ライフスタイル

コミュ症とは|コミュ症の特徴と克服方法を紹介します。

最近は、うまくコミュニケーションをとるのが苦手だったり下手な人が増えてきています。皆さんも1度はコミュ症という言葉を聞いた時はありますよね。

コミュ症は最近ネットなテレビでよく使われるようになり今では当たり前になりつつある言葉です。

コミュ症とはどんな意味があるのか皆さんは知っていますか?また、コミュ症とはどのような人をさす言葉なのか。

この記事では、コミュ症の意味やコミュ症の特徴から克服方法まで紹介していきます。

初対面の人と話すのが苦手だったり私のコミュ症かも…なんて思っているのなら是非この記事を参考にしてみてください。

コミュ症とは

ネットやテレビでよく聞くようになったコミュ症とはどのような意味があるのでしょうか。コミュ症とはコミュニケーション障害の略称です。

しかし、実際はコミュニケーションの障害があったり、先天性の障害があるという意味ではありません。

コミュ症という言葉はいわゆるネットスラング(隠語、略語、俗語)であり、実際の障害とは関係なく単にコミュニケーションが苦手な人を指す言葉として使われます。

簡単に言えばコミュ症とは一般的にコミュニケーションをとるのが苦手な人を指す言葉です。

コミュ症の特徴

コミュ症な人にはどんな特徴があるのでしょうか。コミュ症といっても人によって特徴は様々あります。

もし、あなたや身近にこの特徴に当てはまる人はいないでしょうか。また、自分がコミュ症かも…なんて思っているのなら自分が特徴に当てはまるか確認してみましょう。

コミュ症の特徴を簡単に書いていきます。

空気を読みすぎて発言できない

コミュ症の特徴は空気を読みすぎて発言できない事。皆さんの中では空気が読めない人がコミュ症のイメージがあると思いますよね。

しかし、実際は空気を読みすぎてしまう特徴があります。空気を読みすぎてしまうのでなかなか自分から発言できなくなってしまうのです。

特にこのような特徴は人が多ければ多いほどこの特徴が表れやすいです。

その場の雰囲気や空気を読みすぎてその場の空気や雰囲気を壊してしまうかも…なんて考えてしまいます。

その結果、なかなか自分から発言したり行動したりできなくなります。飲み会や合コンや人が集まる場で雰囲気を考えすぎてしまう人はコミュ症に多いです。

自分に自信がない

自分に自信がない人もコミュ症に多い特徴です。幼い頃から成功体験が少ないと自信がつきませんよね。

人とのコミュニケーションにおいても自分に自信がないので発言したり行動できなくなってしまいます。

自分に自信がないとなかなか自分から主張するような事ができません。周りに合わせて自分からは言動しない人も少なくありません。

人とのコミュニケーションに自信がないと感じているのならコミュ症かもしれませんね。

会話が続かない

コミュ症に1番多い特徴は、会話が続かない事です。会話がうまく続けれない特徴はコミュ症の典型的な特徴と言えます。

質問されたりしてもうまく返事ができず曖昧な言葉で返事してしまう人もいますよね。

まぁ…あぁ…えぇ…なんて短い言葉でしか返事できないと必然的に会話が広がる事もないので会話が続きません。

せっかく相手が質問してもコミュ症な人はそこからうまく会話を盛り上げたり、会話を続ける事ができないわけです。

その為に質問する人や聞いている人に不快感を与えてしまいます。

消極的

コミュ症の人は基本的に何事も消極的な特徴があります。その為に人間関係においても積極的関わるような事をしません。

人間関係もどこか諦めていたり、自分から人間関係を築いていこうとしません。

自分から積極的に絡んだりしないのでその結果人間関係を築いていく為の経験が他の人よりも少ないです。

飲み会や合コンなどにおいても自分から積極的に他人と絡めないので損をしてしまいます。

コミュ症な人が消極的なのは自分に自信がないのも原因です。しかし、消極的になれば自信がつく機会も少なくなりますよね。

雑談ができない

人と雑談ができない、苦手な人はコミュ症の特徴です。些細な雑談は誰しもしますよね。しかしコミュ症な人はちょっとした雑談や他愛のない雑談が苦手な傾向があります。

これは、コミュ症な人は結局人付き合いが今でしてこなかったので経験不足なのでちょっとした雑談ができないのです。

雑談は大抵が2分くらいで完結したり会話が終わりますよね。他愛のない雑談や些細な雑談は意外にも経験や頭の回転が速くないとうまくできません。

特に雑談はこれまでの経験は必要不可欠なんですよね。コミュ症な人はこの経験がないので雑談が苦手なんです。

