恋愛・夫婦

倦怠期とは、なりやすい時期や原因は。倦怠期を乗り越える秘訣や方法!

恋愛をしていると恋人と倦怠期になっているかも…なんて不安になったり倦怠期が怖くなってしまう時ってありますよね。

皆さんのなかには恋人との関係がマンネリになっていたり些細な喧嘩が増えた…心当たりがある人も多いのではないでしょうか。

それは、もしかしたら倦怠期に入っているのかもしれません。倦怠期に入ってしまったら誰だって早目に乗り越えて恋人と安定した関係を築きたいですよね。

そもそも、倦怠期になりやすい時期や倦怠期になる原因とはなんなのでしょうか。また、倦怠期をどうやって上手く乗り越えればいいのか。

そこで、この記事では倦怠期になりやすい時期やなる原因から倦怠期を乗り越える秘訣をレクチャーしていきます。倦怠期で悩んでいる男女や付き合い始めの人はぜひ参考にして倦怠期を乗り越えましょう!

倦怠期とは…

倦怠期について詳しく紹介する前にそもそも倦怠期とは何を指す言葉なのか簡単に紹介していきます。倦怠期とは飽きて嫌になる時期という時期を指す言葉です。

簡単に言えば恋人との関係に飽きてしまった時期と言えるでしょう。付き合い始めはドキドキしたり毎日が楽しくてしょうがない気持ちになる人は多いですよね。

しかし、付き合いが長くなるにつれ恋人の存在に慣れてしまいドキドキしなくなります。付き合い始めのドキドキがなくなり一緒にいるのが当たり前になると気持ちが冷めやすくなります。

また、付き合い始めは恋人の良い1面ばかりにしか目を向けいなかったのに嫌な1面に目を向けるようになり恋人に対しての愛情が冷めてしまう場合もあります。このような状態になることを倦怠期と言えます。

倦怠期になりやすい時期やタイミング

そもそも倦怠期とはどのようなタイミングや時期になりやすいのでしょうか。倦怠期は様々な要因でなりやすいので人それぞれ違いがあります。

それでも、倦怠期になりやすくなる時期やタイミングは似ているものです。ここでは倦怠期になりやすい時期やタイミングを簡単に紹介していきます。

付き合い始め

付き合い始めは1番ドキドキして恋愛を楽しめる時期ですよね。しかし、その一方で出会いから付き合いまで短いカップルは倦怠期も早くくることがあります。

第1印象が良くて付き合ってみたけどイメージとは全く違かったなど出会いから恋愛に発展する期間が非常に短いカップルほど付き合い始めに倦怠期が来やすい傾向があるんです。

なぜなら、お互いにお互いのことをよく知らないうちに恋愛関係になるので恋人の知らない1面を知る事が多くなるんです。

相手の意外な1面を知って恋愛感情が冷めてしまうケースは非常に多いので出会いから付き合うまで短いカップルは倦怠期は付き合い始めにきてしまうんです。

付き合って3ヶ月

付き合って3ヶ月もお互いの存在に慣れてきてドキドキや新鮮な感覚が薄れていきやすいと言えるでしょう。

この時期になればお互いの性格もほとんどわかっているので喧嘩も増えやすくなります。なので付き合ってから3ヶ月くらいで倦怠期が来るカップルは意外と多いのではないでしょうか。

どうしても付き合ってから3ヶ月が経つとお互いの欠点や短所に目を向けてしまいがちになります。これは相手の存在に慣れて恋人がいることが当たり前になりつつあるからなのも大きく影響しています。

付き合って3ヶ月目の時期はカップルの多くがパートナーに対して不満を感じやすくなるので試練の3ヶ月目とも言えるのではないでしょうか。

半年

倦怠期に入りやすいタイミングとしては半年目も意外と多いパターンです。なぜなら、半年くらい経つとマンネリ化しやすいから。

この時期あたりからデートもマンネリ化をしやすくなり恋人との関係がマンネリになりやすくなります。

半年くらい付き合っているとデートのプランのネタも尽きてしまうので恋人とのデートにドキドキを感じなくなります。

その他にも半年目あたりはお互いに溜め込んだ不満が爆発しやすくなります。恋人に対して我慢していた事が我慢できなくなりやすい時期なので些細な喧嘩も増えやすくなります。

1年

付き合ってから1年目も倦怠期かな入りやすいタイミングの1つと言えるでしょう。1年くらい経つとお互いのことはほとんど把握しているはず。

しかし、1年目あたりはお互いの関係が非常に落ち着きやすいので恋人に対して冷めやすくなります。

また、1年くらい付き合っていると相手との関係もマンネリになる傾向があるので関係も倦怠期に入りやすいと言えるでしょう。

3年〜4年

付き合ってから3年〜4年目も倦怠期に陥りやすい時期と言えるでしょう。3年〜4年付き合っていれば何があっても大丈夫と思いますよね。

しかし、そんな時期だからこそ倦怠期に陥りやすいんです。特に付き合いが長くなるにつれ言わなくてもわかっているよね…こんな気持ちが生まれやすくなります。

わざわざ愛情表現をしなくても恋人には伝わっている…こんな気持ちは倦怠期に入るきっかけになるのです。

また、3年〜4年くらい付き合っていると恋人との関係も非常に安定します。この安定が愛情なのかただの友情なのか不安にさせてしまう可能性も…。

倦怠期になる原因や理由は?

