恋愛・夫婦

傷つけない告白の断り方とは。してはいけないNGな告白の断り方は?

異性から好意を抱かれて告白をされることは嬉しいことですよね。しかし、好意がない相手から告白されてしまうとどうやって上手く断ればいいのか困るときもあります。

特に今後の人間関係に悪影響をなるべく与えてたくない相手であればなるべく傷つけずに断りたいもの。

相手のことを傷つけずに穏便に告白を上手く断りたいけど…どうやって上手く断ればいいのか分からない人も多いはず…。好意のない人からの告白をどうやって穏便に上手く断ればいいのか。

この記事では、好意のない相手から告白された時の上手な告白の断り方からしてはいけないNGな断り方を紹介していきます。

相手を傷つけない告白の上手な断り方とは

異性から告白をされたけど好意や関心がない人からの告白はどうやって上手く断ればいいのか悩んでしまいますよね。

それが知人や友人など身近な存在であれば相手を必要以上に傷つけずに上手く断りたいもの。

それでは、どうしたら相手を必要以上に傷つけずに今後の人間関係に悪影響を与えずに断れはいいのでしょうか。ここでは、相手を傷つけずに上手く告白を断る秘訣や方法を紹介していきます。

感謝の言葉を入れてから断る

告白してきた相手を傷つけずに上手く断るにはまずは感謝の言葉を伝えてから断ることをおすすめします。感謝の気持ちを伝えることで相手にに告白をして迷惑や嫌がれていると思われないです。

告白を断れれてしまった時に相手に告白をしなければよかった…嫌がられていたのか…などの考えにしてしまうと非常にショックを感じてしまうでしょう。

このような感情にさせない為にも告白をされた時にはちゃんと告白に対しての感謝の気持ちを伝えてみましょう。

感謝の言葉を伝えることで自分の恋は成就しなかったけど自分の好意は受け入れてもらえたと感じます。

好きにってくれた事に対して感謝の気持ちを伝えることで今後の人間関係にも必要以上に悪影響を与えてないので試してください。

友人の関係でいたいと伝える

友達から告白された時に相手を必要以上に傷つけない断り方としては友達のままでいたいと伝えること。友達関係な人から告白された時の断り方としてはよく見られる断り方ではあります。

この断り方は相手に対して遠回しに人としてはいいけれど恋人にはなれないことを伝えることができます。

友人や身近な人から告白をされた時には今後の人間関係を考えると、このような断り方が上手い断り方と言えるでしょう。

あまりにも遠回しな断り方は相手に期待させてしまいますし、あまりにもストレートすぎると傷つけてしまいます。なので、今の関係でいたいことを伝えることで相手を必要以上に傷つけないで済みます。

今は恋愛はする気がないと伝える

相手を必要以上に傷つけない告白の断り方としては今は恋愛はする気がないと伝えることもおすすめ断り方です。

仕事やプライベートなど恋愛以外を楽しみたいと言ったり恋愛は今は忙しくてしている余裕がないと伝えると相手を傷つけない断り方になります。

このような断り方は告白した相手に告白したことを後悔させるような気持ちにさせない断り方と言えるでしょう

他に好きな人がいると伝える

他に好きな人がいる、恋人が今現在いるといった断り方も相手を必要以上に傷つけない断り方と言えます。

今現在、お付き合いしている人がいない人は恋人がいると嘘を付くのはしない方がいいです。

しかし、あまりプライベートのお付き合いがないような人であれば嘘を付くのもありかもしれません。このような好きなひとがいるからといった断り方は相手を諦めさせることができます。

このような断り方は相手を傷つけない断り方でもあり、今後しつこくアプローチされないのでおすすめな断り方です。

告白を断る時にしてはいけないNGな断り方とは

ここまでは告白した相手を必要以上に傷つけない上手い断り方を簡単に紹介しました。

告白の断り方のなかには相手を必要以上に傷つけたり今後の人間関係に悪影響を与える断り方もあります。せっかく好意を持った人には必要以上に傷つけたりしたくありませんよね。

