未分類

F12019年レッドブルホンダとトロロッソホンダ通算成績。ホンダの評価は?2020年に向けてレッドブルはタイトルどうなの?

2019年のF1もシーズン終わりましたよね。

今シーズンのF1はいろいろと話題もバトルもあり、結構面白い1年間だったと思います。

2019年F1のホンダはレッドブルとトロロッソの2チームにパワーユニットを提供しています。正直、2019年のホンダのパワーユニット、エンジンを積載しているチームはどうだったのか気になりませんか?

 

この記事では、2019年のレッドブルホンダ、トロロッソホンダ、2019年のホンダの評価、2020年レッドブルホンダはタイトル争いができるのか!について書いていきます。

 

 

 2019年レッドブルホンダ成績

2019年のレッドブルホンダどんな成績を残したのか。2019年からホンダのパワーユニット、エンジンを積載する事になったので2018年レッドブルルノーと比較するために2018年の成績も書いてみました。

 レッドブル2018年と2019年全レース成績

レッドブルの2018年と2019年の全レースの成績を書いてみました。

レッドブル2018成績

ラウンド開催地予選予選決勝決勝
フェルスタッペンリカルドフェルスタッペンリカルド
1オーストラリア4位8位6位4位
2バーレーン15位4位リタイアリタイア
3中国5位6位5位1位
4アゼルバイジャン5位4位リタイアリタイア
5スペイン5位6位3位5位
6モナコ20位1位9位1位
7カナダ3位6位3位4位
8フランス4位5位2位4位
9オーストリア4位7位1位リタイア
10イギリス5位6位15位5位
11ドイツ4位20位4位リタイア
12ハンガリー7位12位リタイア4位
13ベルギー7位8位3位リタイア
14イタリア5位19位5位リタイア
15シンガポール2位6位2位6位
16ロシア19位185位6位
17日本3位153位4位
18アメリカ18位4位2位リタイア
19メキシコ2位1位1位リタイア
20ブラジル5位112位4位
21アブダビ6位5位3位4位

 

レッドブルホンダ2019年成績

ラウンド開催地予選予選決勝決勝
フェルスタッペンガスリーフェルスタッペンガスリー
1オーストラリア4位17位3位11位
2バーレーン5位13位4位8位
3中国5位6位4位6位
4アゼルバイジャン4位20位4位リタイア
5スペイン4位6位3位6位
6モナコ3位8位4位5位
7カナダ9位5位5位8位
8フランス4位9位4位10位
9オーストリア2位8位1位7位
10イギリス4位5位5位4位
11ドイツ2位4位1位14位
12ハンガリー1位6位2位6位
アルボンアルボン
13ベルギー5位17位リタイア5位
14イタリア19位8位8位6位
15シンガポール4位6位3位6位
16ロシア9位20位4位6位
17日本5位6位リタイア5位
18アメリカ4位5位6位4位
19メキシコ3位6位3位5位
20ブラジル1位5位1位14位
21アブダビ2位5位2位6位

となっています。

 

レッドブル成績2019年と2018年の比較

上にも全レースの成績を書いてみましたが、比較するのはわかりにくいですので、ランキングや優勝回数などの成績をまとめてみました。

 2019年2018年
ランキング3位3位
総ポイント417419
最高決勝順位1位1位
最高予選順位1位1位
優勝回数3回4回
ポールポジション数2回2回
リタイア数3回11回

となっています。

今年のレッドブルホンダの通算成績を

数値だけで見たら今年と去年は総ポイントは同じくらいとなっていますが、優勝回数では2018年よりも少ない3回となっています。

まあ正直レギュレーションが変わった事やチームメイトが変わった事などが影響しているので厳密な比較は難しいです。しかし、1年間通しと2019年のレッドブルホンダはリタイア数が2018年と比較して圧倒的に少ないのがわかりますね。

ホンダの信頼性がかなり高くなった事がわかります。このおかげで去年よりも優勝回数が少なくても総ポイントは差がなかったわけです。

私個人、去年フェルスタッペンのチームメイト脱たリカルドと比べて正直、今のチームメイトは微妙ですよね。そこが去年との比較が難しい所。去年のリカルドの成績をみると少なくともフェルスタッペンと同じくらい速かったので、2019年にレッドブルホンダで走っていたらどうなっていたか気になります。もしかしたら優勝回数が1つ増えていたかもしれませんよね。

