から自分の話を聞いてもらっていると思ってもらえます。

話している相手もいい気持ちになり会話が盛り上がります。オウム返しは1番簡単な会話の盛り上げる方法です。

しかし、常にオウム返しばかりしていると逆に悪く見られるかもしれません。なので時にはオウム返しだけでなくうまく返事をする事も意識してみましょう。

ただ、会話がうまくいかない時はオウム返しする事により会話が盛り上がりやすくなるのでおすすめの方法です。

5W1Hを意識しよう

会話が続かなくて、盛り上がらなくて悩んでいるのなら会話の時に5W1Hを意識してみましょう。

5W1Hとは、・When (いつ)・Where (どこで・)Who (誰が)・What (何を)・Why (なぜ)・How (どのように)です。

会話が上手い人は自然と5W1Hができている傾向があります。この5W1Hを意識して話す事で楽しい会話になったり、わかりやすい会話になります。

いつどこで誰が何をなぜどうやって、これを意識して会話しましょう。これを意識して会話ができれば会話のキャッチボールがうまくなります。

聞き上手になる

会話が上手い人は聞き上手な人が多いです。人の話をしっかり最後まで聞くようにしましょう。

特に聞き上手な人は最後までしっかり話を聞いてリアクションや反応もうまくできます。自分の話をあえてせずに、話を最後まで聞くだけでも会話が続くようになります。

その為には、聞いている時の態度を気をつけましょう。話している相手が話に興味を持つように聞いて、相手が話したいと思わせる事ができるように意識しよう。

笑顔で親しみやすくする

皆さんは、会話をしている時に笑顔でいたり親しみやすくしていますか?会話が続かないのを改善したいならできる限り笑顔で話を聞きましょう。

無表情だったり無愛想では会話をしている相手は話していてもつまらなくなりますよね。逆に笑顔でいれば相手も楽しくなるものです。

会話をしている時は無表情よりも笑顔でいるように心がけてみましょう。

笑顔でいる事により親しみやすくなり、自然とあなたの会話力も高まるでしょう。会話も盛り上がりやすくなります。

相手の目を見て話そう

会話が続かない人の多くは、会話をしている時に相手の目や顔を見て話すことができていません。

相手の顔や目を見ていないと話し相手はつまらない、会話をしたくないと思われてしまう可能性があります。

相手の顔や目を見て話す事で相手の表情もわかるので相手の気持ちを察しやすくなるでしょう。

また、相手からも悪い印象を抱かれないので話しやすくなります。こういった事からも、会話が続かないのを直したいのなら相手の顔や目を見て話しましょう。

ハキハキ話そう

会話をしていて、モゴモゴ話したり聞き取りにく声量では会話が続かないでしょう。

なので、会話が続かないのを改善するには、ハキハキ話すようにしましょう。ハキハキ話す事で相手にも聞き取りやすく、わかりやすく聞こえます。

モゴモゴ話したり声が小さいと話したくないのかと余計な誤解が生まれてしまう可能性もあります。

ハキハキ話すのは苦手かもしれませんが、勇気を持ってハキハキ話すように心がけてみましょう。

早口ならないように気をつける

皆さんは、無意識に早口になっていませんか?会話をしていると以外にも早口になる人は多いです。早口になっている人は大抵自分で自覚していません。

会話が続かなかったり会話が盛り上がらないのはあなたが無意識に早口になっているからかも。人は緊張したり、感情的になると早口になるものです。

会話が続かないのを改善したいなら、早口にならないように気をつけましょう。早口にならないようにゆっくり話すように意識して会話をしましょう。

早口になってしまうと聞き取りにくくなったり、周りからもせっかちに思われてしまいます。

相槌をしよう

会話が続かないのを改善するには、話している時の態度を気をつけましょう。相手が話している時に無反応では会話が盛り上がらないですよね。

リアクションがないと、話し相手があなたが話を聞いていないのか、不安になります。なので、最低限相槌をする事で話し相手は話を聞いていると認識します。

会話をしていて相手が話を聞いていないのなら嫌な気持ちになりますよね。

なので最低限話し聞いている事を相手に伝える必要があるわけです。相槌やリアクションをする事で会話している相手に話し聞いていると伝える事ができます。

あなたはどう?と返す

会話がなかなか続かない人の対処法は会話の中で相手にあなたはどう?などのような質問を切り返す方法があります。

ついつい無意識に自分の話をしてしまって相手が話を聞いている時間が長い時に相手に質問系にして降るわけです。

そうすれば間違いなく相手は何かしらの返答があります。こうする事で会話のキャッチボールができるのです。

そこから話が発展して会話が盛り上がるでしょう。会話が続かない時や自分が話している時間が長い時は相手に質問系にして降ることで会話を盛り上げる事ができるでしょう。

人間関係がうまくいかない人の特徴や原因|人間関係の改善方法とは!人間関係がうまくいかない人にはどんな特徴があるのか。人間関係がうまくいかない原因とは。人間関係がうまくいかない人の改善方法は。人間関係がうまくいかない人の特徴や原因、改善方法を紹介していきます。...

会話が続かないのを直そう!

ここまで、会話が続かない人の特徴や原因、会話が続かないのを改善する方法を書いてみました。

会話が続かないのを改善するだけでも、あなたの人脈が広がったりします。会話がうまくなることで仕事だけでなく私生活や恋愛もうまくいくようになるかもしれません。

大事な事は会話の相手に不快感を与えないで不愉快な気持ちにしない事。不快感を与えずに、また話したいと相手に思わせる事ができるだけでも会話がうまくなりますよ。

まずは、会話が続かない人の特徴に当てはまっていないか、当てはまるならその特徴を改善しましょう。

さらには、会話が続かない原因を見つけ自分自身を見つめ直す事も大切です。是非この記事を参考にして改善してください。

好かれる人の共通点や特徴!好かれる人が絶対にしない事って?人から好かれる人の習慣や性格、行動などの特徴とは。好かれる人がしない嫌われる人の行動は?好かれる人の特徴と好かれる人がしない嫌われる人の行動を紹介していきます。...
職場で嫌われる人の共通した特徴と嫌われないようにする方法!職場で嫌われやすい人にはどんな共通点があるのでしょうか。職場で嫌われる人から好かれる人になるには。職場で嫌われる人の特徴と改善方法を紹介します。...
関連記事