仕事

ブラック企業の特徴とは!あなたの会社はブラック企業?

今ではあたりまえになったブラック企業という言葉。
ブラック企業は社会問題にもなっていますし、メディアやネットニュースなどにも話題になりますよね。

長時間労働や残業未払いなどいろんなブラック企業がありますが、

ブラック企業といっても、会社のホームページなどや外面だけではわからなくて実際に就職してみないとブラック企業なのかははっきり判断できませんよね。

ブラック企業の典型的な特徴やどんな共通点があるのでしょうか。

自分が働いている職場はブラック企業なのかわかりにくい部分もありますよね。この記事ではブラック企業の特徴を書いてみました。

ブラック企業の特徴

ブラック企業と呼ばれる、労働環境が酷い会社にはいったいどんな特徴があるのでしょうか?

自分の働いている職場にも特徴を当てはめてみて当てはまる特徴が多いとブラック企業かもしれませんよ。

ブラック企業の特徴を紹介していきます。

ブラック企業特徴1残業時間が多い

ブラック企業の特徴と言われるのが残業時間が長い事ではないでしょうか。普通の会社でも残業はありますよね。

しかしブラック企業は毎日毎晩深夜近くまで残業したりしています。

まあ忙しい時期は遅くまで残業する事はあるとは思いますが、それが常時、常に毎日夜遅くまで残業する事があたりまえになっている企業はブラック企業といえると思います。

残業時間が80時間を超えているのならほぼブラック企業ですよ。毎日企業に拘束されている時間が長いとプライベートの時間も少なくなってしまいます。

ブラック企業特徴2サービス残業がある

ブラック企業のわかりやすい特徴として、残業代の未払い、サービス残業がある事です。こういう特徴に当てはまる企業は典型的なブラック企業です。

サービス残業を強要したり、強制したりするのがブラック企業です。タイムカードなどを押して定時に退社したようにしてその後も普通に働いたりと結構悪質な行為だと思います。

