仕事

いい上司ってどんな上司?理想的な良い上司の特徴といい上司になる方法

会社に勤めていると、いつかは部下をもったりするでしょう。誰しも嫌われたり嫌な上司にはなりたくないですよね。

部下をもった時は良い上司になりたいと考えるのが普通だと思いますし、悪い上司、上司にしたくない上司よりも良い上司、上司したい理想的な上司になりたいですよね。

この記事では良い上司、上司したい人の特徴を書いていきます。

これから上司になる人や今現在部下をもった上司は参考にしてみてもいいと思います。

いい上司、理想的な上司の特徴

良い上司ってどんな上司でしょうか。優しいだけでも厳しいだけでも良い上司とは言えませんよね。

理想の上司になるために知っておきたい、いい上司、上司にしたい人の特徴や条件をを紹介していきます。

1仕事ができる

職場の上司が仕事ができないような上司ではなかなかこんな上司になりたいと思いませんよね。

やっぱり、いい上司は仕事ができる人でないといけません。いい上司はやはり仕事ができる人ですね。

それに仕事ができないような上司から仕事を教わったても、なかなか自分が仕事を出来るようになるようなイメージができませんよね。

仕事ができる事は理想の上司になるために必要な事です。

2決断力がある。

いい上司は決断力がある人が多いです。いざという時に決断に迷ったり決断するまで時間がかかるような上司は部下からあまり信用されません。

やはり、いい上司や上司にしたい人にはしっかりしているとした決断力があります。

いざという時にしっかりと決断してまとめあげる人になりたいですよね。

また、しっかりしていると決断して部下に迷わせたりせずに仕事をさせてくれるような上司は上司にしたいですね。

また、部下の責任はしっかり上司が持ってくれるそういう上司になりたいと思いますよね。

3面倒見がいい

いい上司は面倒見がいい特徴があります。なぜなら部下をしっかり育てれる上司はいい上司だからです。部下は頼りがあり責任感のある上司がいると安心できるでしょう。

部下の失敗の責任をとったりしてくれる面倒見がいい上司は上司にしたい人の特徴ですよね。責任感のある上司は好感を持てますね。

また、上司したいような良い上司は、部下へのフォローや気遣いなどがしっかりしている傾向があります。

いい上司は、感謝の言葉や良い仕事をすれば、褒めてあげたりします。こういう細かい事にも部下を気遣い面倒見がいい人はいい上司です。

上司にしたい人はこういう事ができます。

4一貫性がある

いい上司は行動や発信に一貫性がある特徴があります。この一貫性が結構大事な事です。指示や発信、行動などがバラバラでは部下は上司を信用できなくなります。

言ってる事や行動が日によってまったく違うのでは部下は迷ったりしてしまいますよね。

上司の発言する言葉や行動には部下の仕事の方向性を決定してしまう発言も多く含まれています。

行動と発言が同じ上司は、言葉に説得力も生まれて信頼されます。こういう一貫性がある人が上司だと、部下は上司を信じられるのでついていきたくなりますよね。

一貫性がある事はいい上司、上司にしたい人の特徴だと言えます。

5人柄がいい。

上司も一人の人間です。上司と部下の間には人間関係が生まれます。

仕事の関係だったとしても人間関係と同じなわけですから、ある程度上司と部下の間には信頼がなければうまくいきませんよね。

上司と部下には信頼が必要なわけですが、人間性を疑うような上司だと信頼できません。いい上司、上司にしたい人は人柄がよく人として部下からある程度尊敬されています。

良い上司の特徴として人柄がよく尊敬される特徴がありますね。仕事がどんなにできても自分勝手だったりするような上司は良い上司とは言えません。

そういう意味でもいい上司の条件として人柄がいいのは大事な要素です。



6自分の非を認める

いい上司は自分の間違いを認め、謝る事ができる特徴があります。

