ライフスタイル

クチャラーの特徴や原因とは。クチャラーを治すための改善方法って?

皆さんはクチャラーという言葉を知っていますか?食べる時にクチャクチャ音を出すクチャラー。食事のマナーが悪いと周りに不快感を与えてしまいますよね。

男女問わず食べ方が汚いクチャラーなだけで悪いマイナスなイメージを抱かれます。このような事からも食事のマナーは大人としてしっかりと身につけたいものですよね。

そんなクチャラーな人は意外に数多く存在しています。そこで今回はクチャラーな人の特徴から原因、クチャラーを治す方法を紹介しています。

クチャラーに悩んでいる人やクチャラーを治したい人は是非参考にしてみてください。

クチャラーとは

クチャラーとはクチャクチャ音を出しながら食事をする人の事です。食べ物を噛み砕く音は口を閉じていても少なからず音はしますよね。

しかしクチャラーの場合はその音が大きくクチャクチャと耳障りの悪い音を出してしまいます。クチャクチャと音を出して食べているような食べ方が汚いと周囲に不快感を与えています。

クチャラーとは、食べている時に口の中を見せる見せないは重要視されていません。あくまでも大きな音をクチャクチャと出しているかが重要ですね。

クチャラーな人の特徴

基本的にクチャラーな人は食事のマナーが悪いと思われてしまいますよね。

そんなクチャラーにはその他にどんな共通点があるのでしょうか。クチャラーな人の特徴を簡単に書いていきます。

基本的に無自覚

食べ方が汚いクチャラーは基本的に自覚していません。ほとんどのクチャラーは自分の食べ方が汚くて周りに不快感を与えていると気づいていないのです。

自分で自覚していないのでクチャラーはクチャクチャと大きな音を出していても自分では気づいていません。

その為に、クチャラーな人の多くが周りから指摘されたり言われないと気づくのは非常に難しいですね。

本人は自分が食事のマナーが悪いとは思っていないので自然と治すのは難しい現実があります。

社会的なマナーも悪い

クチャラーの人は食事のマナーだけでなく社会的なマナーも悪い人が多いです。これは、クチャクチャ音を出して食べるという事はその他のマナーにも関心が低いという事なんです。

もし、マナーに関心があれば食事のマナーも積極的に学ぶはずですよね。社会的なマナーや礼儀作法に関心があれば自然と食事のマナーにも関心が生まれます。

このような事からも、クチャラーな人の多くが社会的なマナーやルールに関心がありません。

こちらの記事も参考に▽▽

常識がない非常識な人の特徴は。非常識な人の付き合い方や改善方法とは。非常識な人によくある共通した特徴を紹介します。。あなたは非常識な人ですか?非常識な人だと思われないようにするためにも非常識な人によくある特徴を参考にして気をつけてください...

鼻呼吸ができない

クチャラーな人は鼻呼吸が苦手だったり鼻呼吸をしていない人が多いです。これは、クチャラーになる原因として鼻呼吸ができないからです。

鼻呼吸ができないと自然と口呼吸になりますよね。口呼吸は口を開けないとできません、これは当然当たり前の事です。

問題は食事をしている時も口呼吸が多いと自然とクチャラーになってしまう事です。鼻呼吸をしていない、鼻呼吸が苦手な人は食べている時も口呼吸をするわけです。

口呼吸が癖になっていると食べながら口呼吸をするので自然とクチャクチャ音を出してしまいます。その結果クチャラーになってしまうわけです。

意外にもクチャラーの人の中には口呼吸が多く口呼吸が癖になっている人も多いです。この原因は鼻呼吸を普段からしていないからでしょう。

または、鼻呼吸が苦手だったりする人も必然的に口呼吸が多くなるので口呼吸が癖になりやすいですね。

参考記事▽▽▽

食べ方が汚い人の特徴と改善方法とは!あなたは食べ方が汚くないですか?食べ方が汚い人の食べ方の特徴とは。食べ方が汚い人の改善方法って?食べ方が汚い人の特徴と食べ方が汚い人の改善方法を書いていきます。...

