ライフスタイル

酒癖が悪い人の特徴とは。酒癖が悪い人の接し方や付き合い方は?

誰しも1度くらいはお酒を飲んで何かしら失敗した経験ってありますよね。それが毎回毎回してし周りに迷惑をかけてしまう人もいます。

皆さんのなかには身近に酒癖が悪い人がいて困っている人も多いのではないでしょうか。酒癖が悪い人は自分自身では周りに迷惑をかけていることを自覚していないので非常に厄介な存在です。

しかし、酒癖が悪い人はお酒を飲んでない時は問題ない人も多いのでどうしたらいいのか困ってしまいます。酒癖が悪い人にはどう上手く対応したらいいのか悩んでいる人も意外と多いと思います。

そこで、今回は酒癖が悪い人の特徴から酒癖が悪い人の接し方や付き合い方を書いてみました。酒癖が悪い人が身近にいて困っている人はぜひ参考にしてください。

酒癖が悪い人の特徴

酒癖が悪い人には、どんな共通した特徴があるのでしょうか。もしかしたら自分自身も酒癖が悪いかも…と思っている人もいますよね。

当てはまる特徴が多いのであれば、もしかしたら酒癖が悪いかもしれません。ここでは酒癖が悪い人の特徴を紹介していきます。酒癖が悪い人の特徴に当てはまっていないか参考にしてください。

ストレスを溜め込んでいる

基本的に酒癖が悪い人はストレスを溜め込んでいたりしている傾向があります。なのでストレスが溜まりやすいといった特徴があります。

ストレスを溜め込んでいるとお酒を飲むとストレスが爆発してしまい態度が豹変してしまうのです。

通常であればストレスを自分で抑えつけて我慢できている人でもお酒の影響で抑えつけられなくなりストレスを発散しようとしてしまいます。

いつもは穏やかなのにお酒を飲むと人が変わったように言動が変わるのもストレスをそれだけ溜め込んでいるからかもしれません。このようなタイプは日頃からストレスを発散できない人が多いと言えるでしょう。

酔っている時の記憶がない

酒癖が悪い人によく見られるのが酔っている時の自分の発言や行動に全く記憶がないことが挙げられます。

酒癖が悪い人は自分が酔っ払って周りに迷惑をかけたりしていることに自覚していないのもこれが影響しています。酒癖が悪い人のなかには何度か周りから注意や指摘をされた経験がある人も多いです。

それなのに酒癖が悪いのを治す気持ちがないのは自分では記憶にないので酒癖が悪いことに危機感を感じていないからでしょう。

注意や指摘をされても記憶にないので本人は大袈裟に言っているだけだと思ってしまいます。

シャイな性格

酒癖が悪い人のなかにはシャイな性格をしている人も多いと言えるでしょう。シャイな性格なので本当の自分を出すことが苦手です。

このようなタイプはお酒を飲むと本当の自分を出すことができます。本音や言いたい事が言えなかったりするとお酒を飲むと今までの言えないことを吐き出してしまう傾向があります。

通常であれば臆病で消極的なのにお酒を飲むとお酒の力を借りて自己アピールをしたりしてしまいます。

お酒に弱い

酒癖が悪い人のなかにはお酒に弱いといった人も多いと言えるでしょう。お酒が弱い人は簡単に酔っ払ってしまいます。

このようなタイプは基本的に自分がお酒が弱いことや飲めるだけのお酒の量を理解していません。

飲みすぎて歩けなくなったり吐いたりして周りに迷惑をかけてしまう人によく見られるケースと言えるでしょう。

自分で飲んでも周りに迷惑をかけたりしないお酒の量を把握していないとまだまだ飲めると思い飲んでしまいます。

寂しがり屋な性格

寂しがり屋な性格なのも酒癖が悪い人によく見られる特徴の1つと言えるでしょう。寂しがり屋な人は基本的に誰かに構ってほしいもの。

お酒を飲むと誰かに構ってほしい気持ちが強くなりうざい行動をしたりしてしまいます。

お酒を飲んでいない時は寂しい気持ちな構ってほしい気持ちを上手くコントロールできていてもお酒飲むとそれができなくなってしまうわけです。

お酒を飲むと多くの人が自分をコントロールできなくなりますよね。お酒が入ると気持ちを抑制したりコントロール出来なくなるので構って気持ちを爆発させてしまいます。

感情的になりやすい

酒癖が悪い人は基本的に自分の感情を上手くコントロールできない人が多いです。お酒が入ってなくても感情的になりやすい人はお酒が入ると余計に感情的になりやすくなります。