上司も人間なのですから間違いや失敗があります。大事な事は自分の非を認め謝罪できるか、この事が結構大事な事です。

なかなかプライドが高い人は自分の非を認め謝罪する事ができない上司もいます。部下を持ったり大人になればなるほど自尊心は強くなってしまいます。

自分の過ちを素直に認められる人は立派な人だと思います。こういう素直に失敗を認め謝る事ができる事もいい上司、上司にしたい人の条件ではないでしょうか。

7コミュニケーションを大事にしてる

いい上司、上司にしたい人は部下とのコミュニケーションを大事にしている傾向があります。部下とのコミュニケーションを大事にしている特徴があるのです。

コミュニケーションを大事にすることは簡単な事だと思うかもしれませんが実はなかなか部下とのコミュニケーションをしっかりできている上司は少ないと思います。

簡単なようにみえて難しい事なのです。いい上司ほど部下の話や意見をよく聞きいてくれます。親身になって考えてくれる上司は、部下からも信頼されます。

皆さんは日ごろから上司や部下とのコミュニケーションを大事にしていますか?良い上司になりたいなら日ごろからコミュニケーションを大事しよう。

8好き嫌いで判断しない

どんな人間にも好き嫌いがあります。しかし、もしも好き嫌いで人を評価したり、好き嫌いで対応が違うような上司はどう感じますか?

こういった事をされたら、部下は嫌になりますよね。

良い上司、理想的な上司ほど、人を好き嫌いで評価したり、判断したり、決めつけたりしないのです。

私情を入れずに客観的に人を判断できるような人は理想的な上司だと周囲からも思われますし、信用されます。

部下の話しを聞ける

人は誰しも自分の話しを真剣に聞いてもらったり親身に聞いてもらったりしたら嬉しいと好感を持ちます。

良い上司ほど部下から相談されたり、部下から意見されたりします。

特に自分より立場が上の上司が真剣に親身に話を聞いてくれたら部下は嬉しいと感じますし、こういった上司は部下から信頼、信用されます。

一方的に上司からしか話さないような関係では上司と部下の関係はうまくいかないでしょう。

なので仕事だけでなくプライベートの相談などにも親身に真剣に聞いてくれる上司は間違いなく良い上司と言えます。

上にも書いたコミュニケーションを大事にしている上司ほどこのような部下の話しを聞いてくれる上司が多いです。

こんな上司はヤバイ!モンスター上司の特徴!あなたの上司は大丈夫?もしかしたらモンスター上司かもしれません。モンスター上司の特徴を紹介します。...
誰からも嫌われる人の特徴と好かれる人になる方法とは!嫌われやすい人に共通した、行動、性格など特徴とは。嫌われる人から好かれる人のなる方法とは。嫌われる人の特徴と好かれる人になる方法を紹介します。...

いい上司、上司にしたい人の特徴まとめ

いい上司、上司にしたい人の特徴や条件をまとめてみました。

1仕事ができる

2決断力がある。

3面倒見がいい

4一貫性がある

5人柄がいい。

6自分の非を認める

7コミュニケーションを大事にしてる

8好き嫌いで判断しない

9部下の話しを聞ける

という特徴があります。

上司も人間だから、完璧な人はいません。

それでも、良い上司の上司にしたい人の特徴や条件は仕事ができるだけでなく部下とのコミュニケーションや決断力がある事も大事な要素だと思います。

いい上司はしっかりと客観的な視点も持っていて、誰にでも平等に接したりと仕事ができるだけでなく人として、人間性も大事な事なのです。

もしもこれから上司になる人や今、現在部下を持つ上司の人は参考にして、理想的な上司になりましょう。

仕事ができる人の特徴と仕事ができる人になる方法!仕事ができる人にはどんな共通した行動、思考、習慣の特徴があるのか。仕事ができる人になるにはどうしたらいいか。仕事ができる人の特徴と仕事ができる人になる方法を紹介します。 ...