クチャラーになる原因は

最初からクチャラーだった人はなかなかいません。さらには自分から積極的にクチャラーになろうとする人はいませんよね。

クチャラーのほとんどが何かしらの原因や理由があってクチャラーになっているわけ。また、クチャラーを治したいならまずは原因を知る事が大切ですよね。そこでクチャラーになる原因を書いていきます。




口を開けながら食べてる

クチャラーになる原因として1番多い根本的な原因は口を開けて食べているから。これがクチャラーになる根本的な原因ですね。

クチャラーな人は無意識に口を開けて食べているのでクチャクチャ音を出してしまいます。特に口呼吸が癖になっている人はクチャラーになりやすい傾向があります。

本来であれば鼻呼吸をしながら食べているわけですが、花粉症や鼻炎などになっていたりすると鼻呼吸が難しいくなります。

その為に口呼吸になってしまう人もいますね。また、基本的に口呼吸が多いとクチャラーになりやすいわけですね。

噛み合わせが悪い

クチャラーになってしまう原因は歯並びが悪く噛み合わせが悪い事です。歯並びが悪く噛み合わせが悪いとうまくよく噛む事が難しくなる場合もあります。

噛み合わせが悪い場合は無意識に片方の口で噛んだり、口の中で食べ物を転がしたりするので口を開けやすくなります。その結果、クチャクチャと音を出してしまうわけですね。

幼い頃に教育していない

食事のマナーは幼い頃の家庭環境が影響している可能性も非常に高いです。幼い頃に親から教育、しつけがされていないと必然的に食事のマナーも悪くなりますよね。

クチャクチャと音を食べるような汚い食べ方を親から指摘されたりしないとクチャラーになってしまうのは当然です。

特に食事のマナーは幼い頃からの習慣が影響しています。大人になってもクチャラーな人は幼い頃に親から教育をされていない可能性が高いです。

なぜなら、口を閉じて食べたり、音をなるべく出さないように食べるのは子供の頃から教育されていないと癖になります。

食事のマナーも社会的なマナーも子供の頃の家庭環境は非常に大きな影響があります。さらには親がクチャラーな人も必然的にクチャラーになりやすいでしょう。

残念ながら大人になればなるほど他人からクチャラーを指摘したりするのは難しくなり、治すのも難しくなりますね。

親から幼い頃にしっかりと教育されていないとクチャクチャ音を出す事が習慣になりやすいわけです。習慣になるとなかなか治すのは難しいですね。

1度に沢山食べようとする

クチャラーになる原因は1度に食べる量が多いからです。クチャラーの多くが1度に沢山の量を口に入れやすい傾向があります。

当然、1度に沢山の量を口に入れると口を開きやすくなりますよね。また、沢山の量を口に入れると必然的に噛み砕く音も大きくなりやすいわけです。

このような事からもクチャラーになる原因の1つが1度に沢山の量を食べるからでしょう。

食べ方や姿勢が悪い

口に沢山の量入れたり、口を開けて食べるのがクチャラーになる原因になりやすいですが。その他にも食べ方や姿勢が悪い場合もクチャラーになる原因になりやすいです。

食べ方が悪いとは片方の口だけで食べたり、前歯を使いすきだりなど様々な食べ方が悪い場合です。

また、舌を出しながら口に食べ物を運ぶ迎え舌も食べ方が悪いです。このような食べ方が悪い場合もクチャラーになる原因になります。

こちらの記事も参考に▽▽

育ちが悪いと思われる人の特徴とは。育ちが悪いことの改善方法は。育ちが悪い人の習慣や性格、行動などの特徴とは。育ちが悪い人の改善方法はあるのか。育ちが悪い人の特徴と改善方法を紹介していきます。...