そもそも、倦怠期になるのはどんな理由や原因があるのでしょうか。倦怠期になるのはたまたまでも偶然でもありません。

どんな事も何かしら理由や原因があるんです。倦怠期に入らないためにも、まずは、なぜ倦怠期になるのか把握しておく必要があります。ここでは倦怠期に陥る原因を簡単に紹介します。

デートがマンネリになっている

倦怠期に入りやすい原因の1つにデートがマンネリ化していることです。デートが毎回同じパターンだとマンネリしやすいですよね。

デートに刺激や新鮮な感覚がなくなると恋愛関係もマンネリ化しやすくなります。当然、マンネリ化しやすくなれば倦怠期に入りやすくなってしまいます。

どんなに好きな相手でも、デートが毎回同じパターンでは楽しみがなくなり飽きてしまうんです。

参考記事▽▽▽

マンネリカップルの特徴とマンネリ化した時の対処法や解消法とは。恋人と付き合いが長くなるにつれ恋人との関係がマンネリ化してしまっていて悩んでいる人も多いのではないでしょうか。この記事ではマンネリ化したカップルの特徴から恋人との関係がマンネリ化した時の対処法や解消法を紹介していきます。...

自分磨きをしない

男女問わずに自分磨きを怠るようになると恋愛関係も倦怠期に入りやすくなるでしょう。

例えば、恋人の前でだらしない1面を見せたり常にすっぴんだったりと気を抜く事が多くなると異性としての魅力がなくなります。

自分磨きをしなくなれば必然的に異性としての魅力がなくなるので恋愛感情も冷めやすくなるのです。

恋人の前で常に気を遣う必要はありませんが、だからといって常にだらしない格好をしたり清潔感がない身だしなみをしてばかりでは倦怠期に入りやすくなるのです。

恋人の存在が当たり前になっている

倦怠期になる1番の理由は、恋人の存在が当たり前になってしまうこと。特に長く付き合っているカップルほどなりやすくなります。

お互いの存在が当たり前になると感謝の気持ちもなくなってしまいます。お互いの存在に慣れてきても恋人を大切にしなければいけませんよね。

また、恋人がいることそのものが当たり前になるのも倦怠期に入るきっかけです。

すれ違い

恋人との価値観やライフスタイルや恋愛観などのすれ違いも恋愛感情が冷めやすくなります。

すれ違いが大きくなればなるほど、恋人に理解してもらえないという気持ちになりやすいです。

このようなすれ違いは始めは小さなすれ違いだったのが気づかないうちに大きなすれ違いに発展しやすいです。

ちょっとしたすれ違いが積み重なり大きな溝になり倦怠期に突入してしまうカップルは非常に多いのではないでしょうか。

参考記事▽▽▽

長続きしないカップルの特徴と原因は。長続きするカップルになる秘訣やコツ好きな相手と付き合ったら誰だって長くしたいけれど、長続きしないですぐに別れてしまうカップルもいます。そんな長続きしないカップルにはどんな特徴があるのか。好きな恋人と長続きするにはどうしたらいいのか。この記事では、長続きしないカップルの特徴から長続きする秘訣やコツを紹介します。...

倦怠期を乗り越える秘訣や方法は

ここまでは、倦怠期になる時期や原因を簡単に紹介していきました。好きな恋人と倦怠期に突入したらどうしたらいいのか。

皆さんのなかにも最近、倦怠期に入ったかも…どうやって倦怠期を乗り越えたらいいのか悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