いい上司になる方法

いい上司になるには何をしたらいいのか。誰しも、いい上司や尊敬される上司になりたいと思う人も多いですよね。なので、いい上司になる方法を紹介します。

コミュニケーションをとろう

いい上司、尊敬される上司になるには、まずは職場の人とコミュニケーションをとる事です。

コミュニケーションが上手にとれていない上司は尊敬されませんよね。いい上司はしっかりと部下とコミュニケーションをとり信頼関係を築いています。

お互い信頼関係ができていないと上司は尊敬されませんよね。いい上司になる為にも部下とのコミュニケーションは非常に重要な要素なのです。

ネガティブな発言をしない

一緒にいてネガティブになったりやる気がなくなるような上司はいい上司と言えません。逆に一緒にいてやる気がでたりするような上司はいい上司でしょう。

こういった事からもネガティブな発言を控えるようにする事で、いい上司になれるでしょう。

ネガティブな発言を聞いていて良い気持ちになったり、やる気が出る人はいないでしょう。

ネガティブな発言を控えてポジティブな発言をするようにするだけでも、一緒に仕事をして前向きになります。

有言実行を心がける

口だけの上司は皆さんはどう感じますか?良い印象を抱く人は少なく、ほとんどの人は悪い印象を抱きますよね。

口だけの上司は口だけは立派な事を言い実際はやらなかったり動かない人は嫌われるでしょう。そうならない為にも、有言実行を心がけましょう。

口に出したことはできる限り責任を持って行動するようにしましょう。

有言実行な上司は部下から頼もしい上司と思われます。有言実行を意識する事でいい上司になれるでしょう。

部下を褒めよう

上司の多くは部下を褒めるよりも叱る事が多いです。部下を褒める事ができない上司も数多くいるのではないでしょうか。

誰しも上司に認められると嬉しく感じますよね。逆に上司に否定されたり認めてもらえないとやる気もなくなります。

人を褒める事は人を認める事ができる人です。人は誰しも短所と長所があります。ついつい欠点や短所ばかりに目を向けがちになります。

しかし、短所だけでなく長所に目を向けて部下を認めましょう。また、部下が仕事で成功したりした時は部下を褒めて部下と一緒に喜びましょう。

こうするだけでも、部下は自分の事をしっかりと見てくれていると感じ上司を信頼するでしょう。

自分から積極的に挨拶をする

いい上司ほど、自分から積極的にコミュニケーションをとります。

なので、いい上司は自分から挨拶を積極的にしているのです。いい上司になる為にもまずは積極的に自分から挨拶をしましょう。

上司から積極的に出社退社の時に挨拶をするようにしただけでも印象が変わります。

人間性が高い人の特徴とは。人間性を高める方法は人間性が高い人の習慣や性格、行動の特徴とは。人間性を高める方法はあるのか。人間性の高い人の特徴と人間性を高める方法を書いていきます。...

良い上司、理想的な上司を目指そう

今回は、いい上司、上司にしたい人の特徴や条件、いい上司になる方法を書いてみました。

皆さんはどうでしょうか?皆さんの職場にはいい上司、上司にしたい人の特徴や条件に当てはまる上司はいましたか?また、自分自身は特徴に当てはまりましたか?

今現在、上司の人は客観的に自分を見てみて特徴に当てはまるか参考にしてもいいと思います。
これから上司になる人や今現在上司の人は参考にして上に書いた特徴や条件を意識しながら仕事をしてみましょう。

先輩や上司というのは難しい大変な立場にいます。言葉一つで部下からも尊敬や信頼を失う可能性もあります。

しかし、そのかわりに、やりがいがあったり、部下から信頼されたり、部下が成長できる過程を見れて、部下が成長したら嬉しいと感じるはずです。

そう感じる為にも、上にも書いた良い上司、理想的な上司の特徴を日ごろの仕事で意識して、尊敬できる良い上司、理想的な上司を目指しましょう。

嫌な上司、嫌われる上司のよくある特徴と対処法とは?苦手な上司や嫌いな上司、嫌われやすい上司にはどんな特徴があるのか?嫌われやすい上司の特徴と嫌いな上司の対処法を書いてみました。...
ビジネスに役立つ法則や仕事で役立つ法則を紹介していきます!仕事やビジネスに役立ついろんな法則を紹介します。...

 

関連記事