経済

中国GDP米国逆転するの?中国経済はアメリカを抜いて1位なれるのか?

近年の中国経済の成長は著しいのは皆さんわかりますよね。

今現在、GDPはアメリカが1番です。2番目に中国がいます。果たして中国のGDPはアメリカを逆転して1位になれるのでしょうか。

近年中国経済はまだまだ勢いがあります。どこまでアメリカの経済、GDPに迫れるのか気になりましたのでいろいろ書いてみたいと思います。

中国GDPとアメリカGDPなどを比較しながら中国がアメリカ逆転して1位になれるのかについていろいろ考えみたいと思います。

中国アメリカGDP比較

中国とアメリカのGDPはどう推移していったのか、差が縮んでいるのかを調べてみました。

アメリカと中国のGDP推移を線グラフで比較してみようと思います。

結果は以下の通りになりました。

中国とアメリカのGDPの推移

思っているよりも縮んでいないと感じるのは私だけですかね。
中国も一生懸命にアメリカを追いかけてるのはこのグラフからわかるとは思います。実際の数値で見てみると、

アメリカGDPは約20兆ドル、中国GDPは約14兆ドルでアメリカと中国のGDPの差は約6〜7兆ドルの差があります。

この差がなかなか縮んでいないと思いますが、だからといって中国とアメリカのGDPの格差が広がっているわけでもないので、

今後の中国とアメリカの経済がどうなっていくのか次第では中国は逆転できる可能性は充分あるんじゃないのかなと私個人は感じています。

 

中国アメリカの一人あたりのGDP比較

さて、なかなか中国とアメリカのGDPの差が縮んでいないのはなんでなのか、中国がアメリカのGDPを逆転する為に必要な事はなんなのか。

中国とアメリカの一人あたりのGDP推移を線グラフをにて比較してみました。

結果は以下の通りになりました。

中国とアメリカの一人あたりGDPの推移

このグラフを見て、1番感じるのがアメリカの一人あたりのGDPが右肩上がりでしっかりと成長していますね。

これは日本も見習って欲しいと感じています。逆に中国はあまり右肩成長しているとは感じれないグラフになっています。

中国とアメリカの1番の違いは人口ですよね。
中国は約14億人いて、アメリカは約3億人います。

アメリカの4倍くらいの人口がいる中国。
これだけ人口に差があるので労働力なら中国の方があるし、人口が多い分国内の需要もあるので人口だけで見れば今後の中国経済はまだまだ伸びしろがあると思う。

このグラフを見れば中国の一人あたりのGDPはかなり低いのはよくわかる。
この一人あたりのGDPをあげていく事が中国がアメリカを抜く為に必要な事です。

一人あたりのGDPだけで見れば中国経済はまだまだ伸びしろがあるのはこのグラフでもわかるよね。
今後の中国がアメリカを逆転する可能性はこの一人あたりのGDPをどこまであげていけるのか次第だと思います。

 

アメリカ中国の今後の経済予測

今までのGDPの推移は上にも書いた通りです。
今後の中国、アメリカの経済見通しはどうなっているのか、アメリカ中国の今後の経済予測、GDPはどうなっていくのか。

調べて見ました。

その結果は以下の通りになりました。

中国とアメリカのGDP見通し予測

描線の部分が予測となっています。
ちなみにこれはあくまでも予測なので、実際どうなるのかはわかりません。

しかし、このグラフを見れば2024年のアメリカと中国のGDPの格差は今よりも縮んでいます。
アメリカに接近、迫るようなGDPの成長を予測されているようです。

このような予測をみてもわかるようにアメリカと中国の経済は逆転しないとは言い切れないと思います。

まだまだアメリカと中国のGDPは差があるんだけど、GDPの推移と今後の予測を見るかぎりこれから先、中国がアメリカを抜いてGDP1位になる可能性は充分あると思います。

近い将来は無理だけど10年後はもしかしたら中国がGDP1位になっているかもしれない。

GDPランキング2019、経済成長率ランキング日本は何位?GDPランキング2019、経済成長率、GDP成長率ランキング2019。 日本の順位は?...
【最新版】2020年世界経済の見通しと日本経済の見通し!OECDとIMFの2020年の世界経済の見通しと日本経済の見通し。 各国の経済成長率をかきました。 内閣府による日本経済見通し。...
2020年のアメリカ経済見通しを考えてみる!2020年のアメリカの経済見通しをいろいろと考えてみました。アメリカの経済は今後どうなるか。 ...

終わりに…

この記事では中国はアメリカを逆転してGDP1位になれるのかについていろいろ書いてみました。

今現在はアメリカと中国のGDPには差がある事がわかるけれどこれから先、10年後は中国のGDPがアメリカを抜いて1位になる可能性は充分あるのがわかったと思います。

中国がGDPをアメリカ逆転する為には一人あたりのGDPをあげていく必要がある。と感じました。

これから先アメリカ、中国がどうなっていくのか楽しみです。

 

この記事を書いた人

はじめましてサイト運営者のイガエモンです。バツ1再婚している40代です。会社で管理職まで出世したけど現在はフリーライター。人生山あり谷あり。

仕事や恋愛など今まで学んだりわかったことや知りたい事や興味がある事を皆さんにも伝えていきたいです。

恋愛から仕事までの経験を踏まえて皆さんの人生や生き方など何かと役立つ記事を書いていきたいと思います。

詳しいプロフィールはこちら

 

関連記事