鼻炎

クチャラーになる原因の1つとして鼻炎がクチャラーの原因になっているケースも意外と多いです。もし、あなた自身が鼻炎であればそれが原因でクチャラーになっているかもしれません。

慢性鼻炎になっていたりすると常に鼻が詰まっている状態になりやすいですよね。鼻が詰まっていると自然と口呼吸になってしまうのでその影響によりクチャラーになってしまうわけです。

鼻が詰まっていると口呼吸になりクチャクチャと音を立てやすくなりやすいので鼻炎はクチャラーになる原因と言えるでしょう。

またその他にも鼻炎の人はそもそも常に鼻が詰まっているので食べ物を食べる時以外にも口を開きやすくなってしまいます。鼻炎の人はクチャラーになりやすいとも言えます。

食べながら話しているから

クチャラーになる1番の原因は食べている時にお喋りをするからです。食べながら話そうするとクチャクチャと音を立てやすくなりクチャラーになってしまうんです。

何故食べながら話そうするとクチャラーになってしまうのでしょうか?それは食べている時に話そうすると自然と口は開いてしまいますよね。

その為に、日頃から食事中に食べながら会話をしている人はクチャラーになってしまうのです。食事中に会話をする事は悪い事ではありません。

しかし、食べながら会話をするのはマナー違反と言えます。話す時は食べながら会話をするのではなく口の中の食べ物を食べ終わってから話しをしましょう。

加齢のせい

クチャラーになる原因の1つに加齢による噛む力の衰えがあります。年を取ると入れ歯や歯が減るなどによりクチャラーになるケースも多いです。

どうしても年を取ると噛む力が衰えてしまうなどにより噛みづらくなってしまいますよね。噛む力が衰えてしまうと、どうしても口の上下運動が大きくなってしまいます。

その結果、無意識に口を開きながら食べてしまいクチャクチャと音をたてながら食べてしまうのです。

クチャラーが嫌われる理由は

クチャラーに対してネガティブなイメージを抱いてしまう人が多いのが現実ですよね。クチャラーを嫌う人が多いのは何故なのでしょうか?

クチャラーはどんな理由で嫌われてしまうのか。ここからはクチャラーが嫌われてしまう理由を紹介していきます。



不快に感じるから

クチャラーが嫌われてしまう理由として1番多いのがクチャクチャとした咀嚼音が不快に感じるからでしょう。意外と人の咀嚼音に対して苦手だったり嫌な気持ちになる人が多いんです。

その為にクチャクチャと音を立てて食べている人に対して嫌な気持ちになってしまうのです。人は基本的に不規則な音や不規則な高さの音に対して不快に感じてしまうもの。

特に粘度があるような音に対して不快な気持ちになりやすいのです。その為にクチャクチャとしたクチャラーに対して不快な気持ちになり嫌になるわけです。

食事のマナーが悪く感じるから

クチャラーが嫌われてしまう理由の1つは食事のマナーが悪く感じてしまうからです。マナーがしっかりしていないと非常識な人だと思われてしまいます。

その為にクチャクチャと音を立てて食べるクチャラーは非常識な人、育ちが悪い人だと思われてしまいます。特に食事のマナーが悪いのは周りに不快感を与えてしまい印象も悪くなってしまうんです。

食事の時に口を開けながら食べるという行為は一般的な常識で考えるとやはり非常識だと思われてしまいやすいんですね。今現在の社会では暗黙のルールなマナーが存在していますよね。

そのマナーやルールを守れていないと印象も悪くなりやすいです。その為にクチャラーは非常識だと思われて嫌われやすいと言えるでしょう。

注意や指摘しにくい

クチャラーが嫌われやすい理由はなかなか指摘や注意ができないからです。クチャラーと一緒に食事をして指摘したり注意できる人は少ないです。

はっきりと相手に恥をかかせるようなことを指摘したり注意するのは非常に勇気がいりますよね。

些細なことであれば簡単に注意したり指摘することができますが、クチャラーの場合ははっきりと指摘できません。

内心では不快感な不愉快な気持ちを感じていても…それをはっきりと指摘できないので余計にイライラしてしまうんです。

クチャラーを改善する方法

ここまでクチャラーの人の特徴や原因を書いてきました。クチャラーなだけで周りから悪い印象を抱かれてしまいます。

食事のマナーが悪いのは意外にも目立つのでなるべく治した方がいいですよね。クチャラーにならないように日頃から気をつけていきたいものです。そこで、クチャラーを改善し治す方法を簡単に書いていきます。