普通の人なら小さい頃から友人や様々な人と絡んだりして無意識に経験を積んでいます。コミュ症はこれが他の人よりも少ないんです。

SNSではおしゃべりになる

コミュ症な人の中には意外にもSNSではおしゃべりになる人がいます。

これは、直接相手の顔を見る必要がないからだったり、匿名だからだったりする理由でおしゃべりになります。

普段人前では自己主張ができない人でもSNSでは自己主張が強くなる人は意外にも多いです。

コミュ症な人はSNSの中では強気になる人がいます。人前では話せなくても、匿名や顔がわからないと積極的に発言します。

友達が少ない

友達が異常に少ないのもコミュ症に多い特徴です。コミュ症の人は自己主張ができません。自分から積極的に人間関係を築こうともしないです。

当然、その結果友達は少なくなりますよね。コミュ症な人は友達を作るのも他の人よりも苦手なんです。

自己主張できないので、本音で話せませんよね。また、会話もうまくできないので人間関係を築くのは難しくなります。

挨拶くらいなら交わす関係は築けるのですが、本音で話す事ができるような関係はなかなか築けません。

1人でいるのが好き

コミュ症の多くが1人でいるのが好きな人が多い傾向があります。人が集まってパーティしたり飲み会したりするような時間は実は苦手だったりします。

周りとうまくコミュニケーションがとれないので必然的に人が集まる場所が苦手になりますよね。その結果、当然1人でいるのが好きになってしまいます。

また、コミュ症の中にはコミュニケーションをとるのに必死になっている人が多いですよね。

人とうまくコミュニケーションをとれないので職場や人が集まる場所にいると疲れたりストレスも溜まりやすいです。その為に1人でいる時間を非常に大切にしていたりします。

冗談が言えない

コミュ症の人は冗談を言う事ができません。気の利いた返しが苦手でユーモアがないのもコミュ症に多い特徴です。

コミュ症の多くが会話する時に少なからず緊張してしまいます。その為に機転の利いた返事ができず会話が盛り上がりません。

コミュニケーションがうまくとれないので質問に返事をするので一杯一杯になってしまいます。その結果、会話が続かない、盛り上がらないなどうまく会話ができません。

自分から話しかける事ができない

コミュ症の人は自分から話しかける事ができない特徴があります。内心は話したい事があってもなかなか自分から話しかける事ができません。

この特徴はコミュ症に非常に多い特徴なんです。コミュ症の人はどうやって話しかけていいか、どのタイミングで話しかけていいか、余計な事を考えてしまいます。

こんな余計な事をきにしてしまうので自分からなかなか話しかける事ができないのです。コミュ症の多くが話しかけるきっかけを作れないわけですね。

本当は話しかけたかったり話したい事があるけど話しかけるきっかけがないと話せない人はコミュ症かもしれませんね。

相手の目を見て話せない

コミュ症の人は相手の目を見て話せません。普通の人なら相手の目を見て話しますよね。

しかしコミュ症な人は恥ずかしい気持ちになるのか、うまく相手の目を見て話せないわけです。

目をそらしたり、違う所を見て話してしまうので話し相手は誤解をしてしまうかもしれませんよね。

真剣な真面目な話をしているのに、なかなか顔を見れなかったり相手の目を見れないと相手は話しを聞いているか疑問に思ってしまいます。

そのせいで周りから誤解されてしまう人もいるでしょう。このせいでコミュ症な人は損をしている人も多いです。

限られた人にはよく喋る

コミュ症な人は基本的にコミュニケーションがうまくとれません。しかし、ごく一部の限られた人とはよく喋る事ができる人も珍しくありません。

同じ趣味など何かしらの共通点があればよく喋る事ができます。自分と相手に共通点があるとよく喋るようになるのもコミュ症に多い特徴。

コミュ症な人は話す事が嫌いなわけではないので何かしらの共通点があれば積極的に話す事ができます。

共通点があれば相手の気持ちや考えもわかりやすいのが理由なのかもしれませんね。

人間関係に疲れた原因は|人間関係に疲れやすい人の特徴や対処法は人間関係に疲れる原因や理由とは。人間関係に疲れた時の対処法は。人間関係に疲れやすい人の特徴とは。人間関係に疲れた原因や理由と対処法を書いていきます。...
会話が続かない人の特徴や原因|会話が続かない人の改善方法とは会話が続かない人にはどんな特徴があるのか。会話が続かない原因とは。改善方法はあるのか。会話が続かない人の特徴や原因、改善方法を書いていきます。...