そういう不透明な部分も考えたら2019年のレッドブルホンダは充分素晴らしいシーズンになったと思います。私個人は正直優勝するのも難しいと思っていたので、それくらい序盤はかなり不安になるような走りだった。メルセデスが速くて強かったのもあるんだけどね。

あとはもう少しパワーがあれば嬉しいです。最終戦の、ブラジルのレッドブルホンダの走りを見るかぎり2020年のレッドブルホンダにいろいろ期待したくなります。

私個人2019年は2020年レッドブルホンダに期待できる良い2019年の1年間のシーズンだったと思います。

 トロロッソホンダ2019年成績

レッドブルホンダの成績を書いていきましたが、2019年のトロロッソホンダはどうだったのか、トロロッソとは2年目ですし、去年意図的にパワーユニットのアップデートや信頼性確保の為にいろいろトロロッソが頑張ってくれました。2019年のトロロッソホンダの全レース成績を紹介していきます。

トロロッソホンダ2019成績

ラウンド開催地予選予選決勝決勝
クビアトアルボンクビアトアルボン
1オーストラリア15位13位10位14位
2バーレーン15位12位12位9位
3中国11位20位リタイア10位
4アゼルバイジャン6位11位リタイア11位
5スペイン9位11位9位11位
6モナコ7位10位7位8位
7カナダ10位13位10位リタイア
8フランス19位11位14位15位
9オーストリア16位18位17位15位
10イギリス17位9位9位12位
11ドイツ14位16位3位6位
12ハンガリー13位12位15位10位
ガスリーガスリー
13ベルギー19位13位7位9位
14イタリア12位17位リタイア11位
15シンガポール14位11位15位8位
16ロシア19位16位12位14位
17日本14位9位10位7位
18アメリカ9位10位11位9位
19メキシコ13位10位12位16位
20ブラジル16位6位10位2位
21アブダビ13位11位9位18位

 

トロロッソホンダ

ランキング6位

総ポイント85

表彰台2回

最高順位2位

予選最高順位6位

となっています。

予選最高順位も悪くないし、最高順位も2位と素晴らしい結果なのですが、チームランキングはもう少し上にいて欲しいと思います。

また、表彰台2回という素晴らしい成績を残しています。特にブラジルGPはかなり良い走りをしていましたよね。しかし、全レース成績を上にも書いたようにコンスタントに成績残せていないので、そこが課題ですね。

中盤〜後半にかけては悪くない成績なんですがね。常に最低でも片方のドライバーがポイント圏内でゴールしていけばもう少しいい成績を残せたと思いますが上位トップ3のチームは飛び抜けていて中位グループのチームはほとんど差がない接戦なのでなかなか難しいですね。

 

トロロッソホンダが表彰台にあがったのは運が良かっただけとか言いたくなる人もいるとは思いますが、表彰台は運だけではあがれないんですよね!

確かに上位がリタイアしたりトラブル抱えたり、エンジンの使用状況で差が出たりするとは思うけれど、それでも表彰台に上がる為には速さがないと無理なんですよ。

上位がトラブったりした時に表彰台にあがれる速さはあったという事です。

トロロッソの成績がホンダの進化を表してると思います。レッドブルだけの成績ではホンダのパワーユニット、エンジンがどのくらい進化したのかわかりにくいので、トロロッソホンダの成績の方がわかりやすいです。

トロロッソも来年は予選トップ10の常連になってポイント圏内でゴールがあたりまえになるくらい速くなったら嬉しいですよね。

個人は結構2020年はトロロッソにもいろいろと期待しています。こういう結果を残せばチームスタッフもやる気高まりますし、チームもホンダ

2019年ホンダの評価はどうなの?

さて、2019年のレッドブルホンダ、トロロッソホンダの成績を書いていきましたが、実際にホンダのパワーユニット、エンジンはどう評価されているのか気になりますね。

2019年のF1は全レース観させてもらいましたが、外から観たら期待以上か期待通りの活躍だと思いますが、内から見たF12019年ホンダはどう評価されているのでしょうか?

ホンダのパワーユニットは期待以上なのか?