そこで、ここからは倦怠期を乗り越える秘訣や方法を簡単に紹介していきます。倦怠期に突入した人やこれから倦怠期に入りそうな人はぜひ参考にしてください。

今まで訪れた時がない場所に行ってみる

デートのマンネリ化を防ぐためには今まで訪れた事がない場所にデートにいくことをおすすめします。

特に倦怠期に入っているカップルほどお互いにマンネリ化しているので新しい刺激を与えるとマンネリを打破できるはず。

今までとは違かったデートプランをお互いに考えたり貴方から提案してデートに刺激を与えてみましょう。

デートでドキドキや新鮮な感覚を感じれば恋人との関係にも大きな刺激になります。倦怠期に入った時にはぜひ新しい刺激をデートで与えてみてください。

2人で新しいことをしてみよう

2人で何か新しい事に挑戦することも倦怠期を乗り越える秘訣になります。倦怠期の大きな原因は慣れです。

今の関係にお互いに慣れてしまってドキドキを感じなくなったから倦怠期に入ったんです。なので倦怠期を乗り越えるには刺激やドキドキが必要なんです。

2人で新しい趣味や新しい習い事など恋人と一緒に新しいことに挑戦することでドキドキや刺激を感じられます。

感謝の言葉を大切にする

倦怠期を乗り越えるにはお互いに感謝の言葉をなるべく使うようにすること。特に付き合いが長いカップルは様々なことが当たり前になります。

この当たり前が結果に倦怠期に繋がっているんです。付き合い始めは恋人に感謝の言葉を言っていたのにいつの間にか言わなくなるカップルも意外と多いです。

もし、最近…感謝の言葉を伝えていないと思ったのなら明日からでも感謝の言葉を沢山使うようにしましょう。

どんなにお互いの存在が当たり前になっていてもちゃんと感謝の言葉を使っていると存在に対しても感謝の気持ちが生まれるものです。

感謝の言葉を言われて嫌な気持ちになる人はいませんよね。それが好きな恋人だったら誰だって嬉しい気持ちになります。

好きになったきっかけを思い出そう

好きになったきっかけや恋人になりたての頃の気持ちを思い出すことも倦怠期を乗り越える秘訣です。特に付き合いが長くなるにつれ恋愛初期の気持ちを忘れやすいものですよね。

どうして今の恋人と付き合ったのかを思い出すことでマンネリを打破できます。過去の素敵な思い出を思い出すことで忘れていた初期のドキドキや嬉しかった時の気持ちも蘇ってくるはずです。

なので倦怠期に入った時に恋愛感情が冷めてしまった時は過去の素敵な思い出を思い出してください。

ストレートな愛情表現をしよう

倦怠期を乗り越えるには愛情表現をちゃんと相手に伝わるようにすることはとても大切なこと。愛情を伝えたつもりでも、もしかしたら恋人には伝わっていないケースって意外と多いんです。

どうやって恋人に愛情を伝えればいいのか、それはちゃんとストレートな言葉や行動で愛情を表現すること。遠回しに愛情を伝えても、多くの場合はそれが伝わっていないもの。

その他にも、付き合いが長くなるにつれ、好き…愛してるよ…と伝えなくても伝わっていると思い込んでいる人は多いです。

愛情表現はちゃんと言葉や行動で相手に伝わるように伝えないと意味がありません。なので、恥ずかしがらずにストレートな愛情表現をしてみましょう。

イメチェンをしてみる

倦怠期に入ったときはイメチェンをすることで恋人に対して刺激を与えることができます。また、イメチェンをすることで自分磨きや気分転換もできます。

倦怠期に入った時は自分磨きをして自分自身の魅力を高めることも非常に効果的な方法です。

イメチェンをすることで恋人もびっくりしたり恋人の魅力を再確認できるので倦怠期を乗り越えるきっかけになるでしょう。

怠慢期を乗り越えて素敵な恋愛をしよう

この記事では、倦怠期になるタイミングや倦怠期になる原因から乗り越える秘訣を紹介していきました。

倦怠期は多くのカップルがぶつかる壁でもありますよね。この倦怠期を上手く乗り越えることができないと恋愛も長続きしないでしょう。

倦怠期になった時には諦めたり放置したりせずに倦怠期を突破するために努力をしてみましょう。倦怠期を恋人との絆を深めるきっかけにして好きな恋人と素敵な恋愛をしてください。

関連記事▽▽▽

長続きするカップルの特徴は。長続きするカップルになる秘訣や方法は?長続きしているカップルにはどんな共通点や特徴があるのか。長続きするカップルになる秘訣や方法とは。長続きするカップルの特徴と長続きするカップルになる秘訣や方法を紹介していきます。...
すぐに別れるカップルの特徴と長続きするカップルになる秘訣や方法は。すぐに別れてしまうカップルにはどんな特徴があるのか。すぐに別れるカップルの特徴とは。長続きするカップルになる方法は。...
幸せな恋愛をしている人の特徴から幸せな恋愛をする秘訣やコツとは!好きな人と恋愛をしたら誰だって幸せな恋愛をしたいですよね。しかし、どんなに好きな気持ちがあっても必ずしも幸せな恋愛をしているとは限りません。幸せな恋愛をするにはどうしたらいいのか。この記事では幸せな恋愛をしている人の特徴から幸せな恋愛をする秘訣を紹介していきます。...
この記事を書いた人

はじめましてサイト運営者のイガエモンです。バツ1再婚している40代です。会社で管理職まで出世したけど現在はフリーライター。人生山あり谷あり。

仕事や恋愛など今まで学んだりわかったことや知りたい事や興味がある事を皆さんにも伝えていきたいです。

恋愛から仕事までの経験を踏まえて皆さんの人生や生き方など何かと役立つ記事を書いていきたいと思います。

詳しいプロフィールはこちら

    

おすすめ記事