まずは自覚する

クチャラーを改善するにはまずは自覚する事。しかし、自分で自覚するのは難しいのがクチャラーです。

どうやって自覚すればいいのか、簡単な方法は周りに聞いてみる事。さらには動画で撮影してみる事です。

特に動画で撮影するのは非常に手軽な方法なのでおすすめしたいですね。1番のクチャラーを改善するのが難しいのが自覚していない事なんです。

なかなか他人から指摘するのは難しいのが現実。他人や周りから指摘されていないからクチャラーではないとは言えません。親友に素直にクチャラーかどうか聞いてみるのも有りです。

食事中の音に意識してみる

上にも書いた通りにクチャラーは自覚していません。自分でクチャラーと自覚するのが難しいのがクチャラーを治すのが難しい理由。

クチャラーかどうか確認する方法は食事中の音に意識してみましょう。食事をしている時の音をよく聞くようにしてください。

自分自身がクチャラーであればクチャクチャ音を出しているわけなのでその音に敏感になりましょう。

食事中の音に意識して敏感になる事で自覚するだけでなくクチャラーから改善する第一歩になりますよ。

食事のマナーを良くすれば自然とあなた自身の魅力が高まります。なので積極的に食事の音を意識してください。

口を閉じて食べる

クチャラーを治す方法は根本的な原因になりやすい口を開ける事を少なくする事。クチャラーの多くが口を開けながら食べていてそれが原因でクチャクチャ音を出すわけです。

なので口を閉じて食べるように意識するだけでもかなり改善されますよね。口を開けないように意識するよりも口を閉じて食べるように意識してください。

特にテレビやスマホ見ながら食べている人は食事に集中してみましょう。食事に集中してなるべく口を閉じて食べるよう意識してください。

誰もいなくても口を閉じて食べるようしていけば自然とそれが習慣になります。

まずは口を閉じて食べるようして習慣に癖になるようになるまでは意識して食べましょう。徐々にそれが癖になり習慣になりますよ。

少量ずつ口に入れる

口を閉じて食べるようするにはどうしたらいいのでしょうか。それは、簡単で少量ずつ口に入れる事です。

クチャラーの人の中には沢山の量を口に入れて食べている人がいます。当然沢山の量を口に入れているので自然と口を開いてしまいます。

こうならない為にも少量ずつ口に入れて食べるようにしてみましょう。少量ずつ口に入れて食べるようすれば口を開けないで食べれます。さらには噛み砕く音を小さくできます。

少量ずつ口に入れて食べるようするだけでもクチャラーを治す事ができるのです。クチャラーから抜け出すには日頃から誰にも見られていない時も常に少量ずつ口に入れて食べるようする事。

根気よく続けていけばそれが当たり前になりますよ。少量ずつ口にして食べるようすれば品のある人にも見られやすく上品になれます。

食事のマナーに注意を払う

1番大事な事は食事のマナーが悪いと周りに少なからず不快感を与えるのを理解する事。あなたの食事マナーが悪いだけであなた自身の印象だけでなく周りにも悪影響を与えています。

これを理解し認識してください。こうする事でクチャラーな食べ方だけでなく他の食事マナーにも注意を払う事ができますよね。

食事のマナーを理解したいなら積極的にそれを学ぶ事です。箸の持ち方やなどの食事のマナーを学びましょう。

いくらクチャラーを治しても迎え舌や犬食いのような食べ方をしているのでは意味がありませんよ。クチャラーだけでなく他の食事マナーができているか1度は見直してみましょう。

クチャラーを治すのを良い機会だと考えて根本的な食事マナーを勉強してください。食事マナーができているとそれだけでもあなた自身の印象が変わりますよね。

クチャラーな人の対処法は?

ここまではクチャラーの特徴から治し方まで紹介していきました。それでは、身近にクチャラーがいたらどうしたらいいのでしょうか。

皆さんのなかには身近にクチャラーがいてどうしたらいいのか悩んでいる人も多いはず。ここからは、クチャラーな人の対処法を簡単に紹介していきます。



優しく注意してみる

友人や恋人などある程度は親しい間柄であれば優しく指摘してみることでクチャラーだと自覚させることができます。

ここで気をつけなければいけないのが強く否定したり人格を否定するような厳しい指摘や注意はしないこと。

このようなキツイ指摘や注意は逆効果になり人間関係も悪化してしまう可能性が高くなります。クチャラーな人に対しては優しくやんわりと注意をしてみましょう。

クチャラーだと自覚させる

やんわりと注意したり遠回しに注意しても治らない気づかない人に対してはちゃんとはっきりと指摘してみること。

しかし、ある程度は相手との信頼関係がないとはっきりと指摘しても嫌われるだけなので気をつけましょう。クチャラーな人は、そもそも自分ではクチャラーだと自覚していません。