コミュ症になる原因は

コミュ症になってしまう原因はどんな原因があるのでしょうか。コミュ症になった原因を知る事は非常に大切な事です。

コミュ症から抜け出す為にもコミュになる原因を知るようにしてみましょう。そもそも元々コミュ症だった人は少ないはず。

コミュ症になるのは少なからず何かしらの原因や理由があるからなのです。

家庭環境

コミュ症になる原因は幼い頃の家庭環境にあるかもしれません。特に家庭環境はその人の性格や価値観に非常に影響を与えてしまうものですよね。

コミュ症の人は基本的に人とのコミュニケーションがうまくできません。

これは家庭環境であまりにも会話がなかったり、両親とのコミュニケーションがなかったりするのが原因かもしれませんね。

特に両親が共働きでいつも1人で過ごす事が多いと自然と会話のやり方や人との接し方が身につける事ができません。

会話が少なかったり親とのコミュニケーションがないような家庭環境がコミュ症になってしまう原因になります。

また、親から厳しく育てられて褒めてもらえないような家庭環境もコミュ症になる原因になりますよ。親からの教育方針も非常なは性格に影響してしまいますよね。

失敗経験や挫折

人生の中での大きな失敗経験や挫折した経験が原因でコミュ症になってしまうかもしれません。

特に受験や就職などで失敗したり挫折したりすると自分の存在価値を否定してしまう傾向があります。

失敗や挫折は非常に大きなトラウマになり自分に自信がなくなります。さらには自分に対しても否定的に捉えてしまい人生がつまらなく感じます。

自分の価値を見い出せなくなるなと生きていく意味や価値を見い出せなくなりますよね。その結果、他人と積極的に関わろうとしやくなります。

特に自分に自信がなくなると物事を悪く捉えてしまい他人と関わろうとしても他人からの評価ばかり気にしてしまいます。それがコミュになる原因になるわけですね。

また、今の人生に価値や生きている意味を見い出せなくなるとリアルよりもバーチャルの世界にのめり込む場合も。

要はゲームの世界に入り込んでリアルの世界より偽りのバーチャルの世界の方が楽しく感じてしまうわけです。その為に他人とリアルで関わるのが面倒くさいと感じてしまいます。