期待外れなのか?それとも期待通りなのかいろいろと調べてみました。チームや元ドライバーなどのホンダについてのコメントを紹介していきます。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

↓↓↓↓↓↓↓↓

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

「レッドブル・レーシングのクリスチャン・ホーナー代表は、タイトル争い返り咲きのために、12年に渡るルノーとの関係を解消して臨んだ2019年シーズンを振り返り、”レッドブル・ホンダ”は、当初期待していた以上の成果を達成しているとの考えを示した。」

記事一部引用引用元

2019/11/16

 F1ニュース速報/解説【Formula1-Data】

 

メルセデスF1のパワーユニット(PU/エンジン)部門責任者アンディ・コーウェルは、2019年にホンダが大きく進歩したことに感銘を受けており、開発ペースはフェラーリを上回っていたとの考えを示した。

記事一部引用

引用元autosport web

2人のコメントを紹介しました。皆さんはどう評価していますか?他チームそれもメルセデスからも、レッドブルの代表からもこんなコメント、評価してもらっているのは正直嬉しいですよね。

こんなコメントをレッドブル代表やメルセデスから言われるのはホンダとしてもかなり内心嬉しいんじゃないかなぁ。

ホンダら去年はいろいろとレッドブルがパワーユニットをルノーからホンダに変えると発表した時もいろいろ批判やネガティブな意見もあったし、何よりもマクラーレンの時はボロクソに外からもチーム内からも言われていましたので!

これで、やっとホンダは少なくともある程度認められたんじゃないかなぁと思ってます。ハミルトンや他のドライバーからもホンダの進化を認めていましたよね。

1番嬉しいと思う事はホンダもレッドブルもトロロッソもベストなパートナーを見つけたと思います。今後の活躍に期待したいです。

 

2020年レッドブルホンダはタイトル争いできるのか?

2019年のレッドブルホンダはまあ素晴らしいシーズンでした。2019年はレッドブルホンダは素晴らしい成績だったし、成功したと言えると思いますが、

2020年はさらなる高みに進まなければならないし、レッドブルもフェルスタッペンも優勝する事が目標じゃなくてタイトルをとることが目標ですから。それを考えるとレッドブルホンダは2020年タイトル争いができるのか?

チームや他の人はどう考えているか2020年にレッドブルホンダはタイトル争いできるのかについていろいろ調べてみました。

「レッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、2020年のF1世界選手権は「我々の年になる」と自信に満ちている。」

記事一部引用引用元

2019年12月4日

【 F1-Gate.com 】

 

元F1ドライバーのアレクサンダー・ヴルツは、レッドブル・ホンダとマックス・フェルスタッペンは2020年のF1世界選手権にタイトル争いで大きな役割を果たすことになると考えている。

ホンダF1との初年度となった2019年、レッドブルとマックス・フェルスタッペンは3勝、9回の表彰台、2回のポールポジションを獲得。アレクサンダー・ヴルツは、フェルスタッペンはより成熟しており、レッドブル・ホンダには2020年のタイトル獲得に必要なすべてが揃っていると考えている。

記事一部引用

引用元f1-gate.com

2020年のレッドブルホンダについてはこういう期待がされています。やはり2020年はレッドブル陣営も本気でタイトル狙いにきています。

2019年は期待以上の活躍と言われたけどぜひ2020年も期待以上の活躍をして欲しいと思います。レッドブルホンダがタイトル争いできるのかはホンダが信頼性が高くパワフルなエンジンを提供できるかだと思います。

2019年のレッドブルのエアロは最終戦にはかなり進化していたので、レッドブルのマシン改良はかなり凄いのがわかる。失敗作を作ってもしっかり最終戦までには速いマシンになっているし。

私個人、1番大事なのは開幕戦だと思います。開幕戦でだいたい予測できるので、開幕戦からしっかり速ければタイトル争いができるし、遅かったらなかなか難しくなる。

どうなるかは開幕戦の結果次第。それまでしっかり開発していかないとね。また、2020年のタイトルをとる為にはエンジンペナルティーをどうするのかも課題。信頼性がしっかり確保できるのかも注目しています。

私個人が2019年のF1を観ていてメルセデスが終盤戦はあまり余裕がなくなってきたなと感じましたので2020年は面白そうです。

2020年はレッドブルホンダがタイトルを取れるように頑張って応援したいと思います。

 

 

この記事を書いた人

はじめましてサイト運営者のイガエモンです。バツ1再婚している40代です。会社で管理職まで出世したけど現在はフリーライター。人生山あり谷あり。

仕事や恋愛など今まで学んだりわかったことや知りたい事や興味がある事を皆さんにも伝えていきたいです。

恋愛から仕事までの経験を踏まえて皆さんの人生や生き方など何かと役立つ記事を書いていきたいと思います。

詳しいプロフィールはこちら

関連記事