自分でクチャラーだと自覚しない限りクチャラーは治らないんです。もし、友人や恋人などの親しい人がクチャラーだった場合はちゃんと相手に自覚させましょう。

諦める

クチャラーは育った環境が原因だったりするとなかなか治すのが難しいのが現実です。何度も何度も指摘すると指摘した人もされた相手も嫌な気持ちになります。

そもそも人間は簡単には変わらないので指摘しても治らない場合は諦めることも必要です。人は簡単には変わらないので変わらないことに何度も何度も指摘しても疲れるだけなんです。

特にクチャラーはくせになっている人も多いので治すことは困難な場合も非常に多いです。また、本人が治す気持ちがないとクチャラーは治らないので本人に治す気持ちがない場合は諦めましょう。

一緒に食事をしない

クチャラーに対してイライラしたり不快感を感じてストレスが溜まってしまうのなら一緒に食事をしないのも1つの対処法です。

クチャラーとの食事を避けることで不必要な不快感やイライラを感じません。せっかくの美味しい食事もクチャラーが酷いと楽しい食事ができなくなる場合もありますよね。

もし、クチャラーと一緒に食事をしなければいけない時でも、距離を置いたりすればクチャラーにイライラしません。

もし、クチャラーにイライラして我慢できないと思うなら、まずは食事を一緒にしないようにしてみましょう。

食事中はクチャラーとは話さない

クチャラーになるのは食べながら話をしているのが原因だったりするので食事中はクチャラーと話さないようにしましょう。

クチャラーには、できるだけ話さないでこちらから話題を振らないようにしましょう。クチャラーの多くが食事のマナーが悪いので、このようなタイプは食事中には話題を振らないこと。

クチャラーかは話題を振られたりしても単調な会話で辞めたり食事中はなるべくクチャラーとは会話をしないこと。

クチャラーを治そう!

今回はクチャラーな人の特徴からクチャラーの原因、治し方を紹介させていただきました。身近にクチャラーな人がいると食事が楽しく感じられません。

それだけ食事のマナーが悪いと周りに不快感を与えてしまいますよね。食事のマナーが悪いかどうか1度は見直してみましょう。

食事のマナーが良くなるだけでもあなた自身の印象は変わるものです。なので、もしあなた自身がクチャラーなら積極的に改善してみましょう。

関連記事▽▽▽

嫌われる人の特徴と嫌われる理由や原因。嫌われる人から抜け出す方法は嫌われやすい人に共通した、行動、性格など特徴とは。嫌われる原因や理由とは。嫌われる人から抜け出すには。嫌われる人の特徴や理由、原因と嫌われる人から抜け出す方法を書いていきます。...
デリカシーがない人の特徴と対処法とは。デリカシーがないのを治す方法。デリカシーとは。デリカシーがない人の性格や内面の特徴とデリカシーがない人の言動の特徴を書いていきます。デリカシーがない人との付き合い方は対処法とデリカシーがない人の治す方法を紹介。...
トラブルメーカーの特徴とは。トラブルメーカーの対処法や付き合い方は?人間関係などでトラブルを引き起こすしてしまうトラブルメーカーな人っていますよね。そんなトラブルメーカーにはどう対処したらいいのでしょうか。今回は、トラブルメーカーの特徴から付き合い方や対処法を簡単に紹介していきます。...
この記事を書いた人

はじめましてサイト運営者のイガエモンです。バツ1再婚している40代です。会社で管理職まで出世したけど現在はフリーライター。人生山あり谷あり。

仕事や恋愛など今まで学んだりわかったことや知りたい事や興味がある事を皆さんにも伝えていきたいです。

恋愛から仕事までの経験を踏まえて皆さんの人生や生き方など何かと役立つ記事を書いていきたいと思います。

詳しいプロフィールはこちら

    

おすすめ記事