あたりまえですが、サービス残業は労働法で禁止されていますから法律違反です。

また、サービス残業の証拠を残らないようにしているようであればかなり悪質な会社だと感じます。

このようなサービス残業があたりまえの行為が常態化している場合は、ブラック企業と認定されるでしょう。

ブラック企業特徴3辞める社員が多い

ブラック企業の特徴として離職率が高い、会社を辞める人が多い事か挙げられます。

離職率が高かったり勤続年数が短かったりするような会社はブラック企業の可能性が高いです。会社を辞める離職率が高いって事は何かしらの理由があるのはわかると思います。

離職率が高いほど労働環境が悪い可能性が高いわけです。

酷い労働環境であれば当然離職率は高いですから、もしも3年以内に辞める人が多いならブラック企業の可能性が高いですよね。

まあ、こういう特徴はわかりやすいんだけど、社員の勤続年数や離職率を公表しているような会社はあまり多くないので、調べようがないんですけどね。

ブラック企業特徴4新卒、中途採用が多い

ブラック企業は上に書いたような特徴があるので離職率が高いような会社は社員が常に不足していますから新卒や中途採用が多いです。

こういう新卒や中途採用が多いという特徴も典型的なブラック企業の特徴です。

ブラック企業は常に求人をだしていたりしますので、よく求人広告をだしていたりするような会社はブラック企業の可能性がありから気をつけなければならないならないです。

毎年大量に社員を採用していたり、常に求人広告をだしても、会社の社員数が増えていないような企業はブラック企業と言えると思います。

ブラック企業特徴5退職させてくれない

ブラック企業の特徴とし、一度入社するとなかなか辞めさせてもらえない特徴があります。
ブラック企業は入社するとなかなか簡単に退職させてもらえません。

上にも書きましたがブラック企業は離職率が高いので、いつも人材不足におちいっている可能性がある為に会社側は辞めようとする社員をいろんな手口で引き留めようします。

このようなブラック企業は労働環境が過酷なので社員は辞めたくなりますが、そう簡単に辞めさせてくれません。こういう特徴もブラック企業ですね。

ブラック企業特徴6ハラスメントが横行してる

パワハラ、モラハラのようなハラスメント、怒鳴る、暴力、暴言、いじめのような行為があたりまえに横行しているような企業は間違いなくブラック企業です。

ブラック企業の特徴はこういうハラスメントが横行している特徴があります。そういう会社は労働法などの法律を守る意識も低いです。

ブラック企業では、こうした精神的・肉体的なモラハラやパワハラにより心や体を病んでしまう人が多くなっている現状があります。

職場でモラハラやパワハラがあたりまえにあるような企業は典型的なブラック企業だと言えます。

ブラック企業特徴7就業規則などのルールがない

就業規則とは会社と従業員との間に設けられているルールの事です。ルールは例えば労働時間や賃金や休日などがあります。

労働基準法89条では常時10人以上の労働者を使用する事業場では就業規則を作成しなければなりません。

10人未満でも本来なら就業規則がないような会社はルールが明確されてない以上、経営者が好き放題できるのでそういう会社はブラック企業の可能性があります。

また、ブラック企業によくあるのが就業規則が作られていない、規則があっても誰も見られないようになっている事が多いです。

就業規則のようなルールがないのは怖いですよね。経営者の意識が低いわけですから。

ブラック企業特徴8年間休日が少ない

ブラック企業の特徴として年間休日が少ない特徴がありますよね。皆さんの会社は年間休日はは少ないですか?年間休日が2桁であれば少ない部類に入ります。

年間休日だけでなく、休日出勤があたりまえだったりするような会社も気をつけるべきです。

休日出勤があたりまえような会社は残業もあたりまえなので、そういう会社はなかなか定時に退社しにくいし、休日出勤も断りにくいような会社の可能性が高いです。

ブラック企業は会社全体の雰囲気がこういう事を当たり前として諦めていたり、当然だと考えているという傾向があるのです。

その為に定時で退社したり、休日出勤を拒んだりするといった事をしにくくなっています。

ブラック企業は有給休暇をとりにくいので、さらに年間休日は少なくなりますよね。このような年間休日が少ない企業はブラック企業の可能性が高いです。

ブラック企業特徴9精神論、根性論が多い

典型的なブラック企業の特徴として、あたりまえのように精神論や根性論が多く、特に会社の社長が常に精神論や根性論を振りかざすようであればブラック企業の可能性が高い傾向にあります。

体育会系のノリのような企業はブラック企業候補なので気をつけましょう。

また、会社の社長が何かというと精神論や根性論を押し付けてくるような企業はブラック企業によくある特徴です。

ブラック企業は結構何かあると精神力、気合、やる気などのような精神論や根性論に近い言葉をよく聞きますよね。

こういう言葉で問題を正当化しようとしている企業はブラック企業の可能性が高いです。

ブラック企業特徴10.アットホームな会社と自称している

ハローワークなどの求人や社員募集の広告などで、よくアットホームな会社、アットホームな職場という言葉をよく目にすることはありませんか?

ブラック企業はアットホームという言葉をよく使います。なので求人募集などにアットホームな会社やアットホームな職場と書かれていたら気をつけるべきです。

全ての会社がブラック企業だとは思いませんが、アットホームという言葉をよく使う会社はブラック企業が多いです。

ブラック企業がよくアットホームという言葉を使う理由は簡単でそれしかアピールできないからなのです。

なので、企業のホームページや求人広告にアットホームを使用している会社は注意しましょう。

 