いじめや嫌がらせ

過去の人間関係はコミュ症になる原因になりますね。その為に学生時代や職場でいじめや嫌がらせが原因てわコミュ症になってしまう人も少なくありません。

特に学生時代に酷いいじめや職場でのパワハラは精神的にダメージが大きいです。その経験がトラウマになり人とのコミュニケーションをとるのが怖くなります。

人と接するのが消極的になりコミュ症になってしまう原因になるでしょう。

特にいじめやパワハラの経験があると人と関わるとまたいじめやパワハラが起きるのかと不安になってしまいますよね。

過去の経験は非常に性格や人格に影響があるのでコミュになる原因になってしまうのです。また、こういった経験があると人を信用できなくなりますよね。

人間不信になりやすいのでコミュ症によくある言動をしてしまうわけです。人を信用できないと人間関係は築けません。

自分がまた傷つけられるのかも…と不安になり恐れてしまいます。その為にコミュ症になってしまうわけですね。

コンプレックスを抱えている

コンプレックスを抱えているのもコミュ症になる原因になってしまうでしょう。世の中にはコンプレックスを抱えている人も少なくありませんよね。

多くの人が何かしらのコンプレックスを抱えているはずです。しかし、自分の容姿にコンプレックスを持っていると人からどう見られているのか気になりますよね。

人から見られるのを嫌がる人もいるのではないでしょうか。外見や容姿にコンプレックスを抱えていると引きこもりがちになってしまいます。

また、様々な要因でコンプレックスを持っていると何かと他人の言葉に敏感になりますよね。

この為に周りと関わる事に対して消極的になるので自然とコミュ症になりやすくなります。

親しい人に裏切れた

親しい人に裏切れたり、恋愛での裏切りは非常に大きなトラウマになってしまいますね。これもコミュ症になる原因になります。

元々は人間関係もうまく人付き合いも問題なくできた人でも親しい人や好きな人に裏切れた場合は人間不信になるわけです。

特に親しい人や好きな人に裏切れた場合は心に大きな傷がついてしまいますよね。

その傷がいつまでも残ってしまい人と関わるのを拒む人も少なくありませんね。その経験がコミュ症になる原因になってしまいます。

コミュ症克服方法

ここまで、コミュ症の意味や特徴を書いていきました。そんなコミュ症を克服するにはどうしたらいいのでしょうか。

コミュ症な人は話す事が嫌いなわけではないので本当は話したい人も多いです。中にはコミュ症な事に悩んでいる人も多いはずです。

そこで、コミュ症の克服方法を書いていきます。コミュ症から抜け出したい人は是非参考にしてみてください。

無理して話さない

コミュ症から抜け出したいなら、まずは無理して話そうしないようにしましょう。無理して話してもストレスが溜まるだけだったりしますよね。

また無理して話そうとする意識が強いと沈黙に鳴らないように何とか話そうする人も多いのではないでしょうか。

しかし、無理して話した結果会話が続かないので雰囲気が悪くなる事も少なくありません。なので、まずは無理して話そうしないようにしましょう。

自分から無理して話さなくても相手から話しかけてきたりするものです。相手から話しかけてきた時にうまく話しを広げるようにしてみましょう。

人を信じる

コミュ症の人は自分に自信がなく、否定的されたり嫌われたりするのを恐れている人もいます。

自分を受け入れてくれるのか…そんな不安がありませんか?もし、そんな不安があるならまずは他人を信じてみましょう。

周りの人を信頼してみてください。あなたが思っているよりも人は優しさや良心があるものなんですよ。

あなたがどんなにコミュ症だったとしても全ての人があなたを嫌いになるわけではありません。

周りからどんなふうに思われるか不安になる人も珍しくありませんよね。あなたが思っているよりも人はあなたを悪くみていませんよ。

自分をよく見せようしない

コミュ症の人はどこかにコンプレックスがあります。中にはそのコンプレックスがあるので自分を大きくみせようとする人も多いです。

このような自分を必要以上に良く見せてしまうと自分に余計なプレッシャーを与えてしまいます。その結果、余計にうまくいかなったりしますよね。

こうならないようにするにはありのままの自分でいる事。自分を必要以上によく見せようしない事です。

変に自分にプレッシャーを与えてしまうとうまくいかないと疲れてしまいますよね。さらにはうまくいかない自分を嫌いになってしまいます。

こうなるとさらにはコミュ症が酷くなりますよ。自分を無理して大きく見せることを辞めてリラックスした状態にした方がうまくいく事が多いです。

固定観念は捨てる

コミュ症の克服方法は偏った固定観念を捨てましょう。

沈黙はダメ、会話をしなければいけない、会話で相手を楽しませないといけない、会話ができないと嫌われる…なんて考えは捨てましょう。

この考えを捨てれないとなかなかコミュ症から抜け出すのは難しいです。必ずしも会話をしなければいけなかったり口下手はダメだと限りませんよね。