傷つけない為にもどんな断り方をすると相手が傷つくのか知る事も大切です。ここからは告白された時にしてはいけないNGな断り方を紹介していきます。

冗談交じりに断ること

告白をしてくれたことに対して適当に断ったりいい加減な返事で断ることはしてはいけない断り方と言えます。

せっかく勇気を出して告白してきた相手に対して、このような冗談交じりに断るのは非常に失礼な断り方です。

このような断り方は相手からのイメージだけでなく今後の人間関係に対しても大きな悪影響を与えてしまいます。

真剣に告白をしてきた相手に対してはいい加減な対応をせずにしっかりと断るように気をつけましょう。

返答を意図的に保留して断ること

告白をされた時に断ると決めているのであればその場ですぐに断るのが基本的にマナーと言えます。

なので、本気で悩んだり迷っていないのにすぐに断らずに意図的に返答を保留して断るのは相手に対して非常に失礼と言えます。

特に1日くらい保留をするのではなく数日保留をして答を出すような断り方はしてはいけない断り方です。返答を保留することな告白してきた相手に期待をさせてしまう行為です。

すぐに断るのが苦手だから…面と向かって断わりにくいからあえて後から返答をして断るような断り方は相手を傷つけてしまうかもしれません。

基本的に告白に対して断るなら早めにしてあげることが大切です。

不必要な言葉を使って断る

してはいけないNGな告白の断り方として不必要な言葉を使って相手を傷つけて告白を断ること。

せっかく勇気を出して告白をしたのに酷い振られ方をすると相手の心に大きな傷を残してしまうでしょう。

相手の心に大きな傷を残すことは相手に大きなトラウマを残して相手の今後の人生に大きな悪影響を与えてしまうかもしれません。

なので、このような不必要な言葉をあえて使って余計な傷をつけるような告白の断り方は絶対してはいけない断り方です。

例えば…気持ち悪い、生理的に無理、最悪、など相手を全否定するような言葉を使って断ることはしないようにしてください。

曖昧な返答をする

告白を断る時にしてはいけないのが曖昧な返答をして告白を断ること。曖昧な断り方は相手が片思いを諦められなくなります。

告白を断る時にちゃんとハッキリとした言葉で断るのは優しい人は難しいですよね。しかし、曖昧な言葉を使って告白を断ると相手に変な期待をさせてしまう可能性があります。

今は付き合えないかな…、私よりもいい人がいると思うよ…などのような曖昧な返答はしないようにしましょう。

ハッキリとした返答をしないと相手は可能性はまだあると勘違いをしてしまうかもしれません。相手の為にも中途半端で曖昧な返答をして変な期待を持たせるようなことはしてはいけないわけです。

相手を傷つけない断り方をしよう

今回は、好意がない関心がない人から告白された時の傷つけない断り方からNGな断り方まで紹介させていただきした。

せっかく勇気を出して告白をしてきた人に対しては、なるべく傷つけないように上手く断るように心がけてください。

告白を断る時には相手の気持ちを考えながらなるべく傷つけたり勘違いや期待をさせないように上手く断るようにしましょう。

関連記事▽▽▽

男と女の恋愛観の違いとは。男女の恋愛観と違いを受け入れて関係を深めるコツ男性と女性の恋愛観にはどういった恋愛観の違いがあるのでしょうか。男女の恋愛心理の違い、男女の恋愛観の違いを紹介します。...
この記事を書いた人

はじめましてサイト運営者のイガエモンです。バツ1再婚している40代です。会社で管理職まで出世したけど現在はフリーライター。人生山あり谷あり。

仕事や恋愛など今まで学んだりわかったことや知りたい事や興味がある事を皆さんにも伝えていきたいです。

恋愛から仕事までの経験を踏まえて皆さんの人生や生き方など何かと役立つ記事を書いていきたいと思います。

詳しいプロフィールはこちら

    

おすすめ記事