ブラック企業特徴11昇給がない、または少ない

ブラック企業の典型的な特徴は、昇給が少ないまたは昇給がない事です。

普通の会社なら勤続年数が多くなるにつれて給料が上がっていきますよね。しかし、ブラック企業は、昇給が少なかったり、昇給がないのです。

ブラック企業の多くが人件費を安くし、社員を酷使して会社の利益をあげていくという姿勢です。いくら社員が頑張っても給料で報われる事はありません。

こういうブラック企業は結構多く存在しています。

いくら残業手当をあげたりしていたとしても、昇給が少なかったり、昇給がない場合はブラック企業の可能性が高いです。

転職したり求職する時はこういう事をしっかりと確認しましょう。

ブラック企業特徴12いつも求人募集している

ブラック企業は離職率が高いために常に人手不足になっている企業が多いです。

この為にブラック企業は常に求人を募集している特徴があります。このいつも求人を募集している特徴はブラック企業の典型的な特徴です。

なので、もしも、いつもよく募集している企業であれば気をつけるべきです。ブラック企業は社員を使い捨てるような考えをしているので、離職率が高いです。

その為に、慢性的な人手不足になっているのでブラック企業は求人募集をいつもだしていたり、長期的に求人募集をしています。

就職活動をする時はこのような事も注意して転職しましょう。

ブラック企業特徴13うつやノイローゼになった社員がいる

ブラック企業は社員を酷使するような過酷な労働環境な職場が多いです。

毎日深夜残業があたりまえだったり、休日が少なく、プライベートがなかっりします。このような労働環境が悪いので心や身体が病んでしまう人も少なくありません。

なので職場にノイローゼになったり、鬱になったりした社員がいたり、または過去にそういった鬱やノイローゼになった社員がいたりします。

こういった事からもブラック企業の特徴として鬱やノイローゼになった社員がいる特徴があるのです。

普通の会社ならこういった社員がいたら労働環境を改善したり、何かしらの対策をしたりしますよね。しかし、ブラック企業は労働環境を改善したりしません。

ブラック企業特徴14ネットの口コミが悪い

ブラック企業はネットの口コミが悪い特徴があります。

現在はインターネットがあたりまえになるくらい普及しているので、理不尽な事があって会社を辞めた人は結構口コミにいろいろ書き込んでいたりします。

インターネットの書き込みを全て鵜呑みにするのは危険なのですが、少なからず参考にはなります。また、以外にネットの反応はあたっていたりするものです。

もしも、転職したり求職活動をする時はネットの口コミも参考にしてみるのもいいと思います。

出世する人の共通した特徴とは!あなたは将来出世する人?出世する人の習慣、行動、性格などの共通した特徴とはどんな特徴があるのか。出世する人の共通した特徴を書いていきます。...

ブラック企業特徴まとめ

ブラック企業の特徴を紹介しましたが、まとめてみると下の9個の特徴があります。

・残業時間が多い
・サービス残業がある。
・辞める社員が多い
・新卒、中途採用が多い
・退職させてくれない
・ハラスメントが横行してる
・就業規則などのルールがない
・年間休日が少ない
・精神論、根性論が多い
・アットホームな会社と自称している

・いつも求人募集している
・うつやノイローゼになった社員がいる
・ネットの口コミが悪い

皆さんの職場は該当項目がいくらありますか?半分以上あれば結構ヤバいと思います。

ブラック企業の典型的な特徴は残業時間が多い、サービス残業、辞める人が多い離職率が高い、年間休日が少ないという特徴があります。

残業時間は忙しい時なら遅くまで残業はわかるけど毎日毎晩遅くまで残業で日常的に遅くまで残業しているのなら結構危ないかもしれないよね。

残業が長くて休日少なかったらプライベートの時間がかなり少ないのでなかなか良い企業だとら言えませんよね。

大企業だけでなく中小企業、零細企業も労働環境の改善に取り組んで欲しいです。社員を大事にして欲しい、使い捨ての道具なんじゃないんだからさって言いたいですよね。

企業はもう少し社員を大切に扱ってほしいものです。奴隷じゃないんだから。もしも、あなたの職場がブラック企業だったら転職するのが1番おすすめです。

職場でのモラハラについて!モラハラはどういう行為がモラハラになるのか?職場で起きるモラハラについて、どういう行為がモラハラになるのかパワハラとモラハラの違いは何?職場のモラハラの現状はどうなっているのか職場で起きるモラハラにつて簡単に紹介します。...
マタハラとは?マタハラの実態とマタハラの現状マタハラについて、どんな行為がマタハラになるんか、マタハラの法律はどうなっているのか、マタハラの実態と現状について紹介します。...
パワハラとは!パワハラの種類とパワハラの定義は?パワハラについて、パワハラとはどんな事を言うのか?パワハラの種類とパワハラの定義について、簡単に説明します。...

終わりに

今回はブラック企業の特徴について書いてみました。ブラック企業は相変わらず日本に数多く存在していますよね。

国が本格的に改善に取り組んでいかないと労働環境は改善されていかないと感じます。

私個人もブラック企業で働いた経験がありますが、会社全体、社員の感覚がおかしくなってると感じました。

残業、休日出勤はあたりまえだったし、休日出勤断りにくくて毎日毎晩残業していました。

求人には年間休日100日くらい書かれていましたがいざ働いてみると休日出勤が多くて週1休みがあたりまえだったりしてほとんどプライベートの時間はないし、

休みの日は身体を休めたくなって遊んだりもあまりしなかったです。

人それぞれ価値観があるので仕事がいきがいだったり仕事大好き、仕事が趣味なら毎日毎晩残業、休日出勤はいいのかもしれませんが、私は耐えられなくなり結局辞めてしまいました。

誤解がないように言いますが私個人は、人それぞれ考え方があるし、人それぞれ仕事の価値観も違うと思いますので、残業が悪いとか、残業良いとか言うつもりはありません。

ビジネスに役立つ法則や仕事で役立つ法則を紹介していきます!仕事やビジネスに役立ついろんな法則を紹介します。...
関連記事