そもそも、お酒が入ると自分自身を抑制する能力が低くなりますよね。通常でも感情的になりやすい人がお酒を飲めば余計に感情的になりやすくなるのは必然的とも言えます。

いつもならイライラするくらいで済んでもお酒が入ると暴言や八つ当たりをしてくるようなタイプによく見られるケース。

普段から感情的になりやすい人はお酒を飲めばそれが更にエスカレートしてしまうのです。

酒癖が悪い人の付き合い方

ここまでは酒癖が悪い人の特徴を簡単に紹介していきました。それでは、酒癖が悪い人にはどう対応したらいいのでしょうか。

皆さんのなかには酒癖が悪いが側にいて困っている人も多いはず。酒癖が悪い人は周りに迷惑を与えてしまう面倒くさい存在です。

なので酒癖が悪い人がいると楽しく美味しいお酒も不味くなってしまいますよね。そんな酒癖が悪い人にはどう対応したらいいのか。ここからは酒癖が悪い人の付き合い方や接し方を簡単に紹介していきます。

一緒にお酒を飲まない

酒癖が悪い人とはお酒を一緒に飲まないようにすることで余計なトラブルに巻き込まれる機会も少なくなります。お酒は誰だって楽しく美味しく飲みたいですよね。

しかし、そこに酒癖が悪い人がいたらその場はつまらなくなり不味いお酒になってしまうでしょう。なので、わざわざ酒癖が悪い人とお酒を飲む必要はありません。

酒癖が悪い人とお酒を飲むと暴言を言われたり暴れたりするので精神的に疲れてしまいますよね。

酒癖が悪い人とお酒を飲むと迷惑をかけられることが多いので酒癖が悪い人とは一緒にお酒は飲まないようにしましょう。

酒癖が悪い姿を撮影して見せる

酒癖が悪い人は基本的に自分自身が酒癖が悪いことに自覚していません。言葉で注意や指摘をしても本人は記憶がないので実感しません。

このような酒癖が悪い人にはちゃんと酒癖が悪い姿を撮影して見せてあげることで自覚する場合があります。

特に親しい間柄で今後も一緒にお酒を飲みたいのであれば酒癖が悪いのを治すきっかけを作ってあげましょう。

酒癖が悪い人が酒癖が悪いのを治す気持ちになるには本人が自覚しなければいけません。なので、酒癖が悪い姿を撮影して本人に後日見せてみましょう。

自分自身がどんな行動や発言をしたか映像をみれば現実を理解し危機感を感じます。本人がこのままでは…と考えれば酒癖が悪いのを治す意識が生まれます。

飲ませすぎないようにコントロールしてあげる

酒癖が悪い人の対処法としては本人ではお酒の飲むペースや量をコントロールできないので貴方がコントロールしてあげましょう。

酒癖が悪い人はお酒が弱かったり自分の抑制ができなくなるお酒の量を把握していません。

友達や恋人が酒癖が悪いのであれば周りがお酒を飲むスピードや量をコントロールしてあげることで酒癖が悪いのが改善します。

本人が酒癖が悪くなる前に周りがお酒を飲ませすぎないようにすることは酒癖が悪い人の付き合い方で大事なこと。本人はまだ飲めると言っても周りが止めてあげましょう。

その場から離れる

酒癖が悪い人の付き合い方として酒癖が悪くなったらその場から離れて立ち去ることが1番効果的な方法です。

酒癖が悪い人とお酒を飲まなければいけなくなった時には最後まで呑み会に参加してしまうとトラブルに巻き込まれやすくなります。

なので、何かしら適当な理由を付けて途中で帰るようにしましょう。お酒を飲んでいて酒癖が悪い人が態度が変わってきたらその場から離れることで暴力や暴言をされなくなります。

酒癖が悪い人がいた場合はトラブルに巻き込まれる前に逃げることが1番効果的な対処法なのです。

この記事を書いた人

はじめましてサイト運営者のイガエモンです。バツ1再婚している40代です。会社で管理職まで出世したけど現在はフリーライター。人生山あり谷あり。

仕事や恋愛など今まで学んだりわかったことや知りたい事や興味がある事を皆さんにも伝えていきたいです。

恋愛から仕事までの経験を踏まえて皆さんの人生や生き方など何かと役立つ記事を書いていきたいと思います。

詳しいプロフィールはこちら

    

おすすめ記事