このような考えを捨て無いとコミュニケーションのハードルが高いままです。別に口下手でも、うまく会話ができなくても大丈夫なんですよ。

自分自身に無理難題な課題を与えるよりも話したいときに話したい事を話すようにしてみましょう。

空気を読まないようにする

コミュ症の人は雰囲気や空気を読みすぎて発言できなくなる人が多いです。なので、コミュ症を克服するにはあえて空気を読まないようにしましょう。

空気を読みすぎてしまうと話すきっかけを作る事や話しかけるタイミングがつかめなくなります。その結果、結局自己主張ができなくなりますよね。

こうならない為にも空気を読みすぎないようにしてみましょう。空気を読める、雰囲気を読める事は悪い事ではありません。

しかし、これが原因でコミュ症になる人も多いです。空気を読まないようにすれば、話しかけやすくなります。時には空気や雰囲気を気にせずに自己主張する事も大切です。

嫌われる事を気にしない

コミュ症を克服するには、他人から嫌われる事を気にしないようにする事。他人から嫌われる事を気にしすぎると自己主張できなくなりますよね。

コミュ症の人は他人から嫌われるのを恐れている人も多いです。他人から嫌われるのを気にしないようにして、嫌われてもいいや…なんて思うようにしてみましょう。

他人に嫌われるのを気にしていると自己主張できなくなりストレスも溜まりやすいです。

なので他人からどう思われても気にしないようにしましょう。ありのままの自分を嫌いになる人もいれば好きになる人もいるものです。

笑顔でいる

コミュ症を克服するには笑顔でいるように心がけてください。コミュ症の人は会話の時にどこか緊張していたりして笑顔が少ないです。

笑顔でいるだけでもあなたの印象は変わりますよ。特に会話の時に笑顔でいるだけでも好印象を抱かれやすいです。

あなたが会話が苦手で話す事ができないのなら尚更笑顔でいてみましょう。それだけでも会話に参加していると思われたりします。

また、笑顔でいるだけでも相手は話しを聞いていると感じます。特に話している人は相手の顔を見て反応をみているもの。

なので笑顔でいれば話し相手も楽しく聞いていると思いますよ。

挨拶を心がける

コミュ症を克服する方法は挨拶を心がける事です。コミュニケーションの基本は挨拶です。挨拶から話や会話が始まるもの。

挨拶を心がける事で挨拶が話しのきっかけになります。コミュ症の人はなかなか挨拶ができない人もいます。

コミュ症を本気で克服したいなら勇気を出して自分から挨拶をするように心がけてみましょう。仕事でも最低限の挨拶ができていれば悪い印象を抱かれません。

最低限の挨拶だけでも自分からできるようになりましょう。また、挨拶は相手に聞こえないと挨拶とは言えません。

できるなら挨拶くらいは元気よくすればあなたの印象も変わります。

人に興味をもつ

コミュ症から克服する方法は他人に関心、興味をもちましょう。コミュニケーションをとる意欲は他人に関心がないと意欲がなくなります。

もし、あなたが他人とのコミュニケーションをうまくしたいと思うなら他人に関心をもちましょう。

他人を知りたいと思う気持ちがあれば自然と自分からコミュニケーションをとるようになります。

他人の趣味や好きな事を知りたい気持ちがあれば当然相手に質問をしないとわかりませんよね。

こういった事からも、コミュ症から克服するには他人に興味を持つようにする事です。好奇心を持ち周囲に目を向けてみましょう。

コミュ症を克服しよう!

この記事では、コミュ症の意味やコミュ症の特徴から克服方法を書いていきました。

コミュ症は話す事ができない事を指すよりもうまく人とコミュニケーションがとれない事を表しています。

コミュニケーションがうまくとれないと人間関係もうまく築けません。これはもったいない事だと思います。

是非コミュ症を克服して人間関係を築けるようになりましょう。人間関係かうまく築けるようになれば仕事も恋愛もうまくいくようになります。

もし、あなたがコミュ症で悩んでいるのなら是非この記事を参考にしてコミュ症を克服しましょう。

コミュニケーション能力が高い人の特徴とコミュニケーション能力を高める方法コミュニケーション能力が高い人の共通点や特徴とは。コミュニケーション能力を高める方法は?コミュニケーション能力が高い人の特徴と高める方法を書いていきます。...
会話に困った時の会話のネタや話題とは|会話を続けるコツを紹介会話に困ったり盛り上がらない時の盛り上がる会話のネタや話題とは。会話を続ける方法とは。盛り上がる会話のネタや話題と会話を続けるコツを書いていきます。...
この記事を書いた人

はじめましてサイト運営者のイガエモンです。バツ1再婚している40代です。会社で管理職まで出世したけど現在はフリーライター。人生山あり谷あり。

仕事や恋愛など今まで学んだりわかったことや知りたい事や興味がある事を皆さんにも伝えていきたいです。

恋愛から仕事までの経験を踏まえて皆さんの人生や生き方など何かと役立つ記事を書いていきたいと思います。

詳しいプロフィールはこちら

関連記事