未分類

井上尚弥さんの通算成績と今後の対戦相手は?

井上尚弥さんと言えばノニト・ドネアさんとの激戦試合で皆さん知っいると思います。

日本のボクシング界を盛り上げボクシング人気を高めている、圧倒的な強さを誇っているますよね。また井上尚弥さんは怪物、モンスターと呼ばれていたり、それくらい強いんですよ。

この記事では井上尚弥さんのプロ通算成績とこれまでの対戦相手、井上尚弥さんの今後について書いていきます。

井上尚弥さんプロフィール

<生年月日 >
1993年4月10日

<身長>
165ⅽⅿ

<出身>
神奈川県

<階級>
バンタム級

獲得タイトル

  • 第36代日本ライトフライ級王者。
  • 第33代OPBF東洋太平洋ライトフライ級王者。
  • 元WBC世界ライトフライ級王者。
  • 元WBO世界スーパーフライ級王者。
  • 現WBAスーパー・IBF世界バンタム級王者。
  • 世界3階級制覇王者。
  • プロ転向後8戦目での2階級制覇は国内最速記録

またアマチュア時代には、日本ボクシング史上初めて高校生にして7つのタイトルを獲得している天才的なボクサーですね。この事からもなアマチュア時代からかなり強かったのがわかりますよね。

それにプロ転向後も8戦目での2階級制覇しています。これは国内最速記録です。アマチュア、プロでもまさに怪物級に強いですよね。

何が、すごいのかって井上尚弥さんと戦いたくなくてスーパーフライ級では対戦相手に逃げられて統一戦を実現できなかったので、こういうのからもどれだけ井上尚弥さんが飛び抜けているのかわかる。

また、井上尚弥さんは日本人歴代最速となる16戦目での世界3階級制覇を達成しています。どこまで勝ち続けていくのか楽しみですね!

井上尚弥さんプロデビューから今までの戦績

井上尚弥さんのプロデビュー戦からの通算成績を紹介していきます。

対戦相手勝敗内容
1クリソン・オマヤオ勝利KO
2ガオプラチャン・チュワタナ勝利KO
3佐野友樹(松田)勝利TKO
4田口良一勝利判定3-0
5ヘルソン・マンシオ勝利TKO
6アドリアン・エルナンデス勝利TKO
7サマートレック・ゴーキャットジム勝利TKO
8オマール・ナルバエス勝利KO
9ワーリト・パレナス勝利TKO
10デビッド・カルモナ勝利判定3-0
11ペッバーンボーン・ゴーキャットジム勝利TKO
12河野公平(ワタナベ)勝利TKO
13リカルド・ロドリゲス勝利TKO
14アントニオ・ニエベス勝利TKO
15ヨアン・ボワイヨ勝利TKO
16ジェイミー・マクドネル勝利TKO
17ファン・カルロス・パヤノ勝利KO
18エマヌエル・ロドリゲス勝利KO
19ノニト・ドネア勝利判定3-0

 

プロ戦歴通算19戦 19勝 (16KO) 無敗

井上尚弥選手のこれまでの強敵対戦相手

これまでの強敵の対戦相手について紹介していきます。どんな選手と井上尚弥さんが試合をしてきたのか。対戦相手はどんな選手だったのか書いていきます。

田口良一選手

現在32歳

第35代日本ライトフライ級王者。元WBA・IBF世界ライトフライ級統一王者です。井上尚弥さんとは日本ライトフライ級タイトルマッチで対戦しています。

 オマール・ナルバエス

フライ、スーパーフライと2つの階級で10回以上の防衛記録があります。世界タイトルを27回防衛している。とんでもない実力があるのがわかりますよね。

また、WBC王座 過去世界戦28勝1敗で、 過去1度もダウン経験がありませんまた、唯一の世界戦敗北も全盛期ドネア選手との対戦で負けています。

それも12R判定まで行く強さでしたが、井上尚弥さんとは2ラウンド3分1秒KO負けで井上尚弥さんの勝利。

ジェイミー・マクドネル

元IBF世界バンタム級王者で、現在WBA世界バンタム級王者です。WBA王座6度防衛。 21連勝中、撃たせないボクシングを体現したディフェンスの天才と言われています。!

10年間無敗の絶対王者です。この選手も素晴らしい実力と実績のある選手です。井上尚弥さんとの対戦では1ラウンド1分52秒TKO負けで井上尚弥さんの勝利。10年間無敗の王者を1ラウンドで倒すのは凄いです。

ファン・カルロス・パヤノ

ラフファイトが得意とされていて、生涯戦績の内 負けはたった1回しかありません。21勝1敗 元WBAスーパー王者!です。井上尚弥さんとは1ラウンド1分10秒KOで井上尚弥さんが勝っています。

エマヌエル・ロドリゲス

ユース五輪金メダリストです。また、プロ転向後19連勝無敗12KO。12KOしているハードパンチャーです。IBF王者です。井上尚弥さんとは2ラウンド1分19秒KO負け。井上尚弥さんの怪物並みの強さをわからせた試合ですね。

ノニト・ドネア

45戦40勝26KO!!

世界5階級制覇王者。バンタム級でのダウン経験はありません。
元IBF世界フライ級王者。元WBA世界スーパーフライ級暫定王者。元WBC・WBO世界バンタム級統一王者。元IBF・WBO世界スーパーバンタム級統一王者。

元WBA世界フェザー級スーパー王者

実績と実力が凄すぎ!!PFP三位!でしたし、全盛期ではないですけど経験はかなりありますし、今でも充分素晴らしい実力がある選手です。

井上尚弥さんとは12R判定負けで井上尚弥さんの勝利。また、井上尚弥さんは早いラウンドでまぶたから出血するアクシデントがありました。

まとめ

これまでの戦績のなかでも強敵と思う対戦相手を紹介してみました。対戦相手も怪物並に強い選手で、結構強敵と井上尚弥さんは戦っているのがわかると思います。

ドネア戦なんてかなりの激戦でしたし、全盛期のドネアだったらと考えてしまいますよね。これだけの有名な強い選手とも戦って結果を残しています。

井上尚弥さんは今後どこまで階級制覇や防衛していくのかとっても楽しみにしちゃいますし、どこまで強いのかも興味がわく。

井上尚弥さんの強さや凄さを語るうえでやっぱりプロ通算成績が19戦 19勝 (16KO) 無敗!なのが素晴らしいですよね。それもかなりの実力のある選手と対戦してこの成績なんですよ。

そして、井上尚弥さんは凄いのは16回をKO勝利が驚異的。KO勝利率は84%くらいです。凄い驚異的なKO率です。

上に書いたように強敵と対戦していても驚異的なKO率なのが凄いですよね。弱い相手と戦っていのKO率なわけじゃないので、ホントに驚異的です。

私個人が、驚くのが世界王者をKOしててそれも結構早いラウンドで倒しているんですよ。

最終ラウンドあたりに倒すならまだわかるんですけど井上尚弥さんの場合は世界王者相手に序盤のラウンドでKOしたりしてるのでまさにモンスターですよね。

今回のドネア戦みたいに最後まで判定になるのが少ないし。ラフファイトしたりしないので素晴らしい成績と素晴らしい選手です。

井上尚弥さんの世界的な評価はどうなの?

井上尚弥さんは世界からどう評価されているのでしょうか?日本ではかなり強いと評価されているのはわかりますが世界的にはどんな評価をされているのか気になりますよね。

それに今回、WBSS優勝でかなり評価が高まったはずです。井上尚弥さんの強さは現在どこまで世界から認められてるのか気になります。世界の反応や、評価を、調べてみました。

「世界最速の3階級王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)、WBO世界ウェルター級王者テレンス・クロフォード(米国)もプロモートする同社総帥ボブ・アラム氏は井上について「人々が目撃しているのは史上最高の偉人」と手放しで絶賛している。」
記事一部引用引用元

「 米放送局「CBSスポーツ」はボクシング界最強を意味するパウンド・フォー・パウンド(PFP)の最新版格付けを発表。バンタム級の頂点に立った井上は堂々の世界3傑に昇格している。」
記事一部引用引用元
THE ANSWER スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ちなみにパウンド・フォー・パウンドは、異なる階級の選手を比較、対比する方法を指し示すものとして1950年代初期に『リング』誌の初代編集長ナット・フライシャーによって造られた用語です。

簡単に説明すると格闘技においてで体重差のハンデがない場合、誰が最強であるかを指す。

バンタム級最強だけでも凄いのに、PFP3位ってどんだけ強いんだよって言いたくなります。こういう事からも井上尚弥さんは世界的にも評価されているのがわかりますよね。

まあ、あれだけ強敵を倒しているのでPFP3位は妥当なのかもしれないけど!このまま順位をあげて1位になって欲しいですよね。

井上尚弥さんは世界的な興行を主催する人からも絶賛されているようですし、そういう主催者側の人に史上最高なんてコメントされているだけで井上尚弥さんがどれだけ評価されているのかわかると思います。

井上尚弥選手の次対戦相手や次戦はいつ?

井上尚弥さんの次の対戦相手はカシメロ選手でしたがコロナウイルスにより延期になっています。カシメロ選手や次の対戦について簡単に書いていきます。

井上尚弥さん次の対戦相手カシメロ選手とは

<名前>
ジョンリル・カシメロ

<出身>
フィリピン

<身長>
163cm

<成績>
33戦29勝20KO4敗

  • 獲得タイトル
  • 元WBO世界ライトフライ級暫定王者。
  • 元IBF世界ライトフライ級王者。
  • 元IBF世界フライ級王者。
  • 現WBO世界バンタム級王者。
  • 世界3階級制覇王者。

これまでの中でも最強の相手と言っても嘘ではない戦歴です。カシメロ選手は2019年11月30日、WBO世界バンタム級王者ゾラニ・テテと王座統一戦を行い、3回2分14秒TKO勝ちを収め王座統一に成功しています。

ゾラニテテをKO勝ち。これは凄い事なんですよね。かなりゾラニテテも強いのでカシメロ選手も非常に強い選手なのがわかります。

ゾラニテテは32戦28勝21KO4敗で世界戦最短KO記録を23年ぶりに更新する初回11秒KO勝ちをしている選手です。このことからもゾラニテテ選手に勝ったカシメロ選手の強さをよく表している。

井上尚弥選手とカシメロ選手対戦はいつ?

4月にラスベガスで井上尚弥選手とカシメロ選手の試合が開催される予定でした。しかしコロナウイルスの影響により井上尚弥選手とカシメロ選手の対戦は延期になりました。いつカシメロ選手と井上尚弥選手の対戦が行われるのか調べてみました。

プロボクシングのWBA、IBF世界バンタム級統一王者の井上尚弥(27)=大橋=と、WBO世界同級王者のジョンリール・カシメロ(31)=フィリピン=の3団体王座統一戦が9月に行われる可能性があると31日、米スポーツ専門局ESPNの公式サイトが報じた。
記事一部引用
引用元 サンスポ

このままコロナウイルスが収束していけば今年中にはカシメロ選手と井上尚弥選手の対戦は実現するようですね。上に書いた通りに9月に対戦される事を期待しています。

日本だけでなく世界中のボクシングファンが注目している試合なので非常に楽しみにしています。

また、この対戦は三団体王座統一戦。井上にとっては、日本人として初の三団体統一戦に挑む試合です。

最後に

今回は井上尚弥さんについて書いてみました。ドネア選手との対戦はかなり盛り上がりました。このままボクシング界のスーパースターになって欲しいですよね。

過去の日本の歴代ボクシング選手をみてもここまで強い選手はなかなかいないと思います。正直、井上尚弥さんはどこまで階級あげていくのかも注目していきたいですよね。

次の井上尚弥さんの対戦も楽しみにしています。

この記事を書いた人

はじめましてサイト運営者のイガエモンです。バツ1再婚している40代です。会社で管理職まで出世したけど現在はフリーライター。人生山あり谷あり。

仕事や恋愛など今まで学んだりわかったことや知りたい事や興味がある事を皆さんにも伝えていきたいです。

恋愛から仕事までの経験を踏まえて皆さんの人生や生き方など何かと役立つ記事を書いていきたいと思います。

詳しいプロフィールはこちら